古今亭朝太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

古今亭 朝太(ここんてい ちょうた)は、落語家の名。前座・二ツ目の名前であるため、代数をつけて呼ばない。

概要[編集]

朝太の名は、4代目橘家圓喬三遊亭圓朝に入門した折に名乗ったのが最初である。後に5代目古今亭志ん生が三遊亭朝太を前座名とした。このためか志ん生は圓喬の弟子を自称していたが、実際は2代目三遊亭小圓朝門下だったようである。以後、朝太の名は古今亭一門の出世名として受け継がれていく事になる。

歴代[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]