御法川修

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みのりかわ おさむ
御法川 修
生年月日 (1972-04-02) 1972年4月2日(46歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県
ジャンル 映画監督
主な作品

映画
世界はときどき美しい
人生、いろどり

すーちゃん まいちゃん さわ子さん

御法川 修(みのりかわ おさむ、1972年4月2日 - )は、日本の映画監督静岡県下田市出身。

来歴・評価[編集]

1991年より助監督として従事。崔洋一村川透原隆仁渡邊孝好古厩智之中江裕司など、多くの監督のもとで経験を積む。[1]『エレファントソング』(1994年/利重剛監督)では助監督と共同脚本を兼任する。(この作品は、ベルリン国際映画祭95ヤングフォーラム部門に出品され、最優秀アジア映画賞に当たるNETPAC賞を受賞)

2006年、劇場用映画監督デビュー作となる『世界はときどき美しい』を発表。第19回東京国際映画祭「日本映画ある視点」部門に出品される。[2]

2008年、ドキュメンタリー映画『色彩の記憶』を完成。 ゆふいん文化・記録映画祭「第一回 松川賞」に選出された他、2009年にフランスで開催されたKINOTAYO現代日本映画祭で芸術協会賞(Prix du comité artistique)を受賞。

2009年、映画俳優松田優作の没後20年、生誕60年のメモリアルとして製作されたドキュメンタリー映画 『SOUL RED 松田優作』を監督。 第22回東京国際映画祭の特別招待作品としてお披露目された後、全国公開。

2012年、長編劇映画としては第一作となる『人生、いろどり[3] を監督。第37回湯布院映画祭の特別試写作品としてお披露目。先行上映された徳島県内2館の観客動員は公開2週間で1万人を突破。

2013年、益田ミリ原作の人気コミックを映画化した『すーちゃん まいちゃん さわ子さん[4] [5] を監督。第25回東京国際映画祭の特別招待作品[6] としてお披露目された後、全国公開。

2016年、『泣き虫ピエロの結婚式[7] [8] が公開。

最新作『母さんがどんなに僕を嫌いでも[9] [10] が2018年11月16日公開。

主な監督作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

  • ホテル時間旅行~クラシックホテル憧憬 「メルヘンの生まれた森」(BS日テレ/2012年8月24日放送)
  • 恋愛体感「モトカレ Episode3 最低なアイツと最高のクリスマス」(UULA/2013年12月11日より配信)
※出演:中村蒼丸高愛実
Letter3 「キミに読む手紙」(2014年1月20日放送)
※出演:石井杏奈(E-girls)/桜田通
Letter5 「あたしをしらないキミへ」(2014年2月3日放送)
※出演:藤井夏恋(E-girls/Happiness)/浅香航大
※出演:佐藤二朗菊池亜希子城戸愛莉野間口徹宍戸開志賀廣太郎左とん平
※出演:相武紗季松本まりか瀧内公美佐久間麻由(2014年12月2日放送)
※出演:佐藤めぐみ田中美保佐藤仁美(2015年2月3日放送)
※出演:トリンドル玲奈森カンナ新木優子徳永えり
※出演:川島海荷浅香航大
※出演:入山法子志尊淳竹財輝之助柳ゆり菜野呂佳代
※出演:鈴木亮平石橋杏奈山崎育三郎市川実日子神野三鈴平田満
※出演:水川あさみ田中圭眞島秀和栁俊太郎多岐川裕美村上弘明

MV[編集]

※出演:柄本佑泉里香
※アニメ「宇宙兄弟」エンディングテーマ
鈴木おさむ “泣けるMusic Video”プロジェクト 出演:ムロツヨシ梅宮万紗子
ユナイテッド・シネマ グループ 夏のイメージソング
※出演:多岐川裕美[18]

CM[編集]

  • クボタ「過去と未来(eプロジェクト・地球小屋)」篇(2009年)
※第49回「消費者のためになった広告コンクール」金賞

脚注[編集]

  1. ^ 映画監督・御法川修/崔洋一監督の家まで押しかけ“弟子入り志願””. ZAKZAK(夕刊フジ). 2018年6月24日閲覧。
  2. ^ 第19回東京国際映画祭開幕!”. fjmovie.com. 2006年10月21日閲覧。
  3. ^ 葉っぱを売って年商2億円!今、おばあちゃんが元気!”. シネマトゥデイ. 2012年7月4日閲覧。
  4. ^ 柴咲コウ、真木よう子、寺島しのぶらが撮影現場を振り返る”. MOVIE Collection. 2013年2月6日閲覧。
  5. ^ 御法川修監督が解説!『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の楽しみ方”. ぴあ映画生活. 2013年8月19日閲覧。
  6. ^ 第25回 東京国際映画祭・特別招待作品”. 第25回東京国際映画祭. 2012年10月24日閲覧。
  7. ^ 志田未来と竜星涼がW主演、「泣き虫ピエロの結婚式」映画化”. 映画ナタリー. 2016年4月26日閲覧。
  8. ^ 御法川修監督インタビュー”. intro.ne.jp. 2016年10月3日閲覧。
  9. ^ 太賀&吉田羊が壮絶親子に!”. シネマトゥデイ. 2018年3月12日閲覧。
  10. ^ “誰も見たことがない太賀と吉田羊”に出会える感涙の実話の映画化”. cinefil. 2018年5月11日閲覧。
  11. ^ 「マメシバ一郎」が映画&ドラマで今夏復活”. 映画.com. 2014年6月3日閲覧。
  12. ^ ドラマ版『わたプロ』の「未婚のプロ」13人が出揃う”. cinemacafe.net. 2014年10月30日閲覧。
  13. ^ ドラマ『きみはペット』予告編&放送日”. cinemacafe.net. 2016年12月22日閲覧。
  14. ^ 鈴木亮平、若き日の宮沢賢治に!”. 映画.com. 2017年3月15日閲覧。
  15. ^ 「宮沢賢治の食卓」舞台挨拶”. 映画ナタリー. 2017年6月15日閲覧。
  16. ^ 水川あさみが官能ドラマに挑む『ダブル・ファンタジー』”. CINRANET. 2018年2月22日閲覧。
  17. ^ 連続ドラマW『ダブル・ファンタジー』村山由佳インタビュー”. ダ・ヴィンチニュース. 2018年6月6日閲覧。
  18. ^ “カサリンチュ、新曲「セーターと三日月」のMVが公開!”. POPSCENE. http://popscene.jp/foundit/038373.html 2017年12月22日閲覧。 

外部リンク[編集]