佐々木典子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐々木 典子(ささき のりこ、1958年-)は、日本のソプラノ歌手である。熊本県出身。

経歴[編集]

演奏活動[編集]

主要出演作品[編集]

オペラ

リヒャルト・シュトラウスバラの騎士》元帥夫人、《カプリッチョ》伯爵令嬢、《ダフネ》

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトフィガロの結婚》伯爵夫人、スザンナ、ケルビーノ、《魔笛》パミーナ、ダーメI、《ドン・ジョヴァンニ》ツェルリーナ、ドンナ・アンナ、ドンナ・エルヴィラ、《コジ・ファン・トゥッテ》フィオルディリージ

リヒャルト・ワーグナーニュルンベルクのマイスタージンガー》エヴァ、

ジュール・マスネウェルテル》ゾフィー

シャルル・グノーファウスト (オペラ)》ジーベル

ジュゼッペ・ヴェルディ椿姫 (オペラ)》ヴィオレッタ

ジャコモ・プッチーニジャンニ・スキッキ》ラウレッタ

ジョアッキーノ・ロッシーニ《アルジェのイタリア女》エルヴィラ

アントニン・ドヴォルザークルサルカ (ドヴォルザーク)》妖精I

ヨハン・シュトラウスこうもり (オペレッタ)》ロザリンデ

フランツ・レハールメリー・ウィドウ》ハンナ、、

クリストフ・ヴィリバルト・グルックオルフェオとエウリディーチェ

ロベルト・シューマン《ゲノヴェーヴァ》、

《鳴神》雲の絶間の姫 他

宗教曲、オーケストラ作品のソプラノ・ソロ

《戴冠ミサ、ハ短調ミサ、他ミサ曲多数(モーツァルト)》、《レクイエム(モーツァルト、ヴェルディ)

ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル《メサイア》、《ユダスマカベウス》

ヨハン・ゼバスティアン・バッハマタイ受難曲》、《ヨハネ受難曲》、《ロ短調ミサ》、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンミサ・ソレムニス》、《交響曲第9番 (ベートーヴェン)

スタバト・マーテルペルゴレージ、ロッシーニ、ドヴォルザーク)》

アルテュール・オネゲル《死刑台のジャンヌダルク》

フランツ・シュミット7つの封印の書

リヒャルト・シュトラウス《四つの最後の歌》

グスタフ・マーラー交響曲第4番 (マーラー)

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン天地創造 (ハイドン)》、《四季 (ハイドン)》 他

主要共演団体ほか[編集]

受賞[編集]

教育活動[編集]

学部・大学院・別科における声楽実技指導、博士学位審査

社会活動[編集]

飯塚新人音楽コンクール声楽部門審査員

テレビ出演[編集]

ディスコグラフィ[編集]

  • R.シュトラウス歌曲集:「至福のうた」 / 佐々木典子、山田武彦

外部リンク[編集]