三遊亭小金馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

三遊亭 小金馬(さんゆうてい こきんば)は、落語家名跡

当代は落語協会のHPでは三代目とされているが、小金馬を名乗った落語家は過去6、7人ほど存在する[要出典][注 1]。詳細不明の落語家も含め、小金馬を名乗った人物を年代順に列記する[注 2]


三代目 三遊亭さんゆうてい 小金馬こきんば
三代目 三遊亭(さんゆうてい) 小金馬(こきんば)
三遊亭金馬一門の定紋のひとつ「陰鬼ツタ」
本名 梅本うめもと 勝久かつひさ
生年月日 1949年9月22日
没年月日 (2018-10-01) 2018年10月1日(69歳没)
出身地 日本の旗 日本京都府
死没地 日本の旗 日本東京都
師匠 四代目三遊亭金馬
弟子 四代目三遊亭金朝
名跡 1. 三遊亭勝馬
(1968年 - 1982年)
2. 三代目三遊亭小金馬
(1982年 - 2018年)
出囃子 都囃子
活動期間 1968年 - 2018年
所属 落語協会

三代目 三遊亭 小金馬(さんゆうてい こきんば、1949年9月22日 - 2018年10月1日[1])は、京都府出身の落語家落語協会所属。本名∶梅本 勝久出囃子は『都囃子』。

経歴[編集]

1968年9月、四代目三遊亭金馬に入門。高座名は勝馬

1973年9月に春風亭一朝柳家せん八と共に二ツ目昇進。

1982年12月に初代古今亭志ん五七代目三遊亭圓好四代目吉原朝馬、春風亭一朝、柳家せん八、六代目古今亭志ん橋立川談生立川左談次六代目立川ぜん馬と共に真打昇進。三代目三遊亭小金馬を襲名。

2018年10月1日、東京都内の自宅で死去。69歳没。長く口腔がんを患い、自宅療養中だった[2]

芸歴[編集]

人物[編集]

趣味は都々逸川柳短歌

高校時代には水泳自由形インターハイに出場した。芸能人水泳大会で、トップスターの西城秀樹を差し置いて1位を取ったこともあるという。

柳家小袁治林家ぎん平、春風亭一朝、林家とんでん平柳家福治と共に勉強会「あやめ寄席」メンバーだった。

弟子[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 小金馬の名で真打に昇進したという明確な記録が残っている人物は後の七代目雷門助六、後の二代目三遊亭金翁、当代の3人である。[要出典]
  2. ^ 余談ではあるが、四代目金馬が隠居名を名乗るに際しての改名案として「三遊亭古金馬こきんば」があった(当代小金馬他界後のこと。結果として三遊亭金翁となる)。

出典[編集]

  1. ^ “三遊亭小金馬さんが死去 69歳”. スポーツニッポン. (2018年10月3日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/03/kiji/20181003s00041000265000c.html 2018年10月3日閲覧。 
  2. ^ 三遊亭金朝『私の師匠 三遊亭小金馬が、永眠いたしました。』” (日本語). 三遊亭金朝オフィシャルブログ. 2022年8月30日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]