宅間孝行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
たくま たかゆき
宅間 孝行
本名 宅間 孝行[1]
別名義 サタケ ミキオ
生年月日 (1970-07-17) 1970年7月17日(48歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都[1]
身長 180 cm[1]
血液型 B型[2]
ジャンル 俳優脚本家演出家映画監督
活動期間 1997年 -
配偶者 大河内奈々子2006年 - 2012年
所属劇団 東京セレソン/東京セレソンデラックス1997年 - 2012年
TAKUMA FESTIVAL JAPAN(タクフェス)(2013年 - )
事務所 テイクオフ
公式サイト 宅間孝行公式サイト

宅間 孝行(たくま たかゆき、1970年7月17日[1] - )は、日本俳優脚本家演出家映画監督。本名、同じ。旧ペンネーム、サタケ ミキオ

東京都出身。早稲田大学中退。劇団「東京セレソンデラックス」主宰を経て、演劇プロジェクト「TAKUMA FESTIVAL JAPAN(タクフェス)」主宰[1]。所属事務所はテイクオフ

血液型はB型[2]

来歴・人物[編集]

早稲田大学本庄高等学院卒業後早稲田大学を中退[3]

24歳の時に俳優養成所に入るが、ベテラン俳優ですらアルバイトをしなければ食べていけない現実を知り、それなら自分で劇団を作ってその看板役者になればいいと考え[4]1997年武田秀臣とともに劇団『東京セレソン』を旗揚げ。主宰を務めると同時に座付作家、演出家、役者も兼ねる。

10年がんばっても芽が出なければきっぱり役者は辞めると決めていたが、自分で決めたタイムリミットまであと2年となっていた時、公演を見たテレビのプロデューサーから声がかかり、フジテレビ系昼ドラマ『貫太ですッ!』のサブレギュラーに起用され、共演した石倉三郎に俳優としての人生にお墨付きをもらう[4]

2008年には映画『同窓会』で監督デビューを果たす[4]

脚本家としてはサタケミキオ名義で活動していたが、2009年より脚本家・俳優・演出ともに「宅間孝行」名義に統一した[1][注 1]

2012年の解散まで劇団「東京セレソンデラックス」の主宰を務め、その後2013年より演劇プロジェクト「TAKUMA FESTIVAL JAPAN(タクフェス)」を主宰する[1]

私生活では、2006年11月に女優大河内奈々子と結婚し、2008年9月に第1子となる男児が誕生したが、2012年5月7日に離婚した[5]

出演[編集]

舞台(出演)[編集]

東京セレソン/東京セレソンデラックス公演
TAKUMA FESTIVAL JAPAN(タクフェス)公演
  • わらいのまち(2017年3月30日 - 4月12日、東京グローブ座 /4月14日 - 16日、名古屋・中日劇場 / 4月18日 - 23日、兵庫県立芸術文化センター) - 作・主演・演出[6]
  • ひみつ(2017年10月19日 - 12月10日、サンシャイン劇場 他) - 作・演出・出演(五郎 役)[7]
  • 笑う巨塔(2018年3月29日 - 4月8日、東京グローブ座 他) - 作・演出・主演(松原富雄 役)[8]
外部公演

テレビドラマ(出演)[編集]

映画(出演)[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

トーク番組[編集]

作品[編集]

舞台(作品)[編集]

東京セレソン/東京セレソンデラックス公演
TAKUMA FESTIVAL JAPAN(タクフェス)公演
外部公演
宅間孝行名義

テレビドラマ(作品)[編集]

サタケミキオ名義
宅間孝行名義

映画(作品)[編集]

サタケミキオ名義
宅間孝行名義

著書[編集]

小説[編集]

サタケミキオ名義
宅間孝行名義

戯曲[編集]

宅間孝行名義

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 元々は俳優としての自分と区別するために名義を変えていたが、いつのまにか区別する必要のないほど宅間孝行の名前が知られてしまったためだという[4]
  2. ^ 全11話。宅間は第9話までで降板。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Take Off :テイクオフ > Talent > 宅間孝行”. 所属事務所プロフィール. Take Off : テイクオフ. 2016年2月8日閲覧。
  2. ^ a b タレントデータバンク”. タレントデータバンク. 2016年2月8日閲覧。
  3. ^ JAIFAメットライフ アリコ会 オープンセミナー”. サンケイホールブリーゼ (2012年). 2017年4月6日閲覧。
  4. ^ a b c d 宅間孝行 (2009年5月7日). 私のターニングポイント vol.60. インタビュアー:ボブ内藤. 演劇ライフ(リクルート).. オリジナルの2009年12月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091201202744/http://interview.engekilife.com/60/ 2017年12月18日閲覧。 
  5. ^ “宅間孝行と大河内奈々子が離婚 転居後価値観にズレ…”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年5月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/05/10/kiji/K20120510003218510.html 2018年1月17日閲覧。 
  6. ^ 宅間孝行×永井大×柄本時生 (2017年3月23日). タクフェス春のコメディ祭!『わらいのまち』宅間孝行×永井大×柄本時生インタビュー「いい意味で体育会系!他では体験できない現場です」. (インタビュー). エンタステージ.. http://enterstage.jp/interview/2017/03/006741.html 2017年4月6日閲覧。 
  7. ^ 宅間孝行×戸田恵子が初タッグ!タクフェス第5弾『ひみつ』は王道の泣ける作品に”. エンタステージ. WOWOW (2017年9月1日). 2017年9月1日閲覧。
  8. ^ 宅間孝行×片岡鶴太郎×篠田麻里子 (2018年3月9日). タクフェス 春のコメディー祭!第2弾『笑う巨塔』 宅間孝行×片岡鶴太郎×篠田麻里子インタビュー!. (インタビュー). SPICE(イープラス).. https://spice.eplus.jp/articles/157366 2018年5月23日閲覧。 
  9. ^ 佐藤江梨子、宅間孝行と“台本以上の”キスシーン 最後の「昼ドラ」に責任重大”. クランクイン!! (2016年1月22日). 2016年2月8日閲覧。
  10. ^ 高島礼子と宅間孝行、初共演の凸凹コンビが事件解決『電卓刑事』”. テレビドガッチ (2017年12月13日). 2017年12月18日閲覧。
  11. ^ 入社したら条件が違う…リストラ候補者が陥った“罠”とは?『ヘッドハンター』第6話”. テレビドガッチ (2018年5月17日). 2018年5月23日閲覧。
  12. ^ 広瀬アリス&斎藤工が映画初共演『サムシング ブルー』7・2公開!監督・脚本は宅間孝行”. TV LIFE (2016年4月11日). 2017年4月6日閲覧。

外部リンク[編集]