真璃子のオールナイトニッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
真璃子のオールナイトニッポン
ジャンル バラエティ番組
放送期間 1990年4月4日~1992年10月7日
放送時間 水曜日深夜(木曜日未明)3:00~5:00
放送局 ニッポン放送
ネットワーク NRN
パーソナリティ 真璃子
テンプレートを表示

真璃子のオールナイトニッポン(まりこのオールナイトニッポン)は、ニッポン放送深夜番組オールナイトニッポンの水曜2部(毎週水曜日深夜27:00~29:00)で放送されていたラジオ番組

概要[編集]

放送期間は1990年4月4日から1992年10月7日。ニッポン放送においては、1989年10月から6ヶ月間「真璃子のときめきホームルーム」(毎週日曜日21:00~21:30)という番組を務めていたが、これに続くレギュラー番組となった。

番組のコンセプト、キャッチフレーズは「とびっきりの朝」ということで、オープニングのあいさつも「こんばんは」ではなく「おはようございます」から始まる。寄せられるハガキの一通一通を時間をかけてじっくり読むほど、リスナーからのメッセージを大切にしていた。オンエアされる曲も新曲はもちろん、1970年代1980年代の曲も多く(毎週12~13曲はかかっていた)、朴訥と落ち着いた雰囲気で、当時テンションの高い番組が多かったオールナイトニッポンの中では異色の存在であった。そのためか、「走れ!歌謡曲」から流れてきた長距離トラックのドライバーや、高い年齢層のリスナーにもこの番組は支持されていた。午前5時からの「朝からたいへん!つかちゃんです」のリスナーを自称する中高年層からも「少し早起きした時に聴いたのがきっかけで、今では毎週聴いています」等のメッセージがたびたび届いていた。

番組で投稿したハガキ、メッセージなどが紹介されたリスナーは「とびっきりの朝の会員」となり、3cm×4cmの写真を2枚送ると、会員証と会報が送られてくるようになっていた。

オープニングテーマ曲、番組開始当初はアート・ガーファンクル「So Much in Love」。後期(切替時期不明~最終回)は松居慶子「The First Four Years」。

番組中のフィラー音楽には、ディズニー映画の音楽や、オールディーズ音楽がよく流れていた。

「眠いから」という理由(伊集院光深夜の馬鹿力503回による証言)で録音番組であった。

番組略歴[編集]

  • 1990年8月29日 番組初の公開放送「ビーチボーイズをぶっ飛ばせ!」が行われ、その模様を放送。
  • 1991年1月2日 南野陽子をゲストに迎える
  • 1991年5月19日 公開録音2スタじゃあーりませんか」を実施(放送は同年5月22日)。当時番組中で盛り上がっていたチーズ茶漬けの試食会も行われる。
  • 1992年2月5日 山口岩男(真璃子の曲「あなたの海になりたい」の作曲者)をゲストに迎える
  • 1992年3月11日 本番組放送100回を記念して「イエスタデイ・ワンス・モア・スペシャル」を放送
  • 1992年5月31日 リスナーとのふれあいイベント「高尾山ピクニック」を行う
  • 1992年6月17日 2回目の「イエスタデイ・ワンス・モア・スペシャル」
  • 1992年9月30日 3回目の「イエスタデイ・ワンス・モア・スペシャル」

主なコーナー[編集]

  • テーマ別お便り
    番組前半のお便りコーナーは毎週決められたテーマに沿ってお便りを募集していた。
  • イエスタデイ・ワンス・モア
    この番組を代表するコーナー。リスナーから曲のリクエストとその曲にまつわるエピソードなどを募集、毎週4曲ほどをオンエア、第1回から最終回まで全期間放送されていた。上記、概要の通り2時間全編にわたって本コーナーを行うスペシャルが3回放送された。このコーナーのオープニングテーマ及びエンディングテーマは、カーペンターズの『イエスタデイ・ワンス・モア』。
  • サウンドタイムマシーン
    主に1970年代、1980年代のコンサートの音源を洋楽邦楽問わず、コンサート・ライヴ収録盤から選んで放送。
  • 詩を朗読するコーナー(タイトルは特に無し)
    リスナーから寄せられた詩を毎週一編、真璃子が朗読。その後に詩の内容に沿って選ばれた曲が一曲流れた。このコーナーもほぼ本番組の2年6ヶ月全期間放送されていた。
  • 早起きおやじ
    番組初期のコーナー。リスナーが、早起きの父親などおやじ世代の人を推薦し、その「おやじ」と電話をつないで真璃子がトークする。「おやじ」自ら出演希望依頼を出して来たこともあった。
  • 悪いことしたなぁ~
    リスナーの「悪いことしたなぁ~」な体験談を募集していた。
  • はじめてのコーナー
    リスナーの色々な初体験話を募集していた。
  • 真夜中のギャンブラー
    ルーレットを回して、玉が入る所をリスナーが予想する。BGMに真璃子の曲「ルーレット」(アルバム「ヴィーナスたちの季節に」より)が流れていた。
  • いきなり留守番電話
    リスナーの家の留守番電話のメッセージの面白さを競うコーナー。
  • 君もセナ君
    リスナーの色々な「自分はこれだけは早く出来る」という自慢を募集。BGMにはT-SQUAREの『TRUTH』が流れていた。
  • 俺たちの気持ち
    「ティッシュ」「紙コップ」などになったつもりで、その物がいつもはどう思っているのか、毎週決められたテーマの物の気持ちをリスナーから募集。
  • 一発ギャグコーナー
  • わらしべ長者コーナー
  • 北海道への道
    1991年前期頃のコーナーで、リスナーからの『チーズ茶漬けが北海道で話題になっている』というような内容の一枚のはがきがきっかけとなって出来たもの。当時チーズ茶漬けの話題を発信していたSTVラジオの午前のワイド番組『中西章一の二人三脚』と、お互いの番組のことを話題にしたフリートークの音源を流したり、番組の会報を交換したりしながらの交流が行われていた。
  • DREAMS COME TRUE
    リスナーの夢を紹介するコーナー。コーナー名通り、BGMにはDREAMS COME TRUEの曲が流れていた。
  • あなたは何を信じますか?
    誰も知らないようなおまじない、占い、勝手に作った決め事などを募集。
  • 稲葉先生の恋愛講座
    番組スタッフの「稲葉氏」がリスナーの恋愛相談に答える。
  • ギャグ満点コーナー
    番組最末期の1992年7月から、午前4時前後に放送されていたコーナー。駄洒落、替え歌などその日のテーマに沿ったネタを募集していた。真璃子が“日浦亭牛乳嫌い”、他の作家、スタッフ、マネージャーが“まきはら家ほくろ”“落とし亭領収書”“浪花家ウキキキキー”と名乗って審査に当たっていた。
  • ノストラちゃん
    1992年7月からのコーナー。プロ野球の試合の結果などこれから起こる事象について結果はどうなるか、予想を募集。結果発表の時は実際にそれについての音源も流されることもあった。ちょうどこの時期行われたバルセロナオリンピックについての結果予想も行われていた。

※ - 番組後期は普通のお便り紹介に重点を置いていたようで、コーナー数は少なかった。

水曜2部
前担当
伊集院光
(→金曜2部へ移動)
真璃子のオールナイトニッポン
水曜 27:00 - 29:00
次担当
松永並子と北原ゆき