田中綾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中綾(たなか あや、1970年2月11日[1] - )は、日本文芸評論家歌人北海学園大学人文学部教授。専門は日本近現代文学(特に詩歌史)。博士(文学)(北海学園大学)。

経歴[編集]

北海道札幌市出身。北海道札幌平岸高等学校北海道大学文学部言語学専攻卒業。福島泰樹の短歌絶叫ライブに触れて現代短歌を始め、1991年の第8回早稲田文学新人賞に短歌「人間呼格」で佳作に選ばれる[2]フリーライターを経て、1995年に「アジアにおける戦争と短歌 -近・現代思想を手がかりに」で第13回現代短歌評論賞受賞。その後、菱川善夫に師事して短歌批評を学び、北海学園大学大学院文学研究科の1期生として修士課程を修了[3]2001年から2010年まで朝日新聞北海道版歌壇選者を担当[4]2008年、北海学園大学にて「非国民文学論」により博士(文学)を取得[5]2002年道銀芸術文化奨励賞受賞。2008年、前年に没した菱川の後任として北海学園大学に着任。

北海道新聞日曜文芸欄に連載コラム「書棚から歌を」を2009年11月から週1回担当している(2014年現在)。2017年、三浦綾子記念文学館館長。

研究テーマ[編集]

昭和の戦時下とGHQ占領期における言論統制と短歌。特に逗子八郎研究。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『権力と抒情詩』(ながらみ書房、2001年)
  • 『書棚から歌を』(深夜叢書社、2015年)

共編著[編集]

  • 岡井隆佐佐木幸綱ほか編「短歌という方法」『現代にとって短歌とは何か』(岩波書店版、1998年)
  • 文学史を読みかえる研究会編「祝祭(フェスティバル)―六十年代前衛短歌運動とは」『文学史を読みかえる6 大転換期』(インパクト出版会 、2003年)
  • 現代短歌研究会編「大逆事件と近代日本」『〈殺し〉の短歌史』(水声社、2010年)
  • 「歌人と戦争責任」『作家と戦争 太平洋戦争70年』(河出書房新社、2011年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.456
  2. ^ 第8回早稲田文学新人賞発表
  3. ^ 豊平会報No.73
  4. ^ 北海道)三浦綾子文学館新館長に歌人の田中綾氏
  5. ^ 博士論文書誌データベース。

外部リンク[編集]