内片輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

内片 輝(うちかた あきら、1970年8月9日 - )は、日本のテレビプロデューサーディレクター・演出家。

朝日放送制作局テレビ制作部所属。日本映画監督協会の会員である。 

来歴・人物[編集]

兵庫県尼崎市出身。大阪府立大学総合科学部卒業後、南カリフォルニア大学(USC)映画学科に留学。

1995年に朝日放送に入社。同期に同局アナウンサーの浦川泰幸と後にフリーアナウンサーの関根友実らがいる。テレビ制作部に配属され。人気番組「部長刑事」のドラマの助監督を努める。その後、1997年「新部長刑事アーバンポリス24」にて演出デビュー。多くのドラマの助監督・監督を経験。当時重役で上司だった山内久司の様な制作姿勢と手法・体裁・イズムを仕込まれる。ほかにも「必殺仕事人」演出の松本明皆元洋之助らにも師事。

アメリカ映画に造詣が深く、演出作品にアメリカ映画へのオマージュが捧げられている。ハリウッド映画、『ラスト・サムライ』、『SAYURI』の現場にも参加。LAでのプロモーション撮影にも多数参加。ロサンゼルスで自身の製作/監督によるショートフィルムは映画祭での受賞実績がある。

2014年、朝日放送を退社しフリーランスに転向。

演出/プロデュース作品[編集]

最近の作品
映画
テレビドラマ


過去作品
バラエティ番組

関連人物[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]