吉野由志子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「Tsuchiyoshi.svg野 由志子」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
よしの よしこ
吉野 由志子
生年月日 10月5日
出生地 日本の旗 石川県
身長 155cm
職業 女優、声優
ジャンル テレビドラマ、舞台、吹き替え
配偶者 菅野菜保之
所属劇団 文学座
事務所 文学座

吉野 由志子(よしの よしこ、10月5日生)は、日本の女優声優である。旧芸名は吉野佳子[1]文学座所属。石川県出身。

出演作品[編集]

舞台[編集]

1967年

  • 初舞台『大寺学校』(文学座本公演)

1968年

  • 『美しきものの伝説』(本公演)朝日生命ホール、砂防会館ホール

1970年

1971年

  • 『にごりえ』(本公演)東横劇場、国立劇場大劇場

1973年

  • 『女の一生』(本公演)東横劇場
  • 『ふるあめりかに袖はぬらさじ』(本公演)国立劇場小劇場
  • 『飢餓海峡』(本公演)旅公演

1976年

1978年

  • 『天才バカボンのパパなのだ』(アトリエ)

1979年

  • 『にしむくさむらい』(本公演)紀伊國屋ホール
  • 『もず』(本公演)三越劇場

1982年

  • 『あーぶくたった、にいたった』(本公演)俳優座劇場

1986年

  • 『さらだ殺人事件』(アトリエ)

1987年

  • 『ジョバンニ父への旅』(本公演)紀伊國屋ホール

1990年

  • 『山猫からの招待』(本公演)紀伊國屋ホール

1992年

  • 『苺ジゴロと一日花』(アトリエ)

1993年

  • 『花の氷室』(アトリエ)

1995年

  • 『いそという女』(俳優座劇場)

1997年

  • 『柘榴のある家』(本公演)紀伊國屋サザンシアター

1998年

  • 『華岡青洲の妻』(本公演)紀伊國屋サザンシアター 2000、01年地方公演
  • 『みみず』(アトリエ)

1999年

  • 『家路』(本公演)三越劇場 04年再演

2000年

  • 『かどで・つり堀にて』(俳優座劇場)

2001年

  • 『木に花咲く』富山市オーバード芸術劇場
  • 『用明天皇職人鑑』山口ルネッサながと 03年再演

2002年

  • 『一心二河白道(清玄櫻姫)』山口ルネッサながと
  • 『華岡青洲の妻』(英の会)国立劇場小劇場
  • 『オナー』(アトリエ)

2003年

  • 『ホームバディ/カブール』(アトリエ)

2004年

  • 『鹿鳴館』(ポイント東京)ル テアトル銀座
  • 『千年の三人姉妹』天王洲アートスフィア
  • 『津国女王天池』(巣林舎)紀伊國屋ホール

2005年

  • 『新・近松心中物語』(ポイント東京)博多座
  • 『曾我会稽山』(巣林舎)紀伊國屋ホール

2007年

  • 『犬が西むきゃ尾は東』(アトリエ)
  • 『マーヴィンの部屋』(劇団東演)本多劇場

2008年

  • 『ミセス・サヴェッジ』(アトリエ)吉祥寺シアター

2009年

  • 『町の音』(みつわ会)六行会ホール
  • 『定年ゴジラ』(本公演)紀伊国屋サザンシアター

2010年

  • 『ダーウィンの城』(アトリエ)

2011年

  • 『浪花女』紀尾井ホール
  • 『愛のポストマン』(朗読)浅草リトルシアター

2012年

  • 『タネも仕掛けも』(本公演)紀伊國屋サザンシアター

2013年

  • 『女たちの招魂祭』(朋友)俳優座劇場

テレビ[編集]

映画[編集]

吹き替え[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • 窓辺には夜の歌

CM[編集]

  • みずほ信託銀行(Web、店頭)

受賞歴[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文学座 アトリエ短信 2008年”. 2017年9月25日閲覧。

外部リンク[編集]