あべ美佳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
阿部美佳から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

阿部 美佳(あべ みか)は、日本脚本家山形県尾花沢市出身。

人物・来歴[編集]

2013年よりペンネームを、あべ美佳に統一。山形県立新庄北高等学校を卒業後上京。文教大学卒業。郷土の方言に愛着を持っており、NHK山形放送局のローカルバラエティー番組『今夜はなまらナイト』を生み出すきっかけを作った。

2000年の夏、会社勤めの傍ら、シナリオ教室に通いだす。

2002年、初めて書いた1時間もののシナリオが、日本テレビシナリオ登龍門で優秀賞を受賞。杉浦直樹、神木隆之介主演でドラマ化される。

2004年、ふるさと山形の外国人妻問題を題材にした「曲がれない川」という作品で、NHK創作テレビドラマ脚本懸賞最優秀賞受賞。2006年にNHKが甲本雅裕とブイ・ティ・フェン主演でオール山形ロケ撮影により制作し、「かあちゃんが来た」というタイトルへ改題される形でドラマオンエアされる。山形の視聴率は26%。全国視聴率は、10.6%。NHKでの最優秀賞受賞を機に、会社勤めを辞め、今に至る。

作品[編集]

脚本[編集]

  • 沈まない骨(2002年、日本テレビ)
  • 優しさ便り『母さんの宝物』(2002年、日本テレビ)
  • かあちゃんが来た(2006年、NHK)
  • 高島忠夫 うつへの復讐 〜絶望からの復活〜(2007年、日本テレビ)
  • 『陽炎の辻』シリーズ(2007年〜、NHK)
  • ゲームシナリオ『99のなみだ』(2008年発売)
  • FMシアター『父さんの花笠』(2008年8月23日放送、NHK)
  • NHK仙台放送局開局80周年記念ドラマ『お米のなみだ』(2008年9月19日放送、NHK) - 国際ドラマフェスティバル2009東京ドラマアウォードローカル・ドラマ賞受賞
  • 『陽炎の辻3』ワンセグスピンオフドラマ『プチかげ』(2009年4月〜、全14話、NHK)
  • 青い文学シリーズ 夏目漱石『こころ』(2009年10月〜、日本テレビ)
  • 青春アドベンチャー『神南の母(ママ)の備忘録(メモワール)』(2010年12月放送、NHK)
  • FMシアター『温もりの値段』(2012年4月20日放送、NHK)
  • 舞台 手塚治虫ドラマシアター『バイパスの夜』『角』(2012年8月)
  • 青春アドベンチャー『やけっぱちのマリア』(2012年12月放送、NHK)
  • NHKアニメワールド 団地ともお(2013年4月〜、NHK)
  • NHK山形なまらナイトNEOラジオドラマ『cafeあがすけ』(2013年4月〜、月1回放送)
  • FMシアター『命のバトン』(2015年7月25日放送、NHK)
  • ゲームシナリオ『わくわく農園』(2015年4月~)
  • 映画『いしゃ先生』(2015年11月7日 山形県先行上映 2016年1月9日 全国上映 有楽町ヒューマントラストシネマ他)
  • 映画『キッチン』(2016年 短編)*脚本&監督
  • NHK FMシアター『きっと そらへ行く』(2016年12月10日放送)
  • アニメ『鬼平』(2017年1月 - 3月、テレビ東京)
  • NHK FMシアター『空振りホームラン』(2017年12月9日放送)
  • アニメ『ピアノの森』(2018年4月 - 、NHK)
  • FMシアター『響け、100年目の第九』(2018年12月22日放送)
  • アニメ『ピアノの森 シーズン2』シリーズ構成&脚本(2019年1月~、NHK)

小説・出版[編集]

  • 『あなたを抱きしめてもいいですか』(2008年7月連載終了)
  • 雪まんま(日本農業新聞、連載小説2010年7月〜2011年3月)
  • 元栃桜・高橋光弥のどっこい人生(2010年12月25日発売)編集協力
  • 『雪まんま』(NHK出版、2012年4月28日発売)
  • 『あべ美佳の読書日記』(日本農業新聞、書評連載 2011年〜)
  • 『女医・志田周子 町おこし映画顛末記』(山形新聞エッセイ連載 2013年〜)
  • 『いしゃ先生』(全国保険医団体連合会、小説連載 2013年〜)
  • 『いしゃ先生』(PHP文芸文庫2015年9月発売)
  • 『晴雨計』(新潟日報 エッセイ 2016年9月~
  • 『あしたを乗せて』(婦人之友社 2016年9月号~)
  • 『ICHI-JINN いちじん』(2016年11月~)
  • 『しあわせの黄色いバス 東京バスガール物語』(PHP文芸文庫2018年1月11日発売)

出演[編集]

外部リンク[編集]