まんがで読む古典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

まんがで読む古典』(まんがでよむこてん)は、NHKNHK総合テレビ)で1988年から1992年にかけて放送された教育番組のシリーズである。

1988年放送の第1作『まんがで読む枕草子』(まんがでよむまくらのそうし)の好評を受けて1989年よりシリーズ化され、のちに『枕草子』も当シリーズに組み入れられた。

なお本項では、レギュラー終了後の集中放送である『まんがで読む古典スペシャル』についても取り扱う。

番組構成[編集]

司会は、全シリーズとも清水ミチコが務めた。取り上げた作品の作者もしくは主人公を俳優が演じ、作品の成立背景などを解説する。作品は、始め原文が加賀美幸子の朗読つきで画面に現れ、次に該当部分を若者口調(橋本治が提唱する桃尻語訳)で現代語訳したものがアニメーション[1]で流れる一風変わったスタイルであった。『徒然草』からは専門家の解説コーナーが追加され、『伊勢物語』までは各回にゲストが登場した。

まんがで読む枕草子[編集]

橋本治『桃尻語訳 枕草子』(河出書房新社)がベース。

まんがで読む古典[編集]

主題歌:爆風スランプ「それから」

徒然草[編集]

第1回のみ、「放送ライブラリー」(神奈川県横浜市)にて視聴することができる。

更級日記[編集]

現在[いつ?]当作品は、NHKアーカイブス埼玉県川口市)内にある「番組公開ライブラリー」、または全国のNHK支局に併設されている同施設にて視聴することができる。

蜻蛉日記[編集]

伊勢物語[編集]

レギュラー放送は本作が最後となった[2]。原作者不明作品という性質上、作品の主人公役(在原業平)が登場する唯一の作品であった。

まんがで読む古典スペシャル[編集]

雨月物語[編集]

1990年の夏休み期間に集中放送[3]された。江戸時代の作品は本作が唯一である。

源氏物語[編集]

1991年の春休み期間に集中放送された。当作品が「まんがで読む古典」の最後の新作である。

単行本[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし、アニメーションといっても動きの乏しい紙芝居に近い。
  2. ^ 終了後は、NHK教育テレビにて過去作品が再放送された。
  3. ^ なお番組最後には、漫画化してほしい古典作品の募集告知が流れた。

外部リンク[編集]