柳家禽太夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柳家 禽太夫やなぎや きんだゆう
本名 鈴木 徳久
生年月日 (1964-10-20) 1964年10月20日(53歳)
出身地 日本の旗 日本神奈川県厚木市
師匠 10代目柳家小三治
名跡 1. 柳家小のり(1983年 - 2001年)
2. 柳家 禽太夫(2001年 - )
出囃子 小のりさわぎ
活動期間 1983年 -
所属 落語協会
公式サイト 公式ブログ

柳家 禽太夫(やなぎや きんだゆう、1964年10月20日 - )は、神奈川県厚木市出身の落語家落語協会所属。本名は鈴木 徳久(すずき のりひさ)。出囃子は『小のりさわぎ』。夫人は吉川英治夫人の姪の娘。

柳家禽太夫の「禽」の字は、2代目柳家小さんが亭号・名前としていた「禽語楼」から取られたものである。読みは同じだが使った字が違う名前に、5代目立川談志が最晩年に柳家金語楼一座で名乗った「柳家金太夫」がある。競輪オートレースに造詣が深いことでも知られる。

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 噺家カミさん繁盛記

外部リンク[編集]