きらきら眼鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きらきら眼鏡
著者 森沢明夫
発行日 2015年11月20日
発行元 双葉社
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
コード ISBN 978-4-575-23927-0
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

きらきら眼鏡』(きらきらめがね)は、森沢明夫の小説、およびそれを原作として2018年9月に公開された日本映画

あらすじ[編集]

映画[編集]

きらきら眼鏡
監督 犬童一利
脚本 守口悠介
原作 森沢明夫「きらきら眼鏡」
製作 相羽浩行
製作総指揮 前田紘孝
出演者 金井浩人
池脇千鶴
安藤政信
古畑星夏
杉野遥亮
片山萌美
志田彩良
鈴木卓爾
大津尋葵
成嶋瞳子
菅野莉央
大西礼芳
長内映里香
山本浩司
モロ師岡
音楽 神村紗希
主題歌 柏木広樹 feat.葉加瀬太郎&西村由紀江
「Reminiscence〜回想〜」
撮影 根岸憲一
編集 佐々木弥生
制作会社 Chaos Entertainment
「きらきら眼鏡」制作実行委員会
製作会社 「きらきら眼鏡」製作委員会
配給 S・D・P
公開 千葉県の旗2018年9月7日千葉県先行公開)
日本の旗2018年9月15日
上映時間 121分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

犬童一利監督。千葉県船橋市を舞台にして撮影が行われた[1]。第21回上海国際映画祭正式出品作品[2]。2018年9月7日にTOHOシネマズららぽーと船橋にて公開[1]。2018年9月15日から有楽町スバル座ほか全国で順次公開[3]

映画あらすじ[編集]

駅員として働く青年、立花明海は恋人の死から立ち直れずにいた。ある日ふと立ち寄った古本屋で、明海が手にとった本には、『自分の人生を愛せないと嘆くなら、愛せるように自分が生きるしかない。』と書かれていた。そこには「大滝あかね」という女性の名刺が挟まれており、これをきっかけに2人は出会う。日常の小さなことにも幸せを見出す 『きらきら眼鏡』を持つ、あかねの人間像に明海は徐々に惹かれていく。しかし、あかねには、余命わずかの恋人がおり、彼女も恋人の死に向きあっているのだった…。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:犬童一利
  • 原作:森沢明夫『きらきら眼鏡』(双葉文庫
  • 脚本:守口悠介
  • 音楽:神村紗希
  • エンディング曲:柏木広樹 feat.葉加瀬太郎&西村由紀江「Reminiscence〜回想〜」
  • エグゼクティブプロデューサー:前田紘孝
  • プロデューサー:相羽浩行
  • アシスタントプロデューサー:杉浦美奈子
  • キャスティング:前信介
  • 撮影:根岸憲一
  • 照明:左納康弘
  • 録音:根本飛鳥
  • 美術:吉川都和
  • 助監督:加藤毅
  • 制作担当:尾形龍一
  • スタイリスト:阪上秀平
  • ヘアメイク:徳田芳昌
  • スチール:北島元朗
  • 編集:佐々木弥生
  • 音響効果:勝亦さくら
  • 協力:船橋市、船橋ロケーションガイド「ふなばし撮おりゃんせ」、勝浦市、勝浦ロケーションサービス、千葉県、千葉県フィルムコミッション
  • 配給:S・D・P
  • 宣伝:アゲハテイル、エレクトロ89
  • 制作プロダクション:Chaos Entertainment、「きらきら眼鏡」制作実行委員会
  • 製作:「きらきら眼鏡」製作委員会

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]