芋生悠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いもう はるか
芋生 悠
生年月日 (1997-12-18) 1997年12月18日(20歳)
出生地 日本の旗 日本 熊本県
身長 164 cm[1]
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマCM
活動期間 2015年 -
事務所 ステッカー
公式サイト 公式プロフィール

芋生 悠(いもう はるか、1997年12月18日 - )は、日本女優である。

熊本県[1]出身。ステッカー所属。

略歴[編集]

熊本県に生まれる。ステッカーに所属している。

2014年、JUNONが開催した第3回目のジュノン・ガールズ・コンテストにて、10名のファイナリストのうちの1人に選ばれた。[2]

2015年4月から女優として主な活動を開始する。

人物[編集]

身長は164cm、体重は45kg。

特技は書道空手水泳長距離走百人一首バスケットボールなどを挙げている。特に書道は、師範の資格を取得している。

趣味は美術で、本人のTwitterなど、ネット上でいくつか描いた絵を見られる。高校も美術コースで、油絵専攻だった[3]

いちばん好きな映画として、ウォン・カーウァイ監督の『ブエノスアイレス』を挙げる[4]

「芋生」姓と同名の「芋生城」の城跡が、出身地である熊本県山鹿市に存在している[5]

エピソード[編集]

自画像が学校の文集の表紙に選ばれたことから絵が好きになる。中学時代には不登校気味だった時期があり、登校しても美術室にこもっていたという。高校では美術科を選んだが、自画像しか描けずにいた。しかし、描くことで表現欲が強くなり、ジュノン・ガールズ・コンテストへの応募を決めた[5]

書道で師範の腕前を生かし、ファースト写真集『はじめての舞台』(2018年)では題字を書いている[4]。同書はアイドル的な作りではなく、前年の初舞台『欲浅物語』のドキュメンタリー写真集となっている[5]。当初は2日か3日くらいで撮る予定だったが、カメラマンの岩澤高雄の意向で、約1か月をかけての密着撮影となった[6]

仲の良い武田梨奈に刺激され、空手の道場に再び通い出す[7]

温泉が好きで、2週間に1回は温泉に行っている。唐田えりかは温泉友達。[8]

出演[編集]

映画[編集]

  • バレンタインナイトメア(2016年1月23日、今野恭成監督) - 佐山祐子 役[9]
  • 爛れ(2016年2月12日、桜美林大学2015年度卒業制作) - 主演・朝倉美優紀 役
  • マスタードガス・バタフライ(2016年2月20日、たまふぃるむ2016、広瀬有紀監督) - 主演・麻知子 役
  • それからのこと、これからのこと(2016年6月19日、田辺・弁慶映画祭セレクション2016、石橋夕帆監督) - 主演・菜央 役[10]
  • TOKYO CITY GIRL2016~LOCAL→TOKYO(2016年12月3日、志真健太郎監督) - 役名不明[11]
  • 朝をこえて、星をこえて(2017年1月30日、はすだfurureプロジェクト、野本梢監督) - 主演・少女 役[12]
  • 傷だらけの悪魔(2017年2月4日、山岸聖太監督) - 近藤千穂 役[13]
  • Piece of Tokyo とうときょう(2017年2月) - 役名不明
  • ファットボーイ&スリムガール(2017年3月2日、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017、かげやましゅう監督) - かまちのりこ 役
  • 黄泉の国のオオマガさま(2017年3月2日、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017、百武朋監督) - 主演・ハルカ 役
  • ポップ・ロック・ビルディング(2017年3月2日、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017、かげやましゅう監督) - 小日向ヨーコ 役[14]
  • アオとシオリ(2017年4月9日、吉川涼監督) - 主演・アオ 役
  • トモシビ(2017年5月20日、杉山泰一監督) - 新谷絵麻 役[15]
  • 東京喰種トーキョーグール (2017年7月29日、萩原健太郎監督) - 女子高校生 役
  •  ; the eternal / spring(2017年8月16日、ぴあ、児山拓大監督) - emou. 役
  • ユリゴコロ(2017年9月23日、熊澤尚人監督) - 安藤 役
  • Amy said(2017年9月30日、村本大志監督) - 役名不明[16]
  • 斉木楠雄のΨ難(2017年10月21日、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント / アスミック・エース福田雄一監督) - 水島流華 役
  • えのしまピエロ(公開日未定、今関あきよし監督) - 主演・ピエロ 役
  • 彼女のひまわり(2017年12月、川崎僚監督) - 主演
  • ピンカートンに会いにいく(2018年1月20日、松竹ブロードキャスティング、坂下雄一郎監督) - 五十嵐かおり(アイドル時代) 役
  • 野球部員、演劇の舞台に立つ!~甲子園まで642キロ(2018年2月24日、京映アーツ、中山節夫監督) - 川上智花 役
  • ひとひら(2018年3月24日、早稲田松竹、吉田奈津美監督) - いずみ 役
  • このまちで暮らせば(2018年7月14日、高橋秀綱監督) - 藤城緑 役
  • 左様なら(2018年11月公開予定、ぴあ、石橋夕帆監督) - 主演・岸本由紀 役

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

CM・広報[編集]

  • FM802 2015年ACCESSキャンペーン Sugar & The Radio Fire「Music Train ~春の魔術師~」 店頭VP+WEB(2015年4月1日 - 5月31日)[注 2]
  • 兵庫大学 「現代ビジネス学科 2016年4月開設」(2015年7月5日 - )
  • アシックス 「オリンピック用CM」(2015年12月29日 - )
  • PS4 「進撃の巨人」(2016年2月6日 - )
  • 南日本酪農協同 「スコール」(2016年3月20日 - )
  • モスバーガー 「テリヤキの旬」篇(2016年3月22日 - )
  • スシロー 「これぞ、職人気質。これぞ、スシロー」篇(2016年4月18日 - )
  • 中田食品 「梅なでしこ」(2016年5月31日 - )
    • 「梅なでしこ 夏」編
    • 「梅ぼし田舎漬 夏」編
  • ネッツトヨタ熊本 「海を届ける」(2016年6月1日 - )
  • パナソニック エイジフリー「生活リハビリ」篇(2016年6月11日 - )
  • 東京エレクトロン 「My IoT」篇(2016年11月27日 - )
  • docomo×SNOW 「最後くらい盛らせろ - 卒業"盛ルバム"」篇(2017年1月17日 - )
  • ちふれ (2017年3月15日 - )
    • 「ちふれ 美白 うるおい ジェル/使命」篇
    • 「ちふれ 約束」篇

PV[編集]

  • SCANDAL 「テイクミ―アウト」(2016年7月27日)
  • YANAKIKU 「FUNK★JAPAN」(2016年12月14日)
  • YUMEGIWA GIRL FRIEND 「ギターロック」(2017年1月18日)
  • SHISHAMO 「明日メトロですれちがうのは、魔法のような恋」(2017年春)[注 3]
  • 欅坂46 「不協和音」 type-D収録 菅井友香個人MV「未来のわたしへ」(2017年4月2日)
  • mock heroic 「恋をする」(2017年10月4日)

書籍[編集]

写真集[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ アニメーションで声の出演。
  2. ^ スガシカオによる書き下ろし曲。
  3. ^ ワンマンツアーDVD内の映像に出演。

出典[編集]

  1. ^ a b 公式プロフィール”. ステッカー. 2017年8月9日閲覧。
  2. ^ JUNONプロデュース ガールズコンテスト”. JUNON. 2017年9月7日閲覧。
  3. ^ アップトゥボーイ 2018年6月号増刊「UTB:h 2018SPRING Vol.3」(ワニブックス)p.61
  4. ^ a b “死んでもいいくらい役に命を注ぎたい…清野菜名の後輩・芋生悠(3)”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年3月5日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/05/0011040568.shtml 2018年3月5日閲覧。 
  5. ^ a b c d “コンテストでは浮いていたらしくて…清野菜名の後輩・芋生悠(1)”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年3月5日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/05/0011040556.shtml 2018年3月5日閲覧。 
  6. ^ “これが私と自信を持って言える初の写真集…清野菜名の後輩・芋生悠(2)”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年3月5日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/05/0011040560.shtml 2018年3月5日閲覧。 
  7. ^ “清野さんはすごく尊敬してるけど勝ちにいきたい…清野菜名の後輩・芋生悠(4)”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2018年3月5日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/03/05/0011040564.shtml 2018年3月5日閲覧。 
  8. ^ “初出演の舞台裏に迫ったドキュメンタリー写真集『はじめての舞台』!!新人女優・芋生悠が語る目指す未来”. 電子書籍ランキング.com. (2018年5月7日). https://電子書籍ランキング.com/interview47-imouharuka/3/ 2018年5月7日閲覧。 
  9. ^ 映画『バレンタインナイトメア』”. シネマトゥデイ. 2017年9月7日閲覧。
  10. ^ movies|それからのこと、これからのこと”. Yuho Ishibashi. 2017年9月7日閲覧。
  11. ^ 映画『マイナビpresents TOKYO CITY GIRL-2016-』公式サイト”. 2017年9月7日閲覧。
  12. ^ はすだFutureプロジェクト|映画製作”. はすだFutureプロジェクト. 2017年9月7日閲覧。
  13. ^ 映画『傷だらけの悪魔』公式サイト”. KIZUAKUフィルムパートナーズ. 2018年10月12日閲覧。
  14. ^ ポップロックビルディング|ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2017”. YUBARI INTERNATIONAL FANTASTIC FILM FESTIVAL. 2017年9月7日閲覧。
  15. ^ 映画『トモシビ』公式サイト”. トモシビパートナーズ. 2017年9月7日閲覧。
  16. ^ 映画『AMY SAID エイミー・セッド』公式サイト”. 「AMY SAID」製作委員会. 2017年9月7日閲覧。
  17. ^ TVドラマ『サチのお寺ごはん』公式サイト”. 「サチのお寺ごはん」製作委員会. 2017年9月7日閲覧。
  18. ^ “異彩放つ19歳の新人女優・芋生悠、『欲浅物語』で初舞台を踏む「表現欲が抑えきれないんです」”. Deview-デビュー (oricon ME). (2017年10月14日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2098986 2018年2月12日閲覧。 
  19. ^ “19歳の新人女優・芋生悠、「はじめて」を閉じ込めた初写真集発売決定”. Deview-デビュー (oricon ME). (2017年12月7日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2101938 2018年2月12日閲覧。 

外部リンク[編集]