山田由梨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山田 由梨(やまだ ゆり、1992年1月1日 - )は、日本の女優劇作家演出家。劇団『贅沢貧乏』主宰。アプレ所属。

東京都出身。血液型A型子役としてデビュー。学業専念のためいったん芸能界を引退するが、15歳で女優活動を再開[1]立教大学現代心理学部映像身体学科卒業[2]2018年、『フィクション・シティー』で第62回岸田國士戯曲賞候補[2]

作品[編集]

  • スーパーミラー(2012年、立教大学内)作・演出・出演
  • ルート・リンク(2012年、池袋GEKIBA)作・演出・出演
  • マチト・トリップ(2013年、pit北/区域)作・演出・出演
  • アンダー・ザマク(2013年、王子小劇場)作・演出・出演
  • タイセキ(2014年、都内一軒家)作・演出
  • 東京の下(2014年、都内一軒家)作・演出・出演
  • ヘイセイ・アパートメント(2015年、都内一軒家)作・演出・出演
  • みんなよるがこわい(2015年、都内ビルの一室)作・演出・出演
  • ハワイユー(2016年、都内アパート)作・演出
  • みやけのFUSUMA(2016年、都内アパート)作・演出

出演[編集]

舞台[編集]

映画[編集]

  • みちていく(2014年)
  • あなた運転うまいね?(2015年)

テレビ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

MV[編集]

  • アザヤイタ「azayaita」(2014年)

その他[編集]

文筆[編集]

  • 「ショートストーリー「わたしと装い」」 - 『装苑』2016年11月号(文化出版局)掲載
  • 「贅沢貧乏『テンテン』」 - 『シアターガイド』2017年1月号(モーニング・デスク)掲載
  • 「『みんな我が子』考──一語に集約される無数の悲劇」 - 『悲劇喜劇』2017年7月号(早川書房) 掲載
  • 「私は、この人の生き方が好きです。」 - 『& Premium』2018年10月号(マガジンハウス)掲載
  • 「やさしく混ざりゆく世界で」 - 『文學界』2019年8月号(文藝春秋)掲載

受賞[編集]

  • 第15回 TAMA NEW WAVEコンペティション ベスト女優賞 (『みちていく』)

イラスト[編集]

  • 個展『ムーボン・ムーボン』 @渋谷ARTON(2013年)
  • メンズブランドJAG BEACH S/S Tシャツデザイン(2013年)
  • 個展“Baraque de
  • ”@中目黒VASE(2014年)
  • 個展「やまだゆりの絵本展」 @中目黒VASE(2014年)

脚注[編集]

  1. ^ Pen Creator's file
  2. ^ a b 第62回岸田國士戯曲賞最終候補作品決定”. 白水社. 2019年4月29日閲覧。

関連項目・外部リンク[編集]