白田信幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼
1. 大柄な体がよくわかる全身写真
2. 顔写真
画像提供をお願いします。2010年6月
しろた のぶゆき
白田 信幸
生誕 1979年4月20日(37歳)
別名 ジャイアント白田

白田 信幸(しろた のぶゆき、1979年4月20日-)は日本の元フードファイタータレント実業家

串カツしろたや

愛称、ジャイアント白田(ジャイアントしろた)。

栃木県真岡市出身。既婚[1]フリー[2]神奈川県立秦野高等学校神奈川大学理学部化学科卒業。血液型はAB型。

概要[編集]

身長195cm[3]ジャイアント白田の愛称があり、2000年代後半頃からはこの名称で活動する方が多い。そのほか、フードバトルクラブでは、「大食い大魔人」という異名を取る。2007年にフードファイターを引退。現在、バラエティ番組イベントなどで活躍中。

テレビに出演することが多い為、大食いタレントとして扱われることが圧倒的に多いが、芸能事務所の所属は無くフリーランスであることを理由に素人に分類されることもあり、本人曰く『大食いタレントなのか素人なのか微妙な立場である』という事を公式ブログに書いている[2]

経歴[編集]

  • 2001年
    • 4月 「TVチャンピオン 恐るべし!九州横断ニューフェイス決戦」(テレビ東京系列)で射手矢侑大に次ぎ準優勝。
    • 6月 日本大食い協会主催の「第一回全日本大食い競技選手権」において100時間の大食い大会に参加。ライバルの小林尊(1位)に敗北、射手矢侑大には二連敗となる5位。
    • 9月 「TVチャンピオン 大食いスーパースター頂上決戦」で優勝。
    • 10月 「フードバトルクラブII」(TBS系列)で優勝。
  • 2002年
    • 1月 「フードバトルクラブThe King Of Masters」で優勝。
    • 4月 「フードバトルクラブThe Speed」で優勝。
    • その後、愛知県の中学生が給食中に早食いをして死亡する事件が発生したため、大食い・早食い番組や全国各地で開催される大食い・早食いイベントが消滅。同時に、小林尊とともに活動していたFFA(フード・ファイター・アソシエイション)が自然消滅する。
    • 大食い・早食い番組消滅後、調理師免許取得のため辻調理師専門学校に入学したため(2003年3月に卒業)、大食い・早食い活動をしばらく中断した。
  • 2004年
    • 7月 「ネイサンズ国際ホットドッグ早食い選手権」に日本代表として出場。12分間にホットドッグを38本完食し、53.5本を食べた小林尊に次ぐ2位となった。以後、大会出場機会はあったものの辞退しており、事実上海外進出を断念。
  • 2005年
  • 2006年
    • 「元祖!大食い王決定戦」で見事に優勝、前年のリベンジを果たし貫禄を見せ付けた。このころから、バラエティ番組ラジかるッなど)やイベント(フードバトルスタジアムズなど)に数多く出演するようになる。
  • 2007年
    • 9月 大会前に引退を表明。最後の大会となる「元祖!大食い王決定戦」で見事に優勝、有終の美を飾った。引退の理由として、今後飲食店をオープンさせる為時間的な問題で胃袋を限界まで鍛えることが難しいという事や精神的・身体的負担など[2][4][5]。今後もバラエティ番組やイベント等への出演は継続する[2][4][5]
    • 12月 ハッスル川田利明と「大食い対決」ではなく「プロレス対決」を行うが、ギブアップ負けを喫する。
  • 2008年
    • 4月〜2009年3月 大阪道頓堀にて、自らプロデュースを行ったうどん専門店「しろたや」を期間限定(4月25日〜2009年3月31日)オープンする[6]。量は白田の胃袋が基準となっているため「並」でうどん16玉分、「大盛り」は32玉分となっている。他にも少量(1玉〜8玉)メニューやチャレンジメニューもある[6]。なお、ゴールデンウィークや夏休み中などは白田本人も店舗に姿を現すとのこと。
  • 2009年
    • 3月うどん専門店「しろたや」閉店。
    • 7月 大阪・道頓堀にて、自らプロデュースを行った串カツ専門店「串カツしろたや」をオープンする[7]
  • 2015年
    • 東京・大井町にフランチャイズ第1号の「串カツ しろたや 大井町店」をオープンする[8]
  • 2015年
    • マツコの知らない世界で、大食いレジェンドの一人として寿司早食い対決に挑んみ、マイケル高橋と新井と引き分けた。小林に対しては、三度目の敗北を喫する。

主な記録[編集]

エピソード[編集]

  • Wiiウェア用ゲームソフト『メジャーリーグ・イーティング』の日本版には、白田をモデルとしたキャラクターが登場する。
  • DS用ゲームソフト『みてはいけない』(ディンプル)に本人名で登場する。
  • 2008年1月20日放送のテレビ東京系企画番組「田舎に泊まろう!」に出演し、放送直後の2008年1月23日、同番組がやらせである事をブログで暴露した[9]
  • 有吉ジャポンや櫻井有吉アブナイ夜会で、「大食いの女びいきにムカついた!」と試合中にメイク直しを始めるギャル曽根との確執や、白田自身はストイックに臨んでいたことから、気軽に参加してくる大食い女性タレントをえこひいきする「元祖!大食い王決定戦」に腹が立っていたことを明かした [10][11]

主な出演番組[編集]

現在[編集]

過去[編集]

映画[編集]

  • 喰いしん坊! 大喰い開眼篇(2007年8月公開、メディアワークス)
  • 喰いしん坊! 大喰い苦闘編(2007年8月公開、メディアワークス)

著書[編集]

  • 〈ジャイアント白田〉最強の飲食店づくり 〝大食い王〟があらゆるメニューを食べ尽くしてみてわかったコト(ぱる出版)2011-1-25 ISBN978-4827206180

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジャイアント白田の大食いブログ(公式)2006年12月26日「嫁来たる」より。
  2. ^ a b c d ジャイアント白田の大食いブログ(公式)2007年10月3日「大食い引退!!??」より。
  3. ^ ジャイアント白田の出演・講演依頼のページ」 株式会社ラプレ 2014年11月30日閲覧。
  4. ^ a b 週刊プレイボーイ2007年11/5号№45より。
  5. ^ a b 週刊アサヒ芸能2007年11/1号より。
  6. ^ a b ジャイアント白田の胃袋が基準のうどん屋、大阪にオープン オリコングルメ 2008年4月2日
  7. ^ “ジャイアント白田の串カツ屋「しろたや」新開店記念イベント 元祖!串カツ女王決定戦開催のお知らせ”. 大阪・関西に特化したプレスリリース配信サービス PRでっせ. (2009年6月30日). http://www.prdesse.com/posts/view/369/ 2016年4月10日閲覧。 
  8. ^ “大井町に「串カツ しろたや」ジャイアント白田さんがプロデュース”. 品川経済新聞. (2015年5月12日). http://shinagawa.keizai.biz/headline/2333/ 2016年4月10日閲覧。 
  9. ^ 暴露!『田舎に泊まろう』は やらせ!
  10. ^ “「試合中にメイク直しは違うだろ」 ジャイアント白田が大食いタレントを批判”. Scoopie News. (2013年10月2日). http://news.gree.jp/news/entry/1198069 2016年5月22日閲覧。 
  11. ^ “ギャル曽根、フードファイター時代のジャイアント白田とのドロドロ確執を暴露!”. 日刊大衆. (2015年12月14日). http://taishu.jp/19181.php 2016年5月22日閲覧。 

外部リンク[編集]