オカモト國ヒコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オカモト 國ヒコ1974年2月2日[1][2] - )は、日本の脚本家劇作家演出家。劇団「テノヒラサイズ」の主宰(2008年に創設)。

来歴[編集]

大阪府生まれ[1]甲南大学文学部社会学科卒業[2]

1997年に関西の劇団「エビス堂大交響楽団」を旗揚げし[1]、脚本・演出家・座長(主宰)を務める[3]2005年に解散[1])。

2006年[1]、期間限定プロジェクト(2009年大晦日まで)のプロデュースユニット「娯楽園プロデュース」を主宰。同時期に「アンテナ劇場」というもう一つのプロデュースユニット(ダンスとシチュエーションコメディ)も立ち上げていた[1]。そして現在に至る[4]

2010年FMシアター「薔薇のある家」にて「第48回ギャラクシー賞」優秀賞受賞、「第65回文化庁芸術祭」優秀賞受賞。

脚本[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK大阪放送局

民放

ラジオドラマ[編集]

NHK-FM 青春アドベンチャー

FMシアター

  • 薔薇のある家
  • パズル
  • 四頭の羊

その他

特撮オリジナルビデオ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]