古今亭右朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

古今亭 右朝(ここんてい うちょう)は、落語家。過去に三遊亭右朝で2人ほど確認されている。


古今亭 右朝(ここんてい うちょう、1948年11月2日 - 2001年4月29日)は、落語家。本名・田島道寛(たじま みちひろ)。東京都台東区浅草橋出身。生前は落語協会所属。出囃子は「小鍛冶」。

高田文夫とは日本大学藝術学部の同期で落語研究会出身。

最初は寄席文字橘右近に師事し寄席文字の修行をする。

  • 1975年11月 - 3代目古今亭志ん朝に入門し「志ん八」を名乗る。
  • 1980年6月 - 二つ目昇進。
  • 1988年6月 - 真打昇進と同時に「古今亭右朝」を名乗る。(右近の「右」と師匠志ん朝の「朝」を取って右朝となる、落語協会の真打としては100人目で昭和最後の真打)
  • 2001年4月29日 - 肺癌により死去。同年10月1日に師匠志ん朝も死去した。

受賞歴[編集]