原田ひ香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
原田 ひ香
ペンネーム 原田 ひ香
誕生 1970年(52 - 53歳)
日本の旗 日本神奈川県
職業 小説家脚本家
言語 日本語
教育 学士文学
最終学歴 大妻女子大学文学部日本文学科卒業
代表作三千円の使いかた
主な受賞歴 第31回すばる文学賞
BKラジオドラマ脚本賞
デビュー作 『はじまらないティータイム』
テンプレートを表示

原田 ひ香(はらだ ひか、1970年[1] - )は、日本の小説家脚本家神奈川県生まれ[1]東京都杉並区在住。

経歴[編集]

1994年、大妻女子大学文学部日本文学科卒業[2]。大学では中古文学を専攻し、『更級日記』で卒業論文を書いた[1]。卒業後は秘書として働き[1]、29歳で結婚[1]。夫の転勤に伴って北海道帯広市に転居し、シナリオを独学で学ぶ[1]フジテレビヤングシナリオ大賞に応募し最終選考に残り、3年後に東京に戻った時期と前後してフジテレビから連絡が来て、企画の仕事依頼が来るようになる[1]

2005年、『リトルプリンセス2号』で第34回NHK創作ラジオドラマ脚本懸賞公募(現・創作ラジオドラマ大賞)の最優秀作受賞[1][2]。しばらくプロットライターとして活動した後[1]2007年『はじまらないティータイム』で第31回すばる文学賞受賞[1][2]

2010年、『30年目のブルーテープ』でBKラジオドラマ脚本賞に入選。

作品リスト[編集]

単著[編集]

単行本未収録作品[編集]

  • ナチュラルママ!(「すばる」2008年4月号)
  • AS AS AS(「すばる」2008年12月)
  • 失踪クラブ(「すばる」2009年5月)
  • 台詞(「群像」2009年5月)
  • 権力の娘(「すばる」2010年12月)
  • 来星(「すばる」2012年6月)
  • こなこな(「文學界」2012年12月)
  • シュガーベイブ、シュガーダディ(「すばる」2013年5月)
  • 恥ずかしい子供(「すばる」2015年1月)
  • 財布は踊る(「小説新潮」2020年9月号 - (連載中))

アンソロジー収録作品[編集]

  • 立春(「君と過ごす季節」2012年12月、ポプラ社文庫
  • クラシックカー(「12星座小説集」2013年5月、講談社文庫
  • 君が忘れたとしても(「十年交差点」2016年8月、新潮文庫

シナリオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 作家の読書道 第191回:原田ひ香さん|作家の読書道|WEB本の雑誌”. WEB本の雑誌. 2021年12月11日閲覧。
  2. ^ a b c 原田ひ香 | 大妻女子大学文学部”. www.lit.otsuma.ac.jp. 大妻女子大学文学部. 2021年12月11日閲覧。

外部リンク[編集]