Love Is A Battlefield

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Love Is A Battlefield
Hi-STANDARDシングル
リリース
規格 マキシシングル
録音 2000年
ジャンル J-Punk
時間
レーベル PIZZA OF DEATH RECORDS
作詞・作曲 作詞:横山健難波章浩 / 作曲:Hi-STANDARD(#1,#3)
実川俊晴(#2)
Lvigi Creatore, Hugo E. Peretti, & George David Weiss(#4)
チャート最高順位
  • 週間3位オリコン
  • 2000年度年間48位(オリコンアルバムチャート)
  • 22位CDTV
Hi-STANDARD シングル 年表
THE KIDS ARE ALRIGHT
1996年
Love Is A Battlefield
(2000年)
Another Starting Line
2016年
テンプレートを表示

Love Is A Battlefield」(ラヴ・イズ・ア・バトルフィールド)は、日本パンク・ロックバンドHi-STANDARD2000年にリリースしたシングル

解説[編集]

リリース当時、オリコンでは「収録曲が4曲以上でタイトル曲の収録されていない作品はアルバム扱い」という規定があり、この作品もシングルとしてリリースしたものの規定によりアルバム扱いとなった。これは同作品がランクインした週の「オリコン・ウィーク The Ichiban」紙面にもアルバム扱いとなった経緯として書かれていた。しかし、前年(1999年)浜崎あゆみの「A」が同規定にひっかかる形式でリリースされながらシングル扱いであったり、「Love Is A Battlefield」と同年の年末に発売された「M」も同様の形式ながらシングル扱いだったりと、この規定は実にあやふやなものであった。このあやふやさは現在においても同じである。

収録曲[編集]

  1. This Is Love 
    作詞:横山健難波章浩、作曲:Hi-STANDARD
  2. My First Kiss
    作詞:Hi-STANDARD・実川俊晴、作曲:実川俊晴
    あんしんパパの「はじめてのチュウ」を英語でカバーした楽曲。曲の最後には『はじめてのチュウ』と日本語で歌っている。
  3. Catch A Wave
    作詞:横山健・難波章浩、作曲:Hi-STANDARD
  4. Can't Help Falling In Love
    エルヴィス・プレスリーのカバー。