笑いの超新星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

笑いの超新星(わらいのちょうしんせい)は、2007年から毎年年末に行われている読売テレビ(ytv)が主催する上方演芸の若手芸人の賞レース。2006年度をもって35年の歴史に幕を下ろした上方お笑い大賞の新人部門が、2007年度より新しい形の演芸番組としてリニューアルされたものであるが、2009年は読売テレビの経費削減による番組の見直しに伴い、行われないことが決定し、2010年以降も実施されなかった。

2012年に、芸歴10年未満を対象にしたytv漫才新人賞を新設された。

概要[編集]

  • 出場資格は、コンビ結成(あるいは一人となって)丸7年未満、 かつコンビのいずれもが芸歴10年未満の、本拠地を上方においている漫才・コントなどの演芸を本芸とする新人タレントであること。ただし、過去に「上方お笑い大賞・銀賞」もしくは「上方お笑い大賞最優秀新人賞」を受賞したことがある新人は受賞資格を有しない。
  • 予選会は年3回行われ、各回の審査結果上位より2組に「笑いの超新星・新人賞」を授与される。年3回の予選会は、重複して参加しても構わない。リベンジも可。ただしROUND1とROUND2に14位、15位になったコンビ(下位二組)は次回の予選会に参加することはできない。
  • 審査項目は
    1. 面白さ(50点)「今回の演目が面白いかどうか」
    2. ネタの構成力・独創性(30点)「ネタの構成力のうまさ・着眼点の新鮮さ」
    3. キャラクター(20点)「華がある、ルックスキャラクターの面白さ」。
    以上の3項目、計100点満点、審査員10人の合計1000点満点で毎回上位2組に「新人賞」を授与。同点の場合は同点決勝で審査を行う。
  • 3度の予選会で新人賞を受賞した6組による決勝「笑いの超新星 FINAL ROUND」が12月に行われ、その中から一組が最優秀新人賞に選ばれる。
  • 賞金は、最優秀新人賞が30万円。新人賞には10万円。

最優秀新人賞受賞者[編集]

最優秀新人賞 ノミネート
1 2007年 とろサーモン アジアンスマイルプラスマイナスジャルジャル鎌鼬
2 2008年 ジャルジャル プラスマイナス中山功太ギャロップ銀シャリ天竺鼠

これ以前の受賞者は上方お笑い大賞#銀賞(~1999)/最優秀新人賞(2000~)を参照。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]