三遊亭ぽん太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三遊亭 ぽん太(さんゆうてい ぽんた)は、落語家の名。現在までに3人ほどこの名を名乗った落語家が確認されている。ただし、当代は過去のぽん太を1人しかカウントせず2代目を自称している。

  1. 江戸後期から明治初期にかけて活躍した最も著名なぽん太。本名、加藤勝五郎。
  2. 4代目三遊亭圓生門下で、さん生からぽん太に改名したこと以外の詳細は不明。『浅草繁昌記』に、本名岡崎義繁でぽん太の名が出ているが、これと同一人物の可能性がある。
  3. 当代。自称2代目。三遊亭好楽門下の好也が2018年11月、二つ目昇進を機に名乗っている名前。本名、後藤慧。

圓朝門下のぽん太[編集]

三遊亭さんゆうてい ぽん
本名 加藤 勝五郎
生年月日 1831年
没年月日 1881年6月6日
出身地 日本の旗 日本
師匠 初代三遊亭圓朝
活動期間 ? - 1881年
所属 三遊派

三遊亭 ぽん太(さんゆうてい ぽんた、 1831年(逆算) - 1881年6月6日)は落語家。初代三遊亭圓朝門下。本名、加藤勝五郎

元は出入りの髪結い(床屋)見習いでおもに下剃りをしていた、圓朝の下に入門する以前から愛嬌からぽん太と呼ばれていた。慶応の初めごろに三遊亭圓朝門下となり音曲や小噺をやっていた。

長州藩大村益次郎が率いる新政府軍と彰義隊が争った上野戦争に巻き込まれた際は、ぽん太が圓朝の自宅に駆けつけ弟子たちの無事を知らせたという。

性欲、物欲、出世欲がなかったが食欲が旺盛で特に蕎麦が好きで仕事に向かう途中に蕎麦屋があったら仕事そっちのけで蕎麦を食べ仕事に遅れるほどであった。また奇人変人(今でいう天然ボケ)で圓朝に可愛がられた。

晩年身寄りがなく没後の圓朝が叔父ということでお墓を作り全生庵に建っている圓朝家の墓の隣りに建てた。ぽん太という名前から、圓朝が飼っていたペットの墓だと勘違いする人もいる。戒名は「雨林宗香信士」。

外部リンク[編集]

好楽門下のぽん太(自称2代目)[編集]

三遊亭さんゆうてい ぽん
本名 後藤 慧
生年月日 (1985-02-24) 1985年2月24日(34歳)
出身地 愛知県名古屋市
師匠 三遊亭好楽
名跡 三遊亭好也(2015年 - 2018年)
三遊亭ぽん太(2018年 - )
活動期間 2015年 -
所属 円楽一門会

自称2代目 三遊亭 ぽん太(さんゆうてい ぽんた、1985年2月24日 - )は、円楽一門会所属の落語家愛知県名古屋市出身。本名は後藤 慧(ごとう けい)。法政大学社会学部出身。

略歴[編集]

  • 2015年(平成17年)2月 - 三遊亭好楽に入門。前座となり、好也と名乗る。
  • 2018年(平成30年)11月 - 二つ目昇進。ぽん太を襲名する。自称2代目。

参考文献[編集]

  • 東京かわら版増刊号 東西寄席演芸家名鑑

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]