清水紘治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「清水綋治」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
しみず こうじ
清水 綋治
生年月日 (1944-02-11) 1944年2月11日(73歳)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市左京区
身長 176 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 1966年 -
配偶者 大谷直子1979年 - 1994年
著名な家族 華子(娘)
事務所 活動屋
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
風と雲と虹と
超新星フラッシュマン
真田太平記
信長 KING OF ZIPANGU
ひとつ屋根の下
メモリー・オブ・ラブ

清水 綋治(しみず こうじ、1944年2月11日 - )は、日本俳優京都府京都市左京区出身。活動屋所属。元妻は女優の大谷直子。娘は女優の華子[1]

来歴・人物[編集]

実家は東映の京都撮影所や松竹の京都撮影所のある太秦、父親は映画プロデューサーという環境で育ち、少年時代から映画などに出演する。京都府立嵯峨野高等学校を卒業後、俳優座養成所の第14期生となる。同期には串田和美吉田日出子佐藤信樋浦勉原田芳雄新橋耐子有川博辻萬長らがいた。

文学座の研究生を経て1966年夏に「劇団自由劇場」を串田、吉田、佐藤ら14名と共に旗揚げ。その後、佐藤と黒色テント68/71(現・黒テント)の設立にも関わるなど、いわゆる「アングラ演劇」(自由劇場の旗揚げ時に作った劇場が地下にあったためそう呼ばれるようになったとも言われている)で活躍。

実相寺昭雄作品の常連でもあり、実相寺からは著書で「巨大な才能の持ち主」と、美空ひばりと並んで称えられた。

怪優とも呼ばれ、特撮作品の悪役としても有名である。

本人は「温和な性格であるものの、個性的な演技のイメージが強すぎるために、そういう役は滅多に来ない」と語ったことがある。

演劇活動にとめどなく私財をつぎ込む傾向があり、大谷直子との離婚の際はこれが原因として報じられた[2]

趣味はジャズ音楽。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • イスメネ・地下鉄(1966年、自由劇場 作:佐藤信 演出:観世栄夫
  • ヘンリイ4世(1967年、自由劇場 作:ルイジ・ピランデルロ 演出:ジャン・ピエトロ・カラソ)
  • ヒロシマのオイディプース(1967年、自由劇場 作:ルイジ・カンドーニ 演出:栗山昌良
  • あたしのビートルズ A Hard Day's Night(1967年、自由劇場 作・演出:佐藤信)
  • THE SHOW(1968年、自由劇場 原作:ユージン・オニール 潤色・演出:佐藤信)
  • 赤目(1968年、自由劇場 作:斎藤憐 演出:観世栄夫)
  • 魔女傳説(1968〜69年、自由劇場 作:福田善之 演出:観世栄夫)
  • 鼠小僧次郎吉(1969年、演劇センター68/69 作・演出:佐藤信)
  • トラストDE-イリヤ・エレンブルグによる-(1969〜70年、演劇センター68/69 作:佐藤信 演出:観世栄夫)
  • 浮世混浴鼠小僧次郎吉 二の替り・夜嵐浴場版(1970年、演劇センター68/69 作・演出:佐藤信)
  • 陰画絵本鼠小僧次郎吉 三の替り・極付発狂版(1970年、演劇センター68/69 作・演出:佐藤信)
  • 翼を燃やす天使たちの舞踏(1970年、演劇センター68/70 構成:佐藤信、山元清多加藤直、斎藤憐 演出:佐藤信)
  • 恋々加留多鼠小僧次郎吉(1971年、演劇センター68/71 作・演出:佐藤信)
  • チャンバラ 楽劇天保水滸伝(1972年、68/71黒色テント 作:山元清多 演出:佐藤信)
  • 二月とキネマ(1972年、68/71黒色テント 作・演出:佐藤信)
  • さよならマックス(1972年、68/71黒色テント 作:山元清多 演出:津野海太郎
  • キネマと探偵(1975年、68/71黒色テント 作・演出:佐藤信)
  • ブランキ殺し上海の春(1975年、68/71黒色テント 作・演出:佐藤信)
  • 昨日はもっと美しかった―某地方巡査と息子にまつわる挿話―(1982年、木冬社俳優座 作・演出:清水邦夫
  • 秘密の花園(1982年、本多劇場 作:唐十郎 演出:小林勝也
  • 住み込みの女(1983年、状況劇場 作・演出:唐十郎)
  • カリギュラ(1985年、清水紘治企画 上演台本:小沢僥謳 演出:岡村春彦
  • 大菩薩峠(1985年、グループ2 作:山崎哲 演出:衛紀生
  • 雨のハムレット(1987年、グループ2 脚本・演出:清水絋治)
  • ブルーストッキングの女たち(1987年、地人会 作:宮本研 演出:木村光一
  • 青い紙のラブレター(1988年、地人会 作:アーノルド・ウェスカー 演出:木村光一)
  • あわれ彼女は娼婦(1989年、地人会 作:ジョン・フォード 演出:木村光一)
  • 早春スケッチブック(1992年、地人会 作:山田太一 演出:木村光一)
  • DEATH TRAP(2004年、フジテレビ 作:アイラ・レヴィン 演出:高平哲郎

オリジナルビデオ[編集]

  • 最後の馬券師(1994年、ケイエスエス
  • 最後の馬券師II(1994年、ケイエスエス)
  • XX 美しき狩人(1994年、東映ビデオ
  • 本気! 2(1994年、日本映像)
  • 本気! 3(1995年、日本映像)
  • 狂獣の牙(1995年、シネマパラダイス)
  • 極道 華の乱 姐対姐御(1995年、SHSプロジェクト)
  • 闇金の帝王 銀と金 地獄の裏麻雀(1995年、SHSプロジェクト)
  • 本気! 4 抗争篇(1995年、日本映像)
  • 新・第三の極道 勃発 関西極道ウォーズ!!(1996年、ミュージアム
  • 新・第三の極道II(1996年、ミュージアム)
  • 本気! 5 死闘篇(1996年、日本映像)
  • 新・第三の極道III(1996年、ミュージアム)
  • 新・第三の極道IV 裏盃の集団(1997年、ミュージアム)
  • 本気! 6 烈火篇(1997年、日本映像)
  • 新・第三の極道V 裏盃の逆襲(1997年、ミュージアム)
  • 突撃ラクガキ愚連隊(1997年、東映ビデオ)
  • 新・第三の極道VI マフィアの戦慄(1997年、ミュージアム)
  • 新・第三の極道 腐敗官僚VS裏盃の軍団(1998年、ミュージアム)
  • 新・湾岸ミッドナイトI S30Z VS ゴールドR(1998年、ANEC)
  • 新・第三の極道 裏盃 流血の掟(1999年、ミュージアム)
  • 新・第三の極道 弔いの銃弾(1999年、ミュージアム)
  • 本気! 19 郷愁編(2001年、日本映像)
  • 本気! 20 骨肉編(2001年、日本映像)
  • 本気! 序章(2001年、日本映像)
  • 難波金融伝 ミナミの帝王18 騙しの方程式(2001年、ケイエスエス)
  • 真・雀鬼11 奪われた死闘 片腕の代走屋(2002年、竹書房
  • 本気! 30 望郷編 第1部完結編(2004年、日本映像)

特撮[編集]

OVA[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]