片山萌美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かたやま もえみ
片山 萌美
プロフィール
生年月日 1990年10月1日
現年齢 26歳
出身地 日本の旗 日本 東京都
血液型 AB型[1]
公称サイズ(2014年[1]時点)
身長 / 体重 170 cm / kg
スリーサイズ 91 - 59 - 87 cm
カップサイズ G
靴のサイズ 24.5 cm
活動
デビュー 2012年
ジャンル グラビア
モデル内容 水着
他の活動 女優タレント
事務所 ウイントアーツ
モデル: テンプレート - カテゴリ

片山 萌美(かたやま もえみ、1990年10月1日[2] - )は、日本グラビアアイドル女優タレント東京都出身[3]ウイントアーツ所属[1]麗澤大学 経済学部 経済学科卒業。

人物・来歴[編集]

俳優の両親を持ち、19歳の頃、タレント養成所のオーディションを受ける[4]。大学在学中の2012年には、第44回ミス日本コンテストに出場し[5]、ミス日本「ネイチャー」を受賞した[6]。その後、舞台を中心に活動する[7]

2015年5月に週刊ヤングジャンプ主催の「ゲンセキ10」にノミネートした[8]

2016年7月2日にはQVCマリンフィールドで「スポニチスペシャルデー」として行われたロッテオリックス戦で、自身初の始球式に登板した[9]

同年11月、舞台『悲しき天使』で舞台初主演を果たす[10]

B'zの大ファンである。2016年1月発売の週刊プレイボーイ付録のカレンダーにて「ACTION」収録の「オレとオマエの新しい季節」のような歌詞が好きなタイプの曲だと告げている。

2017年1月発売の写真集と、それにあわせて開催された写真展でヘアヌードを披露。「『脱ぐと何かが変わるよ』っていろんな人に言われてたんですけど何も変わらなかったです」と感想を述べている[11]

作品[編集]

DVD[編集]

  • わたし巡り(2016年4月22日、竹書房) ※Blu-ray Disc同時発売。

写真集[編集]

  • 人魚(2016年9月14日、集英社
  • Rashin ≪裸芯≫ MOEMI KATAYAMA(2017年1月5日、講談社)撮影・アンディ・チャオ

写真展[編集]

  • 『2017NUDEコラボエナジー』(2017年1月2日 - 9日、渋谷ヒカリエ)撮影・アンディ・チャオ

出演[編集]

雑誌[編集]

舞台[編集]

  • 劇団空感エンジンプロデュース「TOKYO ZOOM II」(2011年6月30日-7月4日、エアースタジオ)
  • 劇団空感エンジンプロデュース「7丁目16番地 ゆめ屋〜3回まわってワンの巻〜」(2011年11月2日-7日、てあとるらぽう)
  • はらぺこペンギン! 第19回公演「朝日一家の挑戦状」(2013年1月31日-2月3日、吉祥寺シアター)
  • トウキョウ演劇倶楽部プロデュース公演Vol.6「Summer's Rain(仮)『だって好きだから!』」(2014年6月25日-30日、戸野廣浩司記念劇場) - ジョアンナ 役
  • トウキョウ演劇倶楽部プロデュース公演Vol.7「ブラックジャックによろしく〜がん患者編〜」(2014年9月3日-8日、六行会ホール) - 児玉典子 役
  • 創造集団生活向上委員会 第32回公演「オルガンズ〜おんな赤ひげ奮闘記〜」(2015年5月20日-24日、銀座博品館劇場) - 芹沢綾 役
  • FPadvance produce「バンクバンバンレッスンスン」(2015年9月2日-6日、千本桜ホール)
  • 月を越えて〜オーバー・ザ・タブー〜(2015年12月21日-25日、神保町花月)
  • 神田時来組本公演「大改訂版!!そして龍馬は殺された〜幕末モンだけどアルゼンチンタンゴから歌謡曲までなんでも使ってもいいよね〜」(2016年4月27日-5月1日、俳優座劇場) - 八重 役
  • 横浜グラフティー(2016年7月26日-31日、俳優座劇場・8月6日-7日、県民共済みらいホール) - ジュリー【立花朱里】 役
  • “STRAYDOG”Produce公演「悲しき天使」(2016年11月10日-13日、吉祥寺シアター・11月26日-27日、HEP HALL) - 主演・一美 役[10]
  • Romancing SaGa THE STAGE〜ロアーヌが燃える日〜(2017年4月15日-23日、サンシャイン劇場・4月28日-30日、サンケイホールブリーゼ・5月3日-4日、愛知県芸術劇場大ホール・5月6日-7日、久留米シティプラザザ・グランドホール) - ビューネイ 役

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

  • 恋するカミングアウト(2014年、フジテレビ
  • 原宿ブックカフェ(2014年、BSフジ
  • 爆問!最強ドッキリ祭(2014年、TBS
  • オールスター感謝祭'14春(2014年、TBS)アシスタント
  • CUTTING EDGE~IT最前線~(2016年、BS-TBS
  • この秋どうしても入りたい ニッポンの秘湯ベスト10(2016年、テレビ東京
  • 深夜喫茶スジガネーゼ(2017年1月22日・29日・2月5日、フジテレビ
  • 二軒目どうする?~ツマミのハナシ~(2017年8月26日、テレビ東京

映画[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

  • 福井銀行(2014年)
  • 6waves 「スマホアプリ『三国天武〜本格戦略バトル〜』」(2016年)[18]

WEB[編集]

  • 受験サプリ(2015年3月-、リクルート
  • スポーツナビDo「片山萌美のホノルルハーフ挑戦記」(2015年3月-、Yahoo! JAPAN
  • 北風と太陽 THE MOVIE-the North Wind and the Sun-【KIRINのどごし〈生〉】 (2016年5月-、KIRIN

WEB番組[編集]

  • 真相解明!調査報道バラエティ 勝手に出口調査(2017年1月8日・15日-、AbemaTV
  • 違うdeSHOW!(2017年2月26日-、AbemaTV

WEBドラマ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 片山 萌美”. ウイントアーツ. 2015年1月15日閲覧。
  2. ^ 話題の蠱惑的グラビアで男どもを虜にする片山萌美がヴェールを脱いだ!「小6の時から胸は…」 (3/3)”. 週刊プレイボーイ (2014年12月26日). 2015年1月15日閲覧。
  3. ^ ミス日本に聞く「美と健康の秘訣」とは?(5/5)”. 日経ウーマンオンライン (2012年3月16日). 2015年1月15日閲覧。
  4. ^ 話題の蠱惑的グラビアで男どもを虜にする片山萌美がヴェールを脱いだ!「小6の時から胸は…」 (2/3)”. 週刊プレイボーイ (2014年12月26日). 2015年1月15日閲覧。
  5. ^ 【ミス日本候補者】片山萌美さん 自慢の特徴的な声を響かせる”. スポーツニッポン (2012年1月23日). 2015年1月15日閲覧。
  6. ^ 「ネイチャー」片山萌美さんはGカップ「触っていい?って…」”. スポーツニッポン (2012年1月24日). 2015年1月15日閲覧。
  7. ^ 話題の蠱惑的グラビアで男どもを虜にする片山萌美がヴェールを脱いだ!「小6の時から胸は…」 (1/3)”. 週刊プレイボーイ (2014年12月26日). 2015年1月15日閲覧。
  8. ^ a b ゲンセキ10 週刊ヤングジャンプ 2016年12月2日閲覧
  9. ^ 片山萌美、観客の視線くぎ付け - スポニチ、2016年7月3日
  10. ^ a b “大阪の遊郭描く、片山萌美初主演作「悲しき天使」に河合龍之介ら”. ステージナタリー. (2016年9月16日). http://natalie.mu/stage/news/201720 2016年9月16日閲覧。 
  11. ^ “大反響グラビアの片山萌美が衝撃の写真集の裏側を語る「脱ぐと何かが変わるよって言われたけど…」”. 週プレNEWS. (2017年1月14日). http://wpb.shueisha.co.jp/2017/01/14/78383/2/ 2017年1月16日閲覧。 
  12. ^ “元AKB48倉持明日香「キャバ嬢はじめました」筧美和子、石川梨華らが華を添える”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年5月27日). http://mdpr.jp/news/detail/1587566 2016年5月27日閲覧。 
  13. ^ ““新グラビア女王”片山萌美、瑛太主演ドラマ『ハロー張りネズミ』出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年5月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2090126/full/ 2017年5月2日閲覧。 
  14. ^ “森川彩香と片山萌美の大胆セクシー画像も 「教科書にないッ!」チラシ&ポスター完成”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2016年5月20日). http://eiga.com/news/20160520/7/ 2017年5月3日閲覧。 
  15. ^ “セクシーCMで注目度を上げた片山萌美、グラビア人気の上昇で女優業にも期待”. メンズサイゾー (株式会社サイゾー). (2016年3月6日). http://www.menscyzo.com/2016/03/post_11574.html 2017年5月3日閲覧。 
  16. ^ “片山萌美&「仮面女子」立花あんなが“女狩り”の餌食に!ホラー漫画「屍囚獄」2部作で映画化”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年5月3日). http://eiga.com/news/20170503/1/ 2017年5月3日閲覧。 
  17. ^ “絶望する松井玲奈にセラピスト・新川優愛が急接近 W主演映画『めがみさま』”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2017年3月4日). http://www.cinra.net/news/20170304-megamisama 2017年5月3日閲覧。 
  18. ^ 『三国天武~本格戦略バトル~』 人気上昇中セクシ―女優を起用したテレビCMを放送開始! 話題の長身セクシー女優、片山萌美さんが美麗武将に”. CM JAPAN (2016年1月27日). 2016年1月29日閲覧。

外部リンク[編集]