水橋文美江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
水橋 文美江
プロフィール
誕生日 (1964-01-15) 1964年1月15日(53歳)
出身地 日本の旗 日本 石川県金沢市
主な作品
テレビドラマ さよならをもう一度
夏子の酒
妹よ
光とともに…〜自閉症児を抱えて〜
ホタルノヒカリ
ホタルノヒカリ2
つるかめ助産院〜南の島から〜
映画 シュガー&スパイス 〜風味絶佳〜
ロック 〜わんこの島〜
映画 ホタルノヒカリ

水橋 文美江(みずはし ふみえ、1964年1月15日[1] - )は、日本の脚本家

石川県金沢市出身[2]。夫はテレビドラマディレクター映画監督中江功

略歴・人物[編集]

石川県出身。中学生のとき、担任教師のすすめで石川県児童文化協会が後援する児童劇団に所属し、このころから短い脚本を書き始めた。石川県立金沢錦丘高等学校を卒業(17期生)[3]

ナゴムレコードの事務員として、ボランティアで手伝っていたこともあった。

第3回フジテレビヤングシナリオ大賞への応募をきっかけに[1]1990年の『東京ストーリーズ』第35回「おろしたての夫婦生活」(フジテレビ)で脚本家としてデビューする[4]

NHK名古屋ラジオドラマコンクール佳作、橋田賞新人脚本賞、石川TOYP大賞をそれぞれ受賞[4][5]

夫は、フジテレビのディレクター、中江功。2児の母[2]

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

著作[編集]

エッセー[編集]

連載[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b スタッフ”. シュガー&スパイス 〜風味絶佳〜. 東宝. 2017年2月25日閲覧。
  2. ^ a b かさだかな日々”. 北國新聞社の本. 北國新聞社. 2017年2月25日閲覧。
  3. ^ 創立50周年記念式典”. 日誌. 石川県立金沢錦丘高等学校 (2013年9月13日). 2017年2月25日閲覧。
  4. ^ a b 水橋文美江さん講演会 シナリオライターの日々〜ドラマの裏話 (PDF)”. 金沢市図書館. 2017年2月25日閲覧。
  5. ^ 過去の受賞者”. 石川TOYP大賞. 2017年2月25日閲覧。