入船亭小辰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
入船亭いりふねてい たつ
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}入船亭(いりふねてい) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}小(こ).mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}辰(たつ)
入船亭小辰定紋「姫蔦」
本名 草間くさま ふとし
生年月日 (1983-11-24) 1983年11月24日(37歳)
出身地 日本の旗 日本東京都豊島区
師匠 入船亭扇辰
名跡 1. 入船亭辰じん(2008年 - 2012年)
2. 入船亭小辰(2012年 - )
出囃子 いっさいいっさいろん
活動期間 2008年 -
所属 落語協会
公式サイト 小辰ごよみ
受賞歴
2013年 第二回噺家の手ぬぐい大賞受賞
2017年 第九回前橋若手落語家選手権 優勝
2018年 NHK新人落語大賞 本戦出場
2019年 平成30年度国立演芸場花形演芸大賞 銀賞受賞
2020年 令和元年度国立演芸場花形演芸大賞 金賞受賞
2020年 NHK新人落語大賞 本戦出場

入船亭 小辰(いりふねてい こたつ)は、日本落語家落語協会所属の二ツ目出囃子は「いっさいいっさいろん」、紋は姫蔦。

経歴[編集]

1983年東京都豊島区北大塚出身。実家は北大塚の升民酒店[1]

日本大学芸術学部時代には、落語研究会に所属した[2]

  • 2008年(平成20年)2月入船亭扇辰に入門。
  • 2008年(平成20年)9月 前座となる。前座名「辰じん」。
  • 2012年(平成24年)11月 二ツ目に昇進。「小辰」と改名。
  • 2013年(平成25年)第二回噺家の手ぬぐい大賞 大賞。
  • 2017年(平成29年)第九回前橋若手落語家選手権 優勝。
  • 2018年(平成30年)平成30年度NHK新人落語大賞 本戦出場。
  • 2019年(平成31年)平成30年度国立演芸場花形演芸大賞 銀賞受賞。
  • 2020年(令和2年) 令和元年度国立演芸場花形演芸大賞 金賞受賞[3]
  • 2020年(令和2年) 2020年度NHK新人落語大賞 本戦出場。

メディア[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

出版[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 五明樓玉の輔 (2012年12月11日). “ポカポカの三代目!!”. 五明樓玉の輔の噺家の手ぬぐい web.ver. lascaux. 2020年10月24日閲覧。
  2. ^ Myoko Pavilion vol.1『落語入門』(チラシ) (PDF)”. 新潟県妙高市. 2018年10月2日閲覧。
  3. ^ 令和元年度花形演芸大賞決定のお知らせ”. 日本芸術文化振興会 (2020年3月26日). 2020年10月22日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]