山岸門人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
やまぎし もんど
山岸 門人
生年月日 (1982-03-31) 1982年3月31日(36歳)
出生地 東京都
国籍 日本の旗 日本
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 舞台、映画、ドラマ、アニメ
活動期間 2000年 - 現在
事務所 マッシュ

山岸 門人(やまぎし もんど、1982年3月31日 - )は、日本俳優東京都出身。関東国際高等学校演劇科卒業。所属事務所はマッシュ。

来歴・人物[編集]

東京都板橋区出身。関東国際高等学校演劇科卒業。2008年から8年間所属していた劇団鹿殺しを2015年9月に退団した。

出演[編集]

舞台[編集]

  • 劇団ビタミン大使「ABC」 Vol.28『ザ・ストーカーズ』(2003年) 〜 Vol.35『君のビート』(2006年)
  • パルコプロデュース『志の輔らくご』(2004年)
  • マンガボーイズ Vol.2『マンガボーイズのドゥドゥドゥ!』(2005年) 〜 Vol.08『S/M/L Selection of Mangaboyz Live』(2007年)
  • ネルケプランニング『スクールランブル』(2005年)
  • パルコプロデュース『志の輔らくご』(2006年)
  • 劇団マッチョドラゴン 第一回公演『おーい竜馬!青春編』(2006年)
  • パルコプロデュース『志の輔らくご』(2007年)
  • 劇団マッチョドラゴン 第二回公演『yojiros』(2007年)
  • 劇団鹿殺し 第十七回公演『2008改訂版・百千万』(2008年)
  • ラドママ・プロデュース『アリスマテリアル』(2008年)
  • 劇団鹿殺し オルタナティブズVol.3『轟きのうた』(2008年)
  • 劇団鹿殺し 第十八回公演『電車は血で走る』(2008年)
  • 劇団鹿殺し 第十九回公演『ベルゼブブ兄弟』(2009年)
  • 劇団鹿殺し 第二十回公演・回帰『赤とうがらし帝国』(2009)
  • 劇団鹿殺し 十周年記念公演第一弾『スーパースター』(2010年) ※第55回岸田國士戯曲賞候補作
  • 劇団鹿殺し 十周年記念ロングラン公演『電車は血で走る(再演)』(2010年)
  • tiptapプロデュース『宇宙ダイヤモンド』(2010年)
  • 劇団鹿殺し 本多劇場進出公演『僕を愛ちて。〜燃える湿原と音楽〜』(2011年)
  • 青山円形劇場プロデュース 『CLOUD』(2011年、構成・演出:鈴木勝秀
  • 劇団鹿殺し 夏の女優祭り『岸家の夏』(2011年)
  • 劇団鹿殺し 紀伊國屋ホール進出公演『青春漂流記』(2012年)
  • パルコプロデュース『テキサス-TEXAS-』(2012年、作:長塚圭史/演出:河原雅彦
  • 『LYNX Live Dub vol.1 LYNX』(2012年、構成・演出:鈴木勝秀)
  • 劇団鹿殺し ロックオペラ『田舎の侍』(2012年)
  • 『LYNX Live Dub vol.3 HYMNS』(2012年、構成・演出:鈴木勝秀)
  • 劇団鹿殺し 音楽劇『BONE SONGS』(2013年)
  • ぬいぐるみハンター 『ベッキーの憂鬱』(2013年、作・演出:池亀三太
  • 劇団鹿殺し充電前公演『無休電車』(2013年)
  • 鈴木勝秀(suzukatz.)-131115『NAKED』(2013年、構成・演出:鈴木勝秀)
  • 『授業』(2013年、作:イヨネスコ/演出:鈴木勝秀)
  • Bunkamura25周年記念公演『もっと泣いてよフラッパー』(2014年作・演出:串田和美
  • マサ子の間男『あなたと轍』(2014年、作・演出:福田転球
  • OFFICE SHIKA PRODUCE『山犬』(2014年、作・演出:丸尾丸一郎
  • 劇団鹿殺し『ランドスライドワールド』(2015年、作:丸尾丸一郎/演出:菜月チョビ
  • ロック☆オペラ『サイケデリック・ペイン』(2015年、作:森雪之丞/音楽:布袋寅泰/演出:茅野イサム
  • 劇団鹿殺しロックオペラ『彼女の起源』(2015年、作:丸尾丸一郎/演出:菜月チョビ)
  • ブルドッキングヘッドロック『1995』(2015年、作・演出:喜安浩平
  • 『ホテル・カルフォリニア〜HOTEL CALFORINIA〜』(2016年、原作:すぎむらしんいち(講談社)/脚本・演出:大堀光威
  • 芸劇+トーク 朗読『東京』(2016年、作:前田司郎「グレート生活アドベンチャー」/演出:眞鍋卓嗣(俳優座))
  • 『歌喜劇/市場三郎〜温泉宿の恋』(2016年、脚本:福田転球/演出:河原雅彦)
  • 『男と女』(2016年12月27日 - 28日、構成・演出・出演:山岸門人・神戸アキコ)
  • ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念*ブス会 リーディング『男女逆転版・痴人の愛』(2017年7月15日 - 16日、脚本・演出:ペヤンヌマキ)
  • ブルドッキングヘッドロックvol.29『田園にくちづけ』(2017年9月22日 - 10月1日、作・演出:喜安浩平)
  • ペヤンヌマキ×安藤玉恵 生誕40周年記念*ブス会『男女逆転版・痴人の愛』(2017年12月8日 - 19日、脚本・演出:ペヤンヌマキ)
  • ミュージカル「アメリ」(演出:児玉明子/2018.5.18〜)

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

CD[編集]

  • 劇団鹿殺しRJP 1stアルバム『劇団鹿殺しRJP』
  • 劇団鹿殺しRJP 2ndアルバム『肉体と魂』
  • 平理とん平&天神耕介『THE BEST OF U-17 PLAYERS III かませ犬のブルース』
  • 劇団鹿殺しRJPベストアルバム『ベストだぴょん!』

その他[編集]

  • ラジオCM『ピノ』(2005年)
  • ラジオCM『au リスモ編』(2006年)
  • ゲーム『家庭教師ヒットマンREBORN!DS』(2009年)
  • webムービー「NTTコミュニケーションズ」(2010年)
  • アース製薬 バスロマンCM(2012年)
  • アイリスオーヤマ ケンポナシ茶CM(2012年)
  • Live テニプリフェスタ2013(2013年)
  • WEB-MOVIE「江崎グリコ GABA 亀田興毅『FIGHT×STRESS』篇」(2016年)
  • TV-CM リンナイ「ガス衣類乾燥機 乾太くん」(2016年)
  • TV-CM 森永製菓ダース「毎日ダースの日篇」(2016年)
  • TV-CM ユーキャン「変わる、きっかけ。 〜いいねほし子〜」(2017年)
  • TV-CM ニベア花王8×4 MEN デオドラントボディウォッシュ「寝起き臭ブロック 川島篇」(2017年)
  • 劇ラヂ!ライブ2017「ふたり暮らし」(2017年5月5日、NHKラジオ第1、作・演出:ペヤンヌマキ)
  • WEB-MOVIE PS4®「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』特別映像「止まらない山田孝之の妄想 ~大画面でドラクエXI~篇」(2017年)
  • 空中メトロ「undying love」MV(2017年、監督:西村広揮)
  • 雑誌「シアターガイド」連載『わたしの今月』(2017年9月1日発売号から)
  • ゲームアプリ「新テニスの王子様 RisingBeat」(平理とん平役 声の出演/2017年)
  • ラジオドラマ FMシアター「百八つの人助け」(NHK-FM/作:鈴木絵麻、演出:真銅健嗣/2017年)
  • Netflixドラマ「炎の転校生 REBORN」TV-CM『全員、駆?』篇(2017年)
  • TV-CM「ノジマ」(ノジマ役/2017年)
  • TBSラジオ「ラジオシアター〜文学の扉」(2018年2月18日、25日)
  • TV-CM サッポロ「麦のくつろぎ」天の声ナレーション (2018)

外部リンク[編集]