丸尾聡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Conferencia sobre la lluvia, Juan Villoro - 28167556625.jpg

丸尾 聡(まるお さとし、1964年昭和39年〉1月23日 - )は、日本劇作家演出家シナリオライター俳優

略歴・人物[編集]

長野県長野市生まれ。血液型B型。長野吉田高校を経て[1]玉川大学文学部芸術学科演劇専攻卒業。東京都狛江市在住。

世の中と演劇するオフィスプロジェクトMの活動を一時停止、現在は演劇ネットワーク@丸尾代表。日本劇作家協会運営委員。日本演出者協会会員。川崎演劇協会幹事。非戦を選ぶ演劇人の会実行委員。コロナ禍においては、劇作家協会コロナ対策室室長、演劇緊急支援プロジェクト事務局として、文化芸術・演劇支援のために奔走。別役実追悼の信濃毎日新聞寄稿文が「ベストエッセイ2021」(日本文藝家協会編)に選ばれる。2022年2月より、オフィスプロジェクトMとして新たに活動を開始。「明日のハナコ」東京神奈川初の公演を実施。

主な戯曲・脚本[編集]

  • 『終着駅の向こうには…』(カモミール社)
  • 『INAMURA走れ』 - 1995年平成7年)日本劇作家協会新人戯曲賞最終選考
  • 『飯綱おろし』(テアトロ掲載)
  • 『海峡を越えた女』
  • 『ファイル残置物処理班』
  • 『離宮のタルト』(テアトロ掲載)
  • 『逃げろツチノコ 山本素石伝』
  • 『地蔵通り メルヘン商店街』(かわさき演劇まつり他)
  • 『三年寝太郎物語』(劇団ポプラ 全国公演)
  • 『立入禁止区域のラーメン屋』
  • 『kaigi』
  • 『死刑執行人 〜山田浅右衛門とサンソン〜』(テアトロ掲載)
  • 『ケーフェィ』
  • 『注文の多い【どんぐりと山猫】と料理店 ~宮沢賢治の不思議な童話宇宙』(かわさき演劇まつり)
  • 『新しい未来へ「宮沢賢治の世界」~星の彼方 大地の果てに~』(原作:宮沢賢治、構成・脚本:丸尾聡 水先案内人:高橋恵子)
  • 『水はみどろの宮』(原作:石牟礼道子 構成:丸尾聡)

オーディオドラマ(脚本・出演)[編集]

主な出演舞台[編集]

  • 『沈黙の街角』(大三帝国)
  • 『冒険王』(岡部企画)
  • 『真田風雲録』(岡部企画)真田幸村役
  • 『がんばろう』(岡部企画)
  • 『バードマン』(燐光群)
  • 『クレイジーフルーツ』(東京ギンガ堂)
  • 『人情食道さくら』(桃唄309)
  • 『キャバレー』(プロジェクトM)
  • 『居酒屋物語〜ヨシダさんがイッタ』(プロジェクトM)
  • 『パパは死刑囚』(劇団チャリT企画)
  • 『それは秘密です。』(劇団チャリT企画)
  • 『女の一生』森本薫の初稿版完全上演 (ドナルカパッカーン )
  • 『野獣降臨』(ドナルカパッカーン )
  • 『へたくそな字たち』(TOKYOハンバーグ)
  • 『プラヌラ』(演劇プロデュースユニットMoratorium Pants)
  • 『しゃぼん玉の欠片を眺めて』(TOKYOハンバーグ)
  • 『山姥の息子』(水中散歩)

脚注[編集]

外部リンク[編集]