田丸雅智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田丸 雅智(たまる まさとも、1987年 - )は日本小説家ショートショート作家。

経歴・人物[編集]

愛媛県松山市生まれ。愛媛県立松山東高等学校東京大学工学部、東京大学大学院工学系研究科卒。 星新一が「唯一の後継者」とした江坂遊が認めた作家であり、したがって、いわば「星新一の孫弟子」にあたる。ただし、作風は星新一とは大きく異なり、江坂遊の流れを汲む。 新世代ショートショートの第一人者で、お笑い芸人ピース又吉直樹や女優の中嶋朋子らが絶賛していることでも知られる。

作家としての歩み[編集]

2011年12月『物語のルミナリエ』に「桜」が掲載されデビュー。2012年3月には、江坂が選考委員の「樹立社ショートショートコンテスト」で「海酒」が最優秀賞受賞。

以降、ショートショート作家の代表として、ショートショートを専門にして執筆活動を行っている。また、執筆にとどまらず、小・中学校での出張授業や、一般向けのワークショップも開催している。第5回Twitter文学賞で『海色の壜』が国内2位。

2015年11月、自らが発起人となり、ショートショート大賞 (主催:キノブックス)を設立。同賞では審査員長も務め、後進の育成にも尽力する。

編著書[編集]

著書[編集]

編纂[編集]

寄稿・収録[編集]

外部リンク[編集]