クリシャン・チャンダル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリシャン・チャンダル
كرشن چندر
誕生 1914年11月23日
インドの旗
死没 (1977-03-08) 1977年3月8日(62歳没)
職業 小説家
国籍 インドの旗
ジャンル 小説
代表作 『ペシャワール急行』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

クリシャン・チャンダルウルドゥー語كرشن چندر ‎、1914年11月23日 - 1977年3月8日)は、インド小説家。ウルドゥー語で創作し、ヒンディー語英語も用いた。ウルドゥー文学英語版ヒンディー文学英語版を代表する作家の一人。

生涯[編集]

パンジャーブ地方のワズィーラーバードの出身。父親はヒンドゥー教徒で、カシミールで暮らしたのちにラホールのF・C・カレッジに入学し、パンジャーブ大学英文学法学修士号を取得した。学生運動ベンガル地方に行って農村の現状を知り、パンジャーブ社会党に入党する。学生時代にカレッジの雑誌に短編小説を書き、ラホールの雑誌にも掲載された。その後はデリーラクナウで仕事につき、ボンベイで映画会社を設立するが倒産し、作家としての道を進む。インド独立運動のなかで設立された進歩主義作家協会に共鳴し、カルカッタ大会にはパンジャーブ代表として参加した。美食家、酒豪としても知られる一方で心臓発作を起こし、4度目の発作がもとで死去する。再婚に際してイスラム教改宗していたが、葬儀はヒンドゥー教式に行われた。

作品[編集]

多作であり、長編小説50作、短編小説は未発表のものを含めると500作を越すとも言われる。カシミールでの体験がもとで自然に対する畏敬の念を持ち続けた。リアリズムの手法を用いてインドの社会問題を接触的に題材とし、インド・パキスタン分離独立の動乱をもとにした短編集『我々は野蛮人だ』や、ベンガルの大飢饉英語版をもとにした『アンヌ・ダーター』などを書いた。

日本語訳著作[編集]

出典・脚注[編集]

  • 謝秀麗『ペシャワール急行』解説

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]