高石太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たかいし ふとし
高石 太
本名 鈴木 雄偉
生年月日 (1948-10-04) 1948年10月4日
没年月日 (2020-01-31) 2020年1月31日(71歳没)
出身地 日本の旗 日本 愛媛県
死没地 日本の旗 日本 北海道札幌市
職業 喜劇俳優
ジャンル 喜劇
活動期間 1970年 - 2020年
所属劇団 あつあつ一座
テンプレートを表示

高石 太(たかいし ふとし、1948年10月4日[1] - 2020年1月31日[2])は、元吉本新喜劇松竹新喜劇の座員、元漫才師。本名は鈴木 雄偉[1]愛媛県出身[1]貝塚高校普通科卒業[3]

来歴・人物[編集]

1970年[3]新劇青猫座1973年[3]劇団喜劇の座員を経て1975年1月[1]に吉本新喜劇の座員になる。最初の芸名は「桂木甲介」。大きな体と太鼓腹を生かした。舞台の演出で喧嘩やいざこざが起きた際に仲裁に入った高石がプロレスのハンマースルーの様な形で振り飛ばされ、腹から滑って、起き上がり、服をめくり太鼓腹を晒し腹をさすりながら「熱う~!!熱う~!!」と叫ぶギャグで一世を風靡。

副座長まで上り詰めたが、1987年初旬に退団、同年4月に同時期に退団した木村明と漫才コンビ「明太Co」を結成。2年も持たずして解散、後に高田次郎に師事し松竹新喜劇に移籍した。

その後、松竹新喜劇を辞し、「あつあつ一座」を結成。地方公演を中心に活動する。札幌を拠点に市民喜劇団「教文13丁目笑劇一座」に所属する。その一方で、柏木輝誉をバックアップメンバーとて擁し「劇団輝」を結成。喜劇やコントを市民体育館等でボランティア公演したり、自身の芸を一般市民に教授するなどお笑いを通じて地域の活性化のため活動していた。

2020年1月31日、虚血性心疾患のため、北海道札幌市の療養施設で死去[2]。71歳没。

ギャグ[編集]

  • 上記のあつあつのギャグ以外
泣き喚き、そのうち泣き声が「うだうだうだうだ!うだうだうだうだ~!」となり、最後に突然「うだうだ!ガー!!」と両手で引っ掻く真似をして相手を驚かせる。
ええでええでええでー

エピソード[編集]

あつあつはしゃべり下手だったために生み出されたギャグで、仕事の営業先(祭り会場の砂利道やアスファルトの上など)何処でもやらされるためお腹の生傷が絶えなかった。

出演番組[編集]

CM[編集]

  • アジヨシ(鶴橋の焼肉店。木村明と出演。あつあつのギャグも披露している)

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『吉本興業商品カタログ』
  2. ^ a b “元吉本新喜劇副座長・高石太さん死去、71歳 「アツう~!アツう~!」ギャグで人気”. スポーツニッポン. (2020年2月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/02/01/kiji/20200201s00041000334000c.html 2020年2月1日閲覧。 
  3. ^ a b c 『吉本新喜劇名場面集』