はじめてのチュウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はじめてのチュウ
あんしんパパ の シングル
収録アルバム あんしんパパストーリー〜青春篇〜
B面 メリーはただのともだち(1990年版)
お料理行進曲(1993年版)
はじめてのチュウ(オリジナル・カラオケ)(1995年版)
リリース 1990年5月1日
1993年5月1日(再発)
1995年11月1日(再発)
規格 8cmCD
カセットテープ
ジャンル J-POPアニメソング
レーベル 日本コロムビア
CODC-8506(8cmCD)
COSC-5(カセットテープ)
あんしんパパ シングル 年表
- はじめてのチュウ
(1990年)
-
テンプレートを表示

はじめてのチュウ』は、あんしんパパのシングル1990年5月1日日本コロムビアから発売された。1993年5月1日(日本コロムビア CODC-182)、1995年11月1日(日本コロムビア CODA-826)に8cmCDで再発されているが、すべてカップリング曲はオリジナル盤と異なる。

概要[編集]

イントロ(序奏)に続いて、キスを初めて経験した少年の心中が歌われる。

アニメ『キテレツ大百科』のオープニングテーマとして使われ、オープニング曲変更後はエンディング曲に移り、一曲間に挟んでは再び使われるといった具合で何度かエンディング曲として使われた。

「あんしんパパ」は実際には存在しない架空の歌手であり、実際に歌っているのは作詞・作曲者の実川俊晴である。録音時にテープを半分のスピードで回しながらゆっくり歌い、再生時には通常のスピードで再生するという手法によって、エフェクト処理を施した様な可愛らしい歌声を作り出した。

なお、ボイスチェンジャーを用いて音程を調整するだけではこの様な可愛らしい歌声にはならず、オープンリールデッキ等の様に速度制御が出来る特殊な録音機材が必要であるという。実川はこれ以外にも更なる録音上の工夫があると述べているが、その詳細については「企業秘密」として明らかにしていない[要出典]

実川によるとこの曲を制作したきっかけは早回しを使って楽曲を制作しようというアイデアが最初にあって、次にネズミの鳴き声「チュウ」を思いつきそこからキスを連想し、後は恋愛映画のワンシーンを頭に浮かべて歌詞を書いていったという[1]

朝日新聞』1993年1月13日付朝刊によると、1993年1月時点でCDとテープを合わせて約2万枚を売り上げている[2](発売元のコロムビアの発表。1993年当時、アニメソングは1万枚でヒットとされる)。その後の再発盤を含めると売上は更に増える。

「はじめてのチュウ」のカバー[編集]

様々なミュージシャンにカバー曲として取り上げられており、LUV and SOULHi-STANDARDがシングルとして発売した他、英訳版も発売された。その他には、SMAP木村拓哉BUMP OF CHICKEN藤原基央サザンオールスターズ桑田佳祐豊田道倫など多くのミュージシャンがライブでカバー[要出典]山崎まさよしはライブの他にテレビでもカバーし、AJIINSPi國府田マリ子池澤春菜ラミューズらが企画でカバーしている。

河合夕子ビクターエンタテインメント版カバー音源)、桃井はるこ(『ファミソン8BIT』収録)、奈良柚莉愛(2008年11月29日発売『おうた -Sing and Smile with Kids-』収録)Naomileがボーカルを務めるLittle whisper(2009年8月5日発売『SWEETS HOUSE 〜for J-POP HIT SHERBET〜』収録)らによるカバーも存在する。

クレモンティーヌラスマス・フェイバーら日本国外アーティストらによるアニソンカバーアルバムにも本曲が収録されている。

My First Kiss[編集]

Hi-STANDARDが「はじめてのチュウ」の歌詞を英訳したものを「My First Kiss」として「Love Is A Battlefield」をリリースし大ヒットした。1箇所だけ「はじめての」という箇所を日本語で歌っている。この英訳は、その後の数々のカバーで使用されている。

2006年には日産セレナCMソングとして使用された(CMに使われているのはCMオリジナルのアレンジバージョン。歌っているのはガガガSP)。

2008年にはアンドリューW.K.がカバーした(「一発勝負〜カヴァーズ」に収録)。 2010年アサヒビール「くつろぎ仕込」CMソングとして使用。

2010年「ラスマス・フェイバー・プレゼンツ・プラチナ・ジャズ 〜アニメ・スタンダード Vol.2〜 」ではJazzバージョンでボーカルのニクラス・ガブリエルソンらによってカバーされる。

収録曲[編集]

(全作詞・作曲:実川俊晴

1990年版[編集]

編曲:実川俊晴
  1. はじめてのチュウ
  2. メリーはただのともだち(歌:藤田淑子

1993年版[編集]

  1. はじめてのチュウ
  2. お料理行進曲(歌:YUKA)
  3. はじめてのチュウ(オリジナル・カラオケ)
  4. お料理行進曲(オリジナル・カラオケ)

1995年版[編集]

  1. はじめてのチュウ
  2. はじめてのチュウ(オリジナル・カラオケ)

LUV and SOUL版[編集]

  1. はじめてのチュウ(R&B Mix)
  2. はじめてのチュウ(First Love Mix)
  3. はじめてのクリスマス

出典[編集]

  1. ^ 「奇妙キテレツ“早回し歌手”」『日本経済新聞』1995年12月6日付朝刊、40面。
  2. ^ 「『ねぇ、チューして』子らにもウケてます 流行語部門で銀賞の余勢」『朝日新聞』1993年1月13日付朝刊、16面。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]