KARATEKA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KARATEKA
電気グルーヴスタジオ・アルバム
リリース
録音 1992年
Sound Alive
ジャンル テクノ
時間
レーベル キューン・ソニーレコード
プロデュース 電気GROOVE
渡辺省二郎 (Ram Jam World)
チャート最高順位
電気グルーヴ 年表
UFO
1991年
KARATEKA
1992年
FLASH PAPA MENTHOL
1993年
『KARATEKA』収録のシングル
  1. SNAKEFINGER
    リリース: 1992年10月21日
テンプレートを表示

KARATEKA』(カラテカ)は、日本テクノユニットである電気グルーヴの3枚目のアルバム

1992年10月21日キューン・ソニーレコードよりリリースされた。

帯のキャッチコピーは「空手のマネして新聞配る-これ究極のKARATEKAなり。ポップにヒート・アップした電気GROOVEのサード・アルバム。」(これはメンバー自ら考案したものではない)。

解説[編集]

このアルバムのタイトルは元々、「ガンダム」という名称を予定していた。それは、1980年代に活動していたテクノグループ、イエロー・マジック・オーケストラの「ライディーン」がテレビアニメ『勇者ライディーン』から命名されたことに対し、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』に因んで「ガンダム」というタイトルの曲を作成しアルバムタイトルにも使用する意図で制作された。しかし、著作権上の問題で「ガンダム」という名称の使用許可が下りず、「KARATEKA」というタイトルになった。初期タイトル案の名残か、『機動戦士ガンダム』からのボイスサンプリングが行われた個所もいくつかある。なお、後年ではメンバーの中では最低の評価がなされているアルバムで、後のライブで本作からの曲が演奏されることはほとんど無かった。実際、セルフトリビュート・アルバムThe Last Supper』では、本作からは一曲も選曲されていない。しかし、現在はスネークフィンガーとHi-Scoreなどがライブで演奏されることがあり、メンバーの本作に対する考え方が変わっていることが分かる。同グループの中心人物である石野卓球は当時のことを振り返り、「自分には新しくやりたい音楽が出来たのに、パブリックイメージ通りのものを作らなければならない辛さがあった」という趣旨の事を語っている。この葛藤から、次作『VITAMIN』が生まれることになる。

収録曲[編集]

# タイトル 作詞 作曲 時間
1. スネークフィンガー(Snake Finger) 石野卓球 石野卓球
2. Twist Of The World 石野卓球 石野卓球
3. ザ・ケトルマン(The Kettle Man) ピエール瀧 石野卓球、良徳砂原
4. 人事を尽くさず天命を待つ(Comfortablism) 石野卓球 石野卓球
5. ドカベン(Dokashit) ピエール瀧 ピエール瀧、良徳砂原
6. Hi-Score ピエール瀧 石野卓球
7. デマリンピック(Demalynpic) ピエール瀧 石野卓球
8. KARATEKA   良徳砂原
9. March 石野卓球 石野卓球
10. Let's Go! 無間地獄(Let's Go! Mugen-Jigoku) 石野卓球 良徳砂原
11. DS Massive 石野卓球、ピエール瀧 石野卓球
合計時間:

曲解説[編集]

  1. スネークフィンガー - Snake Finger
    歌詞は無謀なダイエットに励む女に対しての揶揄。タイトルの由来はThe Residentsのサポート・ギタリストだったSnakefingerから名づけられている。
  2. Twist Of The World
    「まんが日本史」(NHK教育テレビ)オープニング・テーマ。アルバムでは歌詞が変更され、体だけが目的で女と付き合う男の歌になっている。エコー&ザ・バニーメンをサンプリングしている。
  3. ザ・ケトルマン - The Kettle Man
    禿げている人達を題材とした曲である。
  4. 人事を尽くさず天命を待つ - Comfortablism
    ストーン・ローゼズをサンプリングしている。
  5. ドカベン - Dokashit
    子供の頃の夢から挫折した人々を歌った曲。
  6. Hi-Score
    ゲーマーを題材とした曲。9-10-Boy"Robocop"をサンプリングしているが、卓球がマイク・ヴァン・ダイクと出会ってから彼の作品であることが発覚し、「訴えないで」と事後承諾を取った。
  7. デマリンピック - Demalynpic
    曲の最後に入る瀧の歌は即興で歌詞をつけて歌ったもの。後に没にされたテイクがラジオ番組『電気グルーヴのオールナイトニッポン』で披露されている。
  8. KARATEKA
    俳優の熊倉一雄がナレーションで参加している。
  9. March
    アルバム発売当時、石野が電気グルーヴの解散を想定して書いた曲だとインタビュー等で語っている。
  10. Let's Go! 無間地獄 - Let's Go! Mugen-Jigoku
    XTCをサンプリングしている。
  11. DS Massive
    「DS」とは「土方スピリッツ」の略だが、レコード会社側の自主規制で音声がピー音で消されている。この曲の最後に熊倉一雄のナレーションでこのCDを捨ててもう一枚新しく買えと言うメッセージが入っている。

参加ミュージシャン[編集]