川口寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川口 寿(かわぐち ひさし、1898年明治31年)10月 - 1984年昭和59年)6月28日[1])は、日本の政治家

経歴[編集]

富山県出身[2][3]1923年(大正12年)、明治大学卒業[1]。大東文化協会常任幹事[1]、東京市議、同参事会員、東京府議[1]、明治大学評議員[1]、日本共栄社長[1]、外務省嘱託[2]などを歴任し、1942年(昭和17年)に行われた第21回衆議院議員総選挙(いわゆる「翼賛選挙」)において、東京2区から大政翼賛会の推薦を受け、立候補し、衆議院議員に当選した(所属は翼賛政治会→大日本政治会日本進歩党)。戦後、大政翼賛会の推薦議員のため公職追放となった[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』190頁。
  2. ^ a b 議会新聞社編 『翼賛議員銘鑑』、1943年438頁。NDLJP:1439721 
  3. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』190頁では「東京都出身」と書かれてある。
  4. ^ 『朝日新聞』1946年2月10日一面。

参考文献[編集]

  • 『翼賛議員銘鑑』議会新聞社、1943年。
  • 『議会制度百年史: 衆議院議員名鑑』 衆議院、1990年