一尾直樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いちお なおき
一尾 直樹
生年月日 1965年
出生地 三重県
国籍 日本の旗 日本
職業 映画監督
ジャンル 映画
公式サイト 一尾直樹 website

一尾 直樹(いちお なおき、1965年 - )は、日本映画監督三重県出身、名古屋市在住。

経歴[編集]

三重県鈴鹿市出身。三重県立津高等学校卒業。名古屋大学文学部哲学科(美学美術史)卒業。

名古屋大学の映画研究会で自主製作映画(当時は8mmフィルム)に出会った。

大学卒業後、NHK名古屋局のラジオドラマ脚本募集に応募し、3年連続で入賞した。ラジオドラマ作家としてスタートを切った。

1996年、作・演出を手がけた舞台「デス・オブ・ア・ポリティカル・ボーイ」が演劇祭でグランプリを受賞した。審査委員長の筒井康隆が激賞したとされる。

2000年、脚本・監督を兼ねた劇場公開映画「溺れる人」を製作した。各国の国際映画祭に招待されるなど、注目を受けた。

2009年、6年越しの企画であった映画「心中天使」を完成させた。

2010年、2月から「心中天使」が劇場公開される。

また、愛知淑徳大学文化創造学部や専門学校名古屋ビジュアルアーツなどに出講し、映画論を講じている。

監督作品[編集]

外部リンク[編集]