桑原亮子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
桑原 亮子
プロフィール
誕生日 1980年(41 - 42歳)
出身地 日本の旗 日本 京都府京都市
主な作品
テレビドラマ心の傷を癒すということ
舞いあがれ!
受賞
第41回創作ラジオドラマ大賞 奨励賞
『星と絵葉書』
第35回BKラジオドラマ脚本賞 最優秀賞
『夏の午後、湾は光り、』
第54回ギャラクシー賞 奨励賞
『冬の曳航』
第72回文化庁芸術祭 優秀賞
『冬の曳航』
テンプレートを表示

桑原 亮子(くわはら りょうこ、1980年[1] - )は、日本脚本家歌人[2]

京都府京都市出身[3]、在住[4]早稲田大学第一文学部[5][6]卒業。シナリオ・センター大阪校出身(60期)[7][8]。「」短歌会会員[9]中途失聴による重度の聴覚障害を持つ[10][11]

略歴[編集]

小学6年生の頃よりだんだん耳が聞こえにくくなり、中学進学後に原因不明の感音性難聴と診断される[1]兵庫県西宮市の私立中学に進学し同市内の祖母宅に下宿して学校に通い、中学2年時には阪神淡路大震災で被災している[3][4][11]

大学進学後はハンディキャップを補いたいとして弁護士資格の取得を目指すものの、難聴がさらに悪化して20歳を迎える頃には人の声が全く聞き取れなくなる[4][11]。弁護士の夢を諦めかけた時に書店の店頭で一般の人が投稿した詩・童話を掲載する文芸雑誌に出会い、「もしかしたら、書けるのではないかな」と大学在学中より童話や詩を書いて出版社へ投稿を始め、童話が雑誌に掲載されたことで「書く仕事をしたい」と決心する[5][10]。大学卒業後には、「昔から映画やドラマが好きで多く見ているうちに、自分でも書きたくなった」としてシナリオ・センター大阪校にてシナリオを学び、20代半ばからシナリオを書き始める[7]。また、2008年に「」短歌会に入会し短歌も本格的に始めて、2010年には初挑戦で翌2011年1月の「歌会始の儀」の入選者10人に選出されている[5]

2013年に『星と絵葉書』により第41回創作ラジオドラマ大賞にて奨励賞を、翌2014年には『夏の午後、湾は光り、』でNHK大阪放送局が主催する第53回BKラジオドラマ脚本賞にて最優秀賞を受賞して、本格的に脚本家の道に進む[1][10]。「言葉だけで、聴いてる人が想像できるようになっている」ことが面白いとラジオドラマに取り組み[10]平成29年(2017年)度の第72回文化庁芸術祭にて優秀賞を受賞したFMシアター『冬の曳航』などの作品で注目を浴びる[4]

一方で、2015年にはNHK Eテレバリバラ特集ドラマ『禁断の実は満月に輝く』で初めてテレビドラマの脚本を手掛け[12]、2020年1月には自らの震災体験ももとに執筆したNHK土曜ドラマ心の傷を癒すということ』で初めて連続ドラマの脚本を担当する[4][11]

2021年8月27日、NHKの2022年度下半期連続テレビ小説ドラマ『舞いあがれ!』の脚本を担当することが発表された。ヒロインは福原遥が務める。

受賞歴[編集]

  • 第41回創作ラジオドラマ大賞 奨励賞(『星と絵葉書』)
  • 第35回BKラジオドラマ脚本賞 最優秀賞(『夏の午後、湾は光り、』)
  • 第54回ギャラクシー賞 ラジオ部門 奨励賞(『冬の曳航』)
  • 平成29年度(第72回)文化庁芸術祭賞 ラジオ部門 ドラマの部 優秀賞(『冬の曳航』)

作品[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • FMシアターNHK-FM
    • 星と絵葉書(2013年9月14日)[2]
    • 夏の午後、湾は光り、(2015年3月21日)
    • 沈黙とオルゴール(2015年5月30日)
    • ティティヴィルスの見えない蜂(2016年4月9日)
    • 冬の曳航(2017年1月14日)
    • 声命線(2017年12月2日)
    • AI(アイ)は故障中(2018年6月23日) - 平成30年度文化庁芸術祭参加作品
    • ものがたる機械(2020年4月11日)
    • ユーフォリア~わたしの幸福論(2020年9月12日)

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 禁断の実は満月に輝く”. バリバラ. 日本放送協会. 2020年5月24日閲覧。
  2. ^ a b FMシアター『星と絵葉書』〜脚本・桑原亮子さんからのメッセージ〜”. NHKドラマ. スタッフブログ. 日本放送協会 (2013年9月3日). 2014年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月24日閲覧。
  3. ^ a b 桑原亮子 (2020年1月18日). 桑原亮子さん脚本のドラマ、『心の傷を癒すということ』が、1月18日、夜9時より放送開始!. インタビュアー:片岡. シナリオ・センター大阪校. 月刊「シナリオ教室」 大阪校だより.. https://scenario-center.com/voice/%E3%81%93%E3%81%AE%E4%BA%BA%E3%81%AB%E8%81%9E%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%EF%BC%81%E5%A4%A7%E9%98%AA%E6%A0%A1%E7%AA%81%E6%92%83%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%EF%BC%81#2020_1 2020年5月24日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f 高松浩志 (2020年1月18日). “震災で奔走の精神科医、NHKドラマに 脚本は被災女性”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/articles/ASN1K7VNDN1FPTIL00D.html 2020年5月24日閲覧。 
  5. ^ a b c 成田有佳 (2010年12月24日). “歌会始の儀:入選者10人発表 皇居で来月14日”. 毎日新聞. オリジナルの2010年12月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101227050534/http://mainichi.jp/select/wadai/news/20101224k0000m040093000c.html 2020年5月24日閲覧。 
  6. ^ 第15回ACC学生CMコンクール ラジオCM部門大賞受賞 桑原 亮子さん”. 早稲田ウィークリー. ぴーぷる. 早稲田大学学生部 (2003年1月16日). 2020年5月24日閲覧。
  7. ^ a b 桑原亮子 (2013年6月30日). 桑原さん、第41回創作ラジオドラマ大賞にて奨励賞受賞!. インタビュアー:臼井. シナリオ・センター大阪校. 月刊「シナリオ教室」 大阪校だより.. https://scenario-center.com/voice/%E3%81%93%E3%81%AE%E4%BA%BA%E3%81%AB%E8%81%9E%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F%EF%BC%81%E5%A4%A7%E9%98%AA%E6%A0%A1%E7%AA%81%E6%92%83%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%EF%BC%81#2013_07 2020年5月24日閲覧。 
  8. ^ 『心の傷を癒すということ』を書いて/脚本家 桑原亮子さん”. シナリオ教室 ONLINE. シナリオ・センター (2020年4月9日). 2020年5月24日閲覧。
  9. ^ 「母の友」11月号(藤田)”. 」短歌会. ブログ (2010年10月26日). 2020年5月25日閲覧。
  10. ^ a b c d ラジオドラマは“音の宇宙船” ―脚本家 桑原亮子―”. ハートネット. ろうを生きる 難聴を生きる. 日本放送協会 (2017年1月17日). 2020年5月24日閲覧。
  11. ^ a b c d e 松浦隆司 (2020年1月12日). “震災体験が糧…聴覚障害持つNHK番組脚本家の思い”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/column/naniwa/news/202001110001015.html 2020年5月24日閲覧。 
  12. ^ 番組詳細 12月13日(日) O.A ドラマ「禁断の実は満月に輝く」〜前編〜”. バリバラ. 日本放送協会 (2015年12月13日). 2020年5月24日閲覧。