桂ちょうば

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かつら ちょうば
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}桂(かつら) ちょうば
結三柏は、桂米朝一門定紋である。
本名 大倉正裕
生年月日 (1978-09-29) 1978年9月29日(41歳)
出生地 日本の旗 日本京都府京都市
師匠 2代目桂ざこば
活動期間 2001年 -
活動内容 上方落語
所属 米朝事務所
受賞歴
2009年咲くやこの花賞
2018年 「第4回上方落語若手噺家グランプリ」優勝
備考
上方落語協会会員

桂ちょうば(かつら ちょうば、1978年9月29日 - )は、京都府京都市出身の上方落語家。本名・大倉正裕(おおくら まさひろ)。所属事務所米朝事務所

来歴・人物[編集]

京都府立洛北高等学校阪南大学国際観光学科卒業。友人に連れられて行った公開番組「ざこば・鶴瓶らくごのご」(ABCテレビ)で初めて落語という存在に直接触れ感銘を受ける、2001年10月、2代目桂ざこばに入門。本人も駄目で元々と腹を括ってちちんぷいぷいの生放送の時間帯を狙って毎日放送の楽屋に行き弟子入り志願を切り出すが、ざこばは大倉青年を一瞥、暫く思案した後「ほな入り」(=では入門しなさい)とあっさり了承を得る。 2002年(平成14年)3月初舞台。

「ちょうば」という名前は、「帳場」とざこばの旧名「朝丸(ちょうまる)」あるいは大師匠「桂米朝(べいちょう)」と現在の名前「ざこば」を掛けた名前である。

まだまだ若いながら的確にお客さんの笑いのツボをおさえ、関西ではテレビのレポーターとして活躍の他、約3日に1回の割合で、各地での落語会に参加し、古典落語を披露し、落語の腕に磨きをかけている。「上方落語界一の男前」を高座で自称。

「ちょうばのちょ」という自身の落語会を定期的に行っている。「ちょうばのちょ」では面白VTRのコーナーを設けるなど、新しい試みにも積極的にチャレンジしている。

  • 趣味 ギターの弾き語り、自転車、昆虫採集
  • 特技 お菓子作り、作詞作曲
  • スポーツ 陸上、マラソン

受賞歴[編集]

出演番組[編集]

過去に出演した番組[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]