二十歳の約束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
二十歳の約束
ジャンル テレビドラマ
放送時間 毎週月曜日21:00 - 21:54(54分)
放送期間 1992年10月12日
- 12月21日(11回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 牧瀬里穂稲垣吾郎SMAP
テンプレートを表示

二十歳の約束』(はたちのやくそく)は、1992年10月12日12月21日まで毎週月曜日21時00分~21時54分にフジテレビ系列月曜9時枠の連続ドラマ)にて放映されたテレビドラマ

概要[編集]

牧瀬里穂稲垣吾郎の初主演ドラマで、牧瀬にとってはフジテレビ系ドラマ初出演の作品でもある。

牧瀬演じる夕希が稲垣演じる純平に向かって言った「ヒューヒューだよ!」「カキーン!」などの当時としては斬新な数々のセリフが話題となった。

佐野元春の初のドラマ主題歌となった「約束の橋」も70万枚を超える大ヒットとなった。プロデューサーの大多亮や脚本の坂元裕二と親交があった小室哲哉が初めて連続ドラマの音楽を手掛けた作品。

2016年現在、ソフト化は実現していない。

あらすじ[編集]

幼少期に母を亡くしてから、父と兄と暮らして来た高井夕希。しかし、その兄が不良に絡まれていた少年を救助した事により死亡。夕希は父と共に、現場から逃げ去った少年への憎悪を抱き続けて来た。高校卒業後、アメリカの大学へ留学した夕希の元に「藤村旭」という人物から手紙が届く様になる。そして二十歳となった夕希は、親戚の北条道子から持ちかけられた見合いの為、2週間ほど帰国する事となった。しかし夕希の本心は見合いではなく、藤村旭こと赤木純平を捜し出す事であった・・・。

出演者[編集]

アメリカの大学に留学中の女子大生。幼少期に母、数年前に兄を亡くしている。やや空気が読めない面もあるが、天真爛漫な性格。父の勧めでお見合いをすることになり、北条家に寄宿という形で一時帰国。その間、父らに内緒で手紙の主である純平を探し出した。
横須賀在住の少年で、非行歴がある。自分を救って亡くなった夕希の兄の死に負い目を感じ、励ましの手紙を送り続けるが、事実を告げられず、氏名も含めて藤村のプロフィールを使ってしまう。のちに夕希と恋仲になるが、周囲から反対される。
純平の友人。在学する大学で野球部に入っている。純平だと思い込んだ夕希に突然、押し掛けられ困惑。咲から想いを寄せられている。
純平の遊び仲間で恋人。素行に問題があり派手な印象。犬飼に逮捕され、非情な取り調べを受けたことがある。夕希の出現でやきもきする。
道子の娘で夕希とは従姉妹同士になる。離婚歴があり、ドライで冷めた面がみられるが、基本的には夕希の味方。
旭が所属する野球部でマネージャーをする女子大生。旭に片想いをしている。
夕希の伯母。元の性格に加え、娘のれい子の離婚などの影響で潔癖、厳格な面がみられる。夕希に接近する純平に激怒。
純平たちが出入りするバーの経営者。
純平の父。実直な性格で工場を経営している。道子と和彦から呼び出されて罵られた挙げ句、手切れ金を突きつけられる。この時、純平の言動に対しては謝罪するが、帰り道で純平に「あの様な家の娘には今後、会うな」と言い聞かせる。
夕希の父でアメリカ在住。娘には少々、甘い面がみられる。家柄の違い・息子の死の原因とし、純平を憎悪。
純平をマークする刑事。少々、高圧的で暴力を振るう事もある。純平を匿まう蓮見に対して、店の営業許可証を持ち去ろうと脅しを掛けたこともある。

主題歌[編集]

スタッフ[編集]

放送日・サブタイトル:視聴率[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
第1話 1992年10月12日 青春と光と影 18.7%
第2話 1992年10月19日 泥だらけの純情 16.2%
第3話 1992年10月26日 今夜、彼女を抱きしめよう -
第4話 1992年11月2日 夢にまでみたキス 15.2%
第5話 1992年11月9日 全てを告白する夜 16.6%
第6話 1992年11月16日 寂しいときには僕が抱きしめる 16.0%
第7話 1992年11月23日 決断 18.1%
第8話 1992年11月30日 二人の壁 -
第9話 1992年12月7日 二十歳の結婚 17.1%
第10話 1992年12月14日 衝撃の夜 17.8%
最終話 1992年12月21日 最後の最後で 18.2%
平均視聴率16.5%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

関連商品[編集]

関連サイト[編集]

フジテレビ系 月曜9時枠の連続ドラマ
前番組 番組名 次番組
君のためにできること
(1992.7.6 - 1992.9.28)
二十歳の約束
(1992.10.12 - 1992.12.21)
あの日に帰りたい
(1993.1.11 - 1993.3.22)