三遊亭小金馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三遊亭 小金馬(さんゆうてい こきんば)は、落語家名跡

当代は落語協会のHPでは3代目とされているが、小金馬を名乗った落語家は過去6、7人ほど存在する。小金馬の名で真打に昇進したという明確な記録が残っている人物は後の7代目雷門助六、後の4代目三遊亭金馬、当代の3人である[要出典]。以下、詳細不明の落語家も含め、小金馬を名乗った人物を年代順に列記する。

  • この前後に1人ないし2人存在していた模様だが[要出典]、詳細は明らかになっていない。

3代目 三遊亭 小金馬さんゆうてい こきんば
本名 梅本 勝久
生年月日 1949年9月22日
没年月日 (2018-10-01) 2018年10月1日(69歳没)
出身地 日本の旗 日本京都府
師匠 4代目三遊亭金馬
名跡 1. 三遊亭勝馬(1968年 - 1982年)
2. 3代目三遊亭小金馬(1982年 - )
出囃子 都囃子
活動期間 1968年 - 2018年
所属 落語協会

3代目三遊亭 小金馬(さんゆうてい こきんば、1949年9月22日 - 2018年10月1日[1])は、京都府出身の落語家落語協会所属。本名は梅本勝久(うめもと かつひさ)。出囃子は『都囃子』。

芸歴[編集]

人物[編集]

趣味は都々逸川柳短歌

高校時代には水泳自由形インターハイに出場した。芸能人水泳大会で、トップスターの西城秀樹を差し置いて1位を取ったこともあるという。

弟子[編集]

テレビドラマ[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]