天下を獲った男 豊臣秀吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

天下を獲った男 豊臣秀吉』(てんかをとったおとこ とよとみひでよし)は、1993年1月1日TBS系列で放映されたTBS大型時代劇スペシャルである。

概要[編集]

TBS大型時代劇スペシャルのシリーズの中で、『太閤記』以来、豊臣秀吉が二度目の主人公として描かれた。 脚本は二作とも高田宏治(『太閤記』は野波静雄と共同執筆)だが、ストーリー展開や登場人物は異なる。

群雄割拠の戦国時代に農民から戦国大名へと上りつめた木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)。彼が侍を志した若き日から、天下人となり大坂城を築くまでを描く。

史実とは大きく異なり、フィクションが随所に織り込まれている。

桶狭間の戦いの前に藤吉郎が今川軍に足軽として加わっていた頃より物語はスタートし、駿府城下で藤吉郎が徳川家康と知り合い、その後家康と同行した生駒屋敷で出会った商人・お耶耶に雇われて油売りの商人として奉公し、さらに生駒屋敷に出入りする織田信長の目に留まり織田家に武士として奉公するというストーリーになっている。

『太閤記』と比較すると、織田信長や明智光秀、おねの存在感が薄く、代わりに徳川家康や浅井長政、お市がクローズアップされている。 ラストシーンは秀吉と家康の大坂城での対面である。

あらすじ[編集]

駿府城内で行われた今川氏の家臣採用試験で、木下藤吉郎は散々な結果に終わった挙句、足軽組頭を殴って気絶させ、見せしめのために川へ放り込まれた。たまたま通りかかった侍に助けられたが、この侍こそ当時今川氏の人質になっていた松平元康、のちの徳川家康だった。なんとかして侍になりたい藤吉郎は、迷惑もお構いなしに今川義元から上洛時の先鋒を命ぜられていた元康のうしろにくっついていった…。


キャスト[編集]

スタッフ[編集]

TBS TBS大型時代劇スペシャル
前番組 番組名 次番組
平清盛
(1992)
天下を獲った男 豊臣秀吉
(1993)
大忠臣蔵
(1994)