近衛はな

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
このえ はな
近衛 はな
本名 目黒 裕佳子(めぐろ ゆかこ)
別名義 目黒 裕佳子
目黒 ゆかこ(旧芸名)
生年月日 (1980-03-21) 1980年3月21日(38歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 159 cm[1]
血液型 A型[2]
職業 女優タレント脚本家詩人
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2003年 -
配偶者 あり(2017年 - )
著名な家族 目黒祐樹(父)
江夏夕子(母)
近衛十四郎(祖父)
事務所 オフィス佐々木
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
獄に咲く花
100年ごはん

近衛 はな(このえ はな、1980年3月21日[1] - )は、日本の女優タレント脚本家詩人である。本名、目黒 裕佳子(めぐろ ゆかこ)[2]。旧芸名、目黒 ゆかこ

東京都出身、青山学院大学国際政治経済学部国際政治学科卒業[1]。所属事務所サンミュージックプロダクションオフィス佐々木

来歴[編集]

父は目黒祐樹、母は江夏夕子、伯父は松方弘樹、祖父は近衛十四郎という俳優一家の長女として誕生した[3]一人っ子[要出典]

2003年3月に、青山学院大学国際政治経済学部国際政治学科を卒業[1]。大学在学中、1999年度学業奨励賞奨学生、外務省によりロシアに研修派遣。2002年度フランスに留学。CSP国際会議に参加。国際連合大学での職歴がある[4]

2003年にNHK教育テレビ教育番組NHK高校講座』の司会者として芸能界デビューし、2005年には映画『探偵事務所5』で女優デビューを果たした。

2005年春より2008年まで、原子力安全・保安院(NISA)が刊行している情報誌「NISA通信」のリポーターを務めた。

2007年春に目黒ゆかこから、祖父・近衛十四郎名跡を引き継いだ近衛はなへ改名[5]。ただし詩人としての名義は目黒裕佳子を使用している。

2009年放送のNHK『ドラマスペシャル・白洲次郎』の第2回で、脚本家デビュー[5]。2008年11月に発表した詩集『二つの扉』で翌2009年の第20回歴程新鋭賞受賞。

2009年9月に「希望郷いわて文化大使」に就任。同年12月にイタリア・サレルノ国際映画祭にて『遠野物語』をイタリア語で披露した[6]

2010年4月公開の映画『獄に咲く花』で高須久役を演じて映画初主演、父・目黒祐樹と初共演も果たした[3]

私生活では、東京大学大学院卒で博士号を持ち東京都内の研究所に勤務する12歳年上の天文学者の男性と、約5年間の交際期間を経て、夏至にあたる2017年6月21日に婚姻届を提出し結婚した[7]

人物[編集]

家族[編集]

父は目黒祐樹、母は江夏夕子、伯父は松方弘樹、母方祖父方曽祖父は市川松蔦二世、大伯父は市川門之助、父方祖父は近衛十四郎1977年没)、祖母は水川八重子、元義伯母は仁科亜季子(松方弘樹の元妻)、従兄は俳優の目黒大樹、従弟は俳優の十枝真沙史と同じく俳優の仁科克基、従妹はタレントの仁科仁美

家族仲が非常に良く、両親と旅番組に出演したりしている。

趣味[編集]

絵画、詩、読書、映画鑑賞、能楽鑑賞[1]、野菜づくり[注 1]

特技[編集]

外国語(英語フランス語ともに会話堪能[要出典])、ロシア語剣道(初段)、乗馬[注 2]平泳ぎ[1]

幼少期から両親に文武両道を教えられ、さらに父が学業に専念するため、芸能界から離れた経験を参考にしている。父が海外留学歴があるため、海外留学を強く勧めていたという。父も同じく英語が堪能である[要出典]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

作品[編集]

テレビドラマ(作品)[編集]

舞台(作品)[編集]

  • 玉藻前〜TAMAMO〜(2011年) - 原作
  • 藤間勘十郎文芸シリーズ 其の壱 「綺譚 桜の森の満開の下」(2014年) - 上演台本

著書[編集]

詩集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 静岡県裾野市に畑を借り、休日に野菜づくりをしている[8]
  2. ^ 高校時代に乗馬部に所属していた[9]
  3. ^ 第7話(11月25日放送)に出演。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f オフィス佐々木プロフィール「近衛はな」”. オフィス佐々木. 2016年5月20日閲覧。
  2. ^ a b 近衛はな”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ. 2016年5月21日閲覧。
  3. ^ a b “映画『獄に咲く花』近衛はな×前田倫良対談”. ORICON STYLE (オリコン). (2010年4月14日). http://www.oricon.co.jp/news/75195/full/ 2016年5月20日閲覧。 
  4. ^ 近衛はなプロフィール”. オフィス佐々木. 2007年9月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月21日閲覧。
  5. ^ a b “目黒祐樹長女の近衛はな脚本家デビュー”. 日刊スポーツ. (2009年3月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20090306-467877.html 2016年5月20日閲覧。 
  6. ^ “姉妹都市サレルノ市訪問について” (PDF) (プレスリリース), 遠野市 市民センター社会教育課 遠野物語100周年プロジェクト推進室, (2009年11月5日), http://www.city.tono.iwate.jp/index.cfm/1,12573,c,html/12573/20091105-132714.pdf 2016年5月21日閲覧。 
  7. ^ “目黒祐樹長女の近衛はな 天文学者と結婚、12歳上 交際5年”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年7月21日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/21/kiji/20170720s00041000445000c.html 2018年4月29日閲覧。 
  8. ^ 近衛はな (2013年5月31日) (PDF). 女優、脚本家 近衛はなさん 富士山の風景に魅了され. インタビュアー:明珍美紀. マイECO Vol.33 毎日新聞社 水と緑の地球環境本部.. http://mainichi.jp/feature/ecology/etc/myeco/pdf/vol_33.pdf#page=2 2016年5月21日閲覧。 
  9. ^ 中野真也 (2009年7月1日). “球児を支える仲間たち「男子マネのひたむきさに心打たれた 女優・脚本家 近衛はなさん」”. 朝日新聞デジタル高校野球. http://www.asahi.com/koshien/91/nakama/TKY200907010086.html 2016年5月21日閲覧。 

外部リンク[編集]