林宏司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

林 宏司(はやし こうじ)は、日本のテレビドラマの脚本家関西学院大学卒業。

林宏司
プロフィール
主な作品
テレビドラマハゲタカ
医龍-Team Medical Dragon- 』シリーズ
コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-
BOSS
アイムホーム
テンプレートを表示

経歴[編集]

出版社勤務を経て、2000年涙をふいて』で脚本家デビュー。専門的な分野を描くことを得意としている。

2020年前期の連続テレビ小説エール』の脚本を担当することが決定して執筆し、9月にクランクインしていたが、11月にNHKより「制作上の都合」との発表があり降板した[1]

2019年、初めてとなる小説『トップナイフ』を刊行する[2]

作品[編集]

連続ドラマ[編集]

単発ドラマ[編集]

映画[編集]

コミック[編集]

小説[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]