中村梅雀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中村 梅雀(なかむら ばいじゃく)は、歌舞伎役者。

※以下は、成駒屋の中村梅雀を取り上げる。他系統に、大阪中村梅玉系の中村梅雀が存在した。


二代目中村梅雀(にだいめ なかむら ばいじゃく、1955年(昭和30年)12月12日 - )は、日本俳優ベーシスト作曲家。本名、三井進一。血液型はAB型。東京都立荻窪高等学校卒業後、桐朋学園短期大学演劇専攻卒業。

歌舞伎役者としての続柄は以下の通り。

屋号は成駒屋1965年(昭和40年)初舞台。前進座で歌舞伎演劇の世界を学ぶ。初名「中村まなぶ」。1980年の前進座創立50周年記念公演を機に曾祖父の名乗った梅雀を襲名、「二代目梅雀」となる。同劇団の巡業公演『お登勢』の千秋楽2007年(平成19年)10月5日)をもって前進座を退団した。現在はフリーで活動している[1]

人物・来歴[編集]

代々続く歌舞伎役者の家系の出身だが、テレビドラマや映画に積極的に出演。

1995年の『八代将軍吉宗』で演じた徳川家重が話題となり、一気に知名度が上がり、以降もNHK大河ドラマには10作品に出演。将軍役・武士役・公家役など幅広い役柄を演じている。大河初出演は1969年の『天と地と』で、祖父・父と親子3代で出演している。

時代劇以外でも善悪問わず、飄々として柔軟な演技で親しまれている。多くの作品に出演しているが、中でも『信濃のコロンボ』(竹村岩男)『温泉若おかみの殺人推理』(中川有作)『釣りバカ日誌』(草森秘書室長)などが当たり役となり、シリーズ化されている。

第46回文化庁芸術祭賞受賞。

2006年9月21日に、25歳年下で当時25歳の前進座所属女優、瀬川寿子と再婚した[2]。 また30代の時、前妻との間に一人娘を儲けている。

ピアニストだった母の影響で、幼い頃ジャズに傾倒、12歳でベースを始め、中学生時代にバンド活動を開始。松原正樹安田裕美らと結成したジャズ/フュージョンバンドで自らエレクトリックベースを弾き作曲も手がける[3]。また、ベースを中心としたギターコレクターとしても知られている。特にジャコ・パストリアスの熱狂的なファンとしても知られており、2009年1月にはジャコが使用していたブラックのフェンダー・ジャズベース(シリアルナンバー#028100)を入手している[4]

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 月曜ゴールデン (TBS)
    • 萬屋長兵衛の隅田川事件ファイル(2008年11月17日) - 平瀬辰蔵 役
    • 赤かぶ検事奮戦記 京都転勤篇・悪夢の女相続人(2009年5月11日) - 検事・柊茂 役
    • 上条麗子の事件推理6(2009年7月6日) - 山本武蔵公認会計士
    • 萬屋長兵衛の隅田川事件ファイル2(2010年2月15日) - 平瀬辰蔵 役
    • 釣り刑事(2010年9月6日) - 主演・鈴木五右衛門 役
    • 赤かぶ検事奮戦記2-悪女の証言-(2010年10月18日) - 主演・柊茂 役
    • 釣り刑事2(2011年5月9日) - 主演・鈴木五右衛門 役
    • 赤かぶ検事奮戦記3(2011年11月14日) - 主演・柊茂 役
    • 釣り刑事3(2012年8月27日) - 主演・鈴木五右衛門 役
    • 赤かぶ検事奮戦記4(2012年12月10日) - 主演・柊茂 役
    • 釣り刑事4(2013年9月30日) - 主演・鈴木五右衛門 役

映画[編集]

舞台[編集]

  • 元禄夫婦合戦(2008年)新歌舞伎座、中日劇場、明治座
  • 最後の忠臣蔵(2009年12月明治座、2010年10月中日劇場)
  • 女は遊べ物語(2010年9月、明治座

ラジオドラマ[編集]

  • FMシアター「窓」(NHK-FM、1999年)
  • FMシアター・青春アドベンチャー『魔岩伝説』遠山影元役・語り(NHK-FM 2011年)

ナレーション[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “中村梅雀さん、「前進座」退団し、フリーに - 文化・芸能”. asahi.com(朝日新聞社). (2007年9月12日). http://www.asahi.com/culture/stage/kabuki/TKY200709120072.html 2013年7月19日閲覧。 
  2. ^ この日を選んだのは奇しくも祖父・三代目中村翫右衛門、ドラマでも演じたことのある詩人の宮沢賢治。そして、ベーシスト、ジャコ・パストリアス、という敬愛する3人の命日であったため。
  3. ^ そもそもは「左手で強く低音部を弾くピアニストの母のピアノを聞いて育ち、クラシックを聞いても低音に耳が自然といくようになった」ことから興味を持ち始め、「エレキベースが欲しい」と父にねだったが、「歌舞伎に関係ない」と一蹴された。ただ三味線は幼少時から習わされており、家にあった三味線を改造してエレキ三味線を自作して弾いていた。ある日、友人の前でビートルズのポールのベースラインを、三味線で弾いてみせたところ「凄いね。でも三味線だとカッコ悪いね」と言われた事がベースに傾倒したきっかけだという。以来、父に怒られながらも演奏活動を続けていた一方で、祖父は「あれだけ熱中できるものならやらせてやれ。五線譜を読める役者がいるか?」と理解を示してくれたという。「信濃のコロンボ』中村梅雀、実は凄腕ベーシスト」”. ZAKZAK (2007年10月23日). 2013年7月9日閲覧。 および 「時代劇にベーシスト…変幻自在の中村梅雀、刑事挑戦」”. ZAKZAK (2008年12月11日). 2013年7月9日閲覧。
  4. ^ 楽器解説 / Bass No.0 Jaco Pastorius's Black Jazz Bass”. 中村梅雀 公式サイト. 2013年7月9日閲覧。 楽器の解説と共に入手までの顛末が記されている。

外部リンク[編集]