魚住直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

魚住 直子(うおずみ なおこ、1966年 - )は、日本の児童文学作家

来歴[編集]

福岡県福岡市で生まれ[1][2]、生後まもなく広島県広島市に移り[1]、広島県廿日市市山口県防府市で育つ[1]広島県立五日市高等学校を経て[1]広島大学教育学部心理学科卒業[1]

1995年、『非・バランス』で第36回講談社児童文学新人賞を受賞、1996年刊行。同作は2001年冨樫森によって映画化された。2008年『Two Trains』で第57回小学館児童出版文化賞受賞。2010年『園芸少年』で第50回日本児童文学者協会賞受賞。

著書[編集]

  • 非・バランス 講談社 1996.6 のち文庫
  • 超・ハーモニー 講談社 1997.7 のち文庫
  • 海そうシャンプー 学習研究社 1999.7
  • 象のダンス 講談社 2000.10 「未・フレンズ」文庫
  • ハッピーファミリー 学習研究社 2001.10
  • リ・セット 講談社 2003.3
  • オレンジソース 佼成出版社 2003.11
  • バスとロケット 佼成出版社 2006.3
  • Two trains 学習研究社 2007.6
  • ピンクの神様 講談社 2008.6
  • 園芸少年 講談社 2009.8
2010年に森永あいの手によって漫画化、「なかよし」(講談社)にて掲載された。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『少女の思春期 等身大で 広島育ちの作家 魚住さんが新刊』 - 中国新聞 朝刊 2016年7月6日 15面。
  2. ^ 作家の読書道:第81回 魚住直子さん | WEB本の雑誌