妹尾和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
せのお かずお
妹尾 和夫
生年月日 (1951-11-17) 1951年11月17日(67歳)
出生地 大阪市大正区
国籍 日本の旗 日本
血液型 A
職業 演出家舞台作家
タレント
ジャンル 舞台、放送タレント
活動期間 1978年頃 - 現在
主な作品
ラジオ
全力投球!!妹尾和夫です
テレビドラマ
必殺シリーズ

妹尾 和夫(せのお かずお、1951年11月17日 - )は、日本関西地方を拠点に活動をしているラジオパーソナリティタレント劇団パロディフライ座長。同劇団を運営する芸能事務所、パロディフライ・プロダクション取締役。大阪市大正区鶴町3丁目出身。A型一人っ子。身長175cm[1]。靴のサイズ26.5cm。阪神ファン。ラッキーカラーはピンク。自称「放蕩息子」。喫煙者20歳から)。趣味はパチンコウクレレ。大阪市在住。

来歴・人物[編集]

大阪市大正区で、パン屋の一人息子として生まれる[2]

「一人っ子だから自立心を付けさせたいという両親の親心(本人談)」で天理中学校天理高等学校に入学し、6年間の寮生活を送る[3][4]。高校では軟式テニス部に入るが、あまりにも練習が厳しいのと先輩から偉そうな理不尽な怒られ方をするので、夏の合宿で「やめたらあ」と言って半年程でやめたという。学生時代はラグビー活動をしていた(但し、同好会)。また、剣道も一級の腕前である。いずれも、場を盛り上げられるとのことで主将を務めていた。

1970年4月、日本大学文理学部哲学科に入学。6年行った。在学中には学生劇団に所属していた。中学生時代に出会った教師の影響を受け、大学入学当初は教師を志望していた[4]。しかし大学在学中に木村光一蜷川幸雄演出の芝居を見たことをきっかけに、本格的に役者を志す[4][5]過激派デモに参加し、「安保粉砕、沖縄返せ!」とシュプレヒコールを上げ、前から3列目で機動隊(「国家権力の手先」と呼んでいた)と戦った。1年から4年までは夏休みに帰って来て、高校野球開催中の甲子園かち割りを売っていた。東京では専ら神田のキャバレー「ハリウッド」でアルバイトをしていた(主に厨房)。在学中、23歳で西野バレエ団にいたダンサーと結婚、新阪急ホテルで披露宴。新婚旅行は、ハワイロサンゼルスディズニーランドなど)に行った。ロス2日目の夜には、ダウンタウンサンセット77通りあたりで一緒にストリップを楽しんだ。25歳で離婚し、北海道の親戚の牧場で6ヵ月過ごし、敗北感を感じつつ大阪に戻った。家業のパン屋(後に廃業)を手伝いながら、26歳で、MC企画に所属(16年)、役者を中心にタレント活動、結婚式の司会を開始。20代で、ラジオでレギュラーを持った。

28歳の時、友人とコントグループ「パロディフライ」を結成[6]。 青山にあった東京事務所で、スネークマンショーを聴いていて「これくらいのこと俺たちにもできる」と思いコントを始めた。 1983年日本テレビお笑いスター誕生!!』に、メガネとペコと共に挑戦[7]。5週勝ち抜いて、銀賞を受賞した。

1985年牧野エミ升毅立原啓裕による演劇ユニット「売名行為」を発足させる。 1992年、劇団パロディフライを旗揚げ。自分ではCEOと称している。最高経営責任者と言う本来の意味より「ちょっとエロいおっさん」をもじった洒落で使うことが多い。

1995年阪神・淡路大震災では、毎日放送から依頼を受け、地震発生の翌日からリポーターとして被災地を取材。毎日放送のテレビ宵待5』でリポートを入れていた[8]。翌1996年には、防災問題を取り上げた毎日放送のラジオネットワーク1・17』のパーソナリティに抜擢され[9]2008年まで12年にわたって務めた。

2003年9月29日から2009年7月3日まで、朝日放送ラジオ全力投球!!妹尾和夫です』のメインパーソナリティを務めていた。好きなプロ野球チームは阪神タイガースであり、ラジオ番組内で阪神の話題を積極的に取り上げていた。また、サッカー相撲など、他のスポーツの話題も積極的に取り上げていた。

2009年4月6日から始まった関西テレビアップ&UP!』で同年7月13日に番組のリニューアルがあり、その中の月曜コーナー「ニュースでヒートUP!」で"ニュースしゃべり隊"の1人として不定期出演するが、3ヵ月後の10月13日に番組が再度リニューアル(『あっぷ&UP!』に改題)した為コーナー終了。

2010年3月4日から朝日放送テレビせのぶら!』のパーソナリティを担当。同年3月には毎週木曜日に「パイロット版」で放送し、同年4月より月〜木曜日の午前中(10:53-11:20)にレギュラー放送されている。

また、2010年4月より、朝日放送ラジオ『とことん全力投球!!妹尾和夫です』・KBS京都ラジオ妹尾和夫のパラダイスKyoto』を担当している。

19歳で俳優座の試験に落ち、その後、ハイヤングKYOTOのオーディションも落ちる。

挨拶に厳しく、挨拶しなかった人間は全員覚えている。

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

バラエティ・情報番組[編集]

テレビドラマ[編集]

CM[編集]

  • 法律事務所ホームワン(朝日放送ラジオ・関西ローカル限定スポットCM

CD[編集]

  • 「人生晴れたり曇ったり」(アコースティックデュオsmileとのコラボレーションCD、2008年11月12日発売)

駅放送[編集]

殆どのローカル駅の固定音声放送と、南大阪線系統の主要駅(大阪阿部野橋駅藤井寺駅を除く)の詳細放送を担当。
※以前は名古屋線系統をはじめとした東海地区(厳密には名古屋営業統括部に属する大阪線榊原温泉口駅より東)の主要駅の詳細放送も担当していたが、2010年度に予定されている同線区の列車運行管理システム導入に付随してか、2007年から2010年にかけて別の担当者の声のものに順次更新され、殆ど姿を消している。
青山町駅以西の主要駅(南大阪線系統とけいはんな線を除く)の男声担当は基本的に津田英治(大阪阿部野橋駅・藤井寺駅も担当)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 妹尾和夫”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月4日閲覧。
  2. ^ 俳優生活40年・妹尾和夫「大阪で眠ってた役者魂が復活」- THEPAGE大阪(2017年12月10日
  3. ^ <俳優生活40年>妹尾和夫「高校の演劇大会での惨敗が礎に」」- THEPAGE大阪(2017年11月5日
  4. ^ a b c 「人生晴れたり曇ったり 全力投球妹尾和夫ですの本 通称カズぼん。」(朝日放送ラジオ編、2006年、ISBN 4-87892-332-6
  5. ^ 妹尾和夫 蜷川幸雄さん悼む「あれだけ役者の気持ちわかる演出家いない」」- THEPAGE大阪(2016年5月13日
  6. ^ 俳優生活40年・妹尾和夫「後輩との再会・思いつきでコント開始」」に挑戦- THEPAGE大阪(2018年1月20日
  7. ^ 俳優生活40年・妹尾和夫「お笑いスター誕生!!」に挑戦- THEPAGE大阪(2017年12月23日
  8. ^ “阪神・淡路大震災を伝えた俳優、妹尾和夫さん。19年の思い (1/2)”. THE PAGE. (2014年1月16日). http://thepage.jp/detail/20140116-00000003-wordleaf?page=1 2014年6月29日閲覧。 
  9. ^ “阪神・淡路大震災を伝えた俳優、妹尾和夫さん。19年の思い (2/2)”. THE PAGE. (2014年1月16日). http://thepage.jp/detail/20140116-00000003-wordleaf?page=2 2014年6月29日閲覧。 
  10. ^ 俳優生活40年・妹尾和夫「升毅、國村隼と芝居を語り合った日々」」- THEPAGE大阪(2017年12月31日
  11. ^ 俳優生活40年・妹尾和夫「升毅、國村隼と芝居を語り合った日々」」- THEPAGE大阪(2017年12月31日

外部リンク[編集]