中村梅雀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中村 梅雀(なかむら ばいじゃく)は、歌舞伎役者の名跡。成駒屋の系統と大阪中村梅玉の系統が存在する。

前進座・成駒屋系
中村梅玉・梅高屋系

なかむら ばいじゃく
中村 梅雀
本名 三井進一
別名義 中村まなぶ(初名)
生年月日 (1955-12-12) 1955年12月12日(62歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都武蔵野市
血液型 AB型
職業 俳優ベーシスト作曲家
ジャンル テレビドラマ映画舞台
活動期間 1965年
配偶者 瀬川寿子(2006年 - )
著名な家族 四代目中村梅之助(父)
事務所 土屋企画
主な作品
テレビドラマ
八代将軍吉宗
毛利元就
葵 徳川三代
信濃のコロンボ事件ファイル
赤かぶ検事奮戦記
映画
釣りバカ日誌

二代目 中村 梅雀(にだいめ なかむら ばいじゃく、1955年昭和30年〉12月12日 - )は、日本俳優ベーシスト作曲家。本名、三井 進一(みつい しんいち)。血液型はAB型。所属事務所は土屋企画。

続柄[編集]

歌舞伎役者としての続柄は以下の通り。

屋号は成駒屋

来歴[編集]

1955年12月12日四代目中村梅之助の長男として東京都武蔵野市に生まれる。東京都立荻窪高等学校を卒業後、桐朋学園短期大学演劇専攻を卒業した。

1965年に初舞台を踏み、劇団前進座で歌舞伎演劇の世界を学ぶ。初名は「中村まなぶ」。1980年の前進座創立50周年記念公演を機に、曾祖父・二代目中村翫右衛門がかつて名乗った梅雀を襲名、「二代目梅雀」となる。

代々続く歌舞伎役者の家系の出身でありながらテレビドラマ映画に積極的に出演し、時代劇以外でも柔軟な演技で親しまれるようになる。1995年大河ドラマ八代将軍吉宗』で演じた徳川家重役が話題を呼び、一気に知名度が上がった。大河ドラマにはナレーションを含めると11作品に出演しており、大河ドラマ初出演作となった1969年の『天と地と』では祖父・父とも共演している。『信濃のコロンボ事件ファイル』の竹村岩男役や『釣りバカ日誌』シリーズの草森秘書室長役なども当たり役となった。

1991年、前進座特別公演『煙が目にしみる』の演技が評価され、第46回文化庁芸術祭賞を受賞する[1]

巡業公演『お登勢』の千秋楽2007年10月5日)をもって前進座を退団し、現在はフリーで活動している[2]

人物[編集]

私生活[編集]

2006年9月21日、前進座に所属する25歳年下の女優・瀬川寿子と再婚した[3]。瀬川は当時25歳だった。2015年7月27日、夫人の妊娠を発表[4]8月23日、女児が誕生[5]。梅雀にとっては30代の時に前妻との間に儲けた長女に次ぐ第2子となる。

ベーシスト[編集]

ピアニストだった母の影響で幼い頃ジャズに傾倒し、12歳でベースを始め、中学生時代にバンド活動を開始する。松原正樹安田裕美らと結成したジャズ・フュージョンバンドで自らエレクトリックベースを弾き、作曲も手がける[6]。また、ベースを中心としたギターコレクターとしても知られている。特にジャコ・パストリアスの熱狂的なファンとしても知られており、2009年1月にはパストリアスが使用していたブラックのフェンダー・ジャズベース(シリアルナンバー #028100)を入手している[7]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • ありふれた女(1998年10月) - 島宗菊夫 役
  • 元禄めおと合戦(2008年、新歌舞伎座・中日劇場・明治座) - 主演・尾形光琳
  • 最後の忠臣蔵(2009年12月:明治座、2010年10月:中日劇場) - 主演・寺坂吉右衛門 役
  • 女は遊べ物語(2010年9月、明治座) - 主演・伊藤七蔵 役
  • 男の花道(2012年7月、新歌舞伎座・羽島市文化センター・ルテアトル銀座) - 主演・土生玄碩 役
  • 新橋演舞場 喜劇名作公演(新橋演舞場)
    • 大当り高津の富くじ -江戸育ち亀屋伊之助-(2013年2月、新橋演舞場) - 主演・亀屋伊之助 役
    • 単身赴任はチントンシャン(2016年2月) - 主演・二見文太郎 役
    • じゅんさいはん(2016年2月) - 主演・三治郎 役
    • 恋の免許皆伝(2017年2月) - 主演・高砂頼母 役
  • TFJ第一回公演 晩餐(2013年10月、池袋サンシャイン劇場ほか全国8都市公演) - 主演・高槻耕太郎 役
  • 夫が多すぎて(2014年、シアタークリエ) - ウィリアム 役
  • 三匹のおっさん(2015年11月、中日劇場・博多座ほか) - 有村則夫 役
  • 夫婦漫才(2017年、博多座・新歌舞伎座・シアター1010) - 主演・伸郎役

イベント[編集]

  • 今に生きる万葉 額田王〜音楽と語りによる創作ステージ〜(2014年12月24日、大阪SAYAKAホール) - 歌と語り
  • 第113回赤穂義士祭 義士行列(2016年12月14日、兵庫県赤穂市) - 大石内蔵助

ラジオドラマ[編集]

ナレーション[編集]

CM[編集]

  • 日本ハム(2001年) - ナレーション
  • サントリー烏龍茶(2005年) - ナレーション
  • たなかの柿の葉すし(2012年 - ) - ナレーション
  • 日本香堂 新盆見舞い(2012年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 文化庁:文化庁芸術祭賞受賞一覧 昭和61年度(第41回)〜平成7年度(第50回)
  2. ^ “中村梅雀さん、「前進座」退団し、フリーに - 文化・芸能”. asahi.com(朝日新聞社). (2007年9月12日). http://www.asahi.com/culture/stage/kabuki/TKY200709120072.html 2013年7月19日閲覧。 
  3. ^ この日を選んだのは、祖父・三代目中村翫右衛門、ドラマでも演じたことのある詩人の宮沢賢治、ベーシストのジャコ・パストリアスという敬愛する3人の命日であったためである。
  4. ^ 中村梅雀、25歳年下妻・瀬川寿子の妊娠を発表「パパが頑張って稼がなきゃ」”. オリコン (2015年7月27日). 2015年7月27日閲覧。
  5. ^ 59歳の中村梅雀に女児誕生「感謝と感動の気持ちで胸いっぱい」”. ORICON STYLE (2015年8月24日). 2015年8月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月2日閲覧。
  6. ^ そもそもは「左手で強く低音部を弾くピアニストの母のピアノを聞いて育ち、クラシックを聞いても低音に耳が自然といくようになった」ことから興味を持ち始め、「エレキベースが欲しい」と父にねだったが、「歌舞伎に関係ない」と一蹴された。ただ三味線は幼少時から習わされており、家にあった三味線を改造してエレキ三味線を自作して弾いていた。ある日、友人の前でビートルズポール・マッカートニーのベースラインを三味線で弾いてみせたところ、「凄いね。でも三味線だとカッコ悪いね」と言われたことがベースに傾倒したきっかけだという。以来、父に怒られながらも演奏活動を続けていた一方で、祖父は「あれだけ熱中できるものならやらせてやれ。五線譜を読める役者がいるか?」と理解を示してくれたという。「信濃のコロンボ』中村梅雀、実は凄腕ベーシスト」”. ZAKZAK (2007年10月23日). 2013年7月9日閲覧。 および 「時代劇にベーシスト…変幻自在の中村梅雀、刑事挑戦」”. ZAKZAK (2008年12月11日). 2013年7月9日閲覧。
  7. ^ 楽器解説 / Bass No.0 Jaco Pastorius's Black Jazz Bass”. 中村梅雀 公式サイト. 2013年7月9日閲覧。 楽器の解説と共に入手までの顛末が記されている。
  8. ^ 17年大河『おんな城主 直虎』新出演者14人発表 柴咲コウ父は杉本哲太、母は財前直見”. ORICON STYLE (2016年5月26日). 2016年5月27日閲覧。
  9. ^ 中村梅雀主演で人気酒コミック「BARレモン・ハート」初の連ドラ化”. Sponichi Annex (2015年7月7日). 2015年7月7日閲覧。
  10. ^ 高島礼子・中村梅雀ら、『警視庁・捜査一課長』初回にゲスト出演”. マイナビニュース. マイナビ (2018年4月12日). 2018年4月13日閲覧。
  11. ^ “北川景子、初の弁護士役!北村一輝がバディのSPドラマ「指定弁護士」”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年8月12日). https://www.cinematoday.jp/news/N0102843 2018年8月14日閲覧。 
  12. ^ “映画『坂道のアポロン』ディーン・フジオカが出演 劇中で歌声披露”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年5月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2091323/full/ 2017年5月26日閲覧。 

外部リンク[編集]