桂富丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桂 富丸かつら とみまる
本名 松井 正夫
生年月日 (1948-10-11) 1948年10月11日(71歳)
出身地 日本の旗 日本東京都江東区
師匠 4代目桂米丸
名跡 1. 桂麦夫(1970年 - 1976年)
2. 桂富丸(1976年 - )
出囃子 深川くづし(お富さん)
活動期間 1970年 -
活動内容 新作落語
所属 日本芸術協会→落語芸術協会

桂 富丸(かつら とみまる、本名:松井 正夫 <まつい まさお>、1948年10月11日[1] - )は、東京都江東区深川出身、落語芸術協会所属の落語家出囃子は『深川くづし(お富さん)』。

来歴[編集]

米丸の弟子らしく、一貫して新作落語中心の高座を務めている。

エピソード[編集]

  • 入門の際履歴書を持参した初めての人物だという。その後協会では履歴書持参が慣習になったとのこと。
  • 1980年(昭和55年)11月、当時住んでいたアパートが全焼し、「戦後焼け出された落語家の第一号」になった。

脚注[編集]

  1. ^ 参考文献ではいずれも誕生日が10月23日になっているがここでは一応公式プロフィールに従う。

参考文献[編集]

  • 『古今東西落語家辞典』諸芸懇話会、大阪芸能懇話会共編、平凡社、1989年。ISBN 4-582-12612-X
  • 小島貞二・遠藤佳三・鈴木重夫『落語家面白名鑑』かんき出版、1982年。

外部リンク[編集]