中野みゆき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なかの みゆき
中野みゆき
本名 中野みゆき
生年月日 (1971-10-20) 1971年10月20日(46歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
国籍 日本
民族 日本人
身長 163cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマバラエティー
活動期間 1986年 - 2001年
配偶者 川合俊一
主な作品
ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌
1999年の夏休み

中野 みゆき(なかの みゆき、1971年10月20日 - )は、東京都出身の女優堀越高等学校日出高等学校卒業。

所属事務所はヒラタオフィス[1]オスカープロモーション[2]オフィスまとば[3]

略歴[編集]

1985年12月、中学2年の時に母親と原宿を歩いていたところをスカウトされて芸能界入りする。

1986年より芸能活動を開始する。TBS系のドラマ『お坊っチャマにはわかるまい!』への出演が初仕事であった。

デビュー当初はアイドル雑誌の『大海賊』等でグラビアを飾ることが何度かあり、いわゆる「B級アイドル」として活動していた。後年は中野本人が雑誌のグラビアを苦手にしていたこともあり[2] 、青年雑誌等でグラビアを行うことは少なく、写真集やイメージビデオの刊行数も少なかった。

こざっぱりした美貌・スタイルのよさを誇る外見と勝気で気丈・アネゴ肌な内面を表現しうるキャラクターで、1980年代後半はマセた娘役やヤンキー役を当たり役とし、成人後は『極道の妻たち』に代表される押し出しの強い大人の色香ある女性を演じて、1990年代半ばまで活躍した。

デビュー当初から女優志望であり、雑誌のインタビュー等で女優でやっていきたいという思いを語っていた。

少し古風で気品のある顔立ちの為に時代劇との相性が良かったようで、『水戸黄門』や『大岡越前』といった時代劇のビッグタイトルへの出演も多く、武家の子女や裕福な商家の娘といった役柄を演じることが多かった。

1995年には、何度か出演していた『水戸黄門』のスピンオフ作品である『水戸黄門外伝 かげろう忍法帖』に、主役の由美かおるが演じる『水戸黄門』本編の人気キャラクターかげろうお銀の配下のくノ一・伽羅役で出演した。『水戸黄門』本編での定番であったかげろうお銀の入浴シーンやお色気シーンの路線を引き継ぎ、お銀をはじめとするかげろう組のくノ一達が毎回お色気で悪党を陥れて成敗するのが売りの作品であり、中野は主演ではなかったものの、全16話で毎回入浴シーンやお色気で男の悪人を誘惑して陥れるシーン、敵に捕まるピンチシーン等の見せ場があり、劇中で大いに存在感を発揮する。諸国を旅して悪を成敗するくノ一という役柄の為、毎回赤色の忍装束姿も含め、遊女や旅芸者や西洋ドレス等の様々なセクシーな衣装に扮することが多く、視聴者の人気を博した。

1997年9月、元バレーボール選手でタレントの川合俊一と結婚。川合は後に、結婚する1年程前から中野と同棲をしていたと語っている。結婚後は新たな仕事をしておらず、事実上の引退状態である。川合との間には子はないが、結婚以来良い意味で夫婦仲は変わらないという。

2000年11月23日放送のフジテレビ系の『クイズ$ミリオネア』のスペシャルで、川合が解答者として出演した際に応援で観覧席で参加していた。


人物[編集]

家族は両親と兄が1人の4人家族である。夫でタレントの川合俊一は個人投資家としての顔をもつが、川合はテレビ番組出演時に、中野の父親が証券会社の役員であり、義理の父親に色々と教えてもらったことがきっかけで投資を始めたと語っていた[4]

東京都出身ではあるが、父親の仕事の関係で中学までに9回の転校を経験している。小学校の入学式は大阪府吹田市の小学校で迎えたが入学の2カ月後に転校してしまい、小学校6年の卒業間近の頃にまた同じ小学校に転校してきたので、同じ小学校で入学式と卒業式を迎えたが、その間の6年間が無いという経験をしている。

転校が多かった為に小学校では臨海学校林間学校に行くことがなかった。また、デビュー当時の雑誌のインタビューでは、転校が多かった為か時々ルーツ不明の訛りが出ることをインタビュアーに指摘されている。

デビュー当初の雑誌のインタビューでは、好きな男性タレント、好みの男性のタイプに田原俊彦の名前を挙げていた。高校卒業後に発売したイメージビデオのインタビューでは、好みの男性のタイプについて「結構面食いなんです。顔が良くて、背が高くて体格がガッチリした人がいい」と語っていた。また雑誌のインタビューで、「母親が結婚したのが22歳の時だから、自分もそのぐらいで結婚したい。結婚したら仕事は辞めると思う」と語っていた(※実際には25歳の時に川合俊一と結婚して引退した)。

女優としての将来の目標に、伊藤かずえ篠ひろ子の名前を挙げていた。

中学の時の体育の成績は「2」で、あまり運動は得意ではないので『スケバン刑事Ⅲ 少女忍法帖伝奇』のアクションシーンでは監督に怒られっぱなしで苦労したとのこと。

1997年の結婚以降は中野本人が各メディアに露出することはなくなったが、夫でタレントの川合俊一がテレビ番組出演の際に家庭内の出来事について語ることがあり、その中で夫婦生活のことや中野の言動について語ることがある。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティー番組[編集]

舞台[編集]

  • 水戸黄門 〜御園座特別公演〜(1993年7月)
  • 源氏九郎颯爽記 華の剣 〜里見浩太朗新春公演〜(1995年1月、劇場飛天

CM[編集]

写真集[編集]

イメージビデオ[編集]

  • あなたが好き(1991年3月)

DVD[編集]

  • Legend Gold ~伝説のスーパーアイドル完全復刻版~ あなたが好き(2008年7月)
※1991年に発売されたイメージビデオのDVD化

脚注[編集]

  1. ^ スコラ株式会社スコラ、1989年10月12日号)p.214
  2. ^ a b アクションカメラ(ワニマガジン社、1992年2月号)p.8
  3. ^ 週刊TVガイド東京ニュース通信社、1995年6月24日-6月30日号)p.215
  4. ^ 有吉ゼミ 祝!開講2時間スペシャル』(日本テレビ系列、2013年9月9日放送)