人生 (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
人生
別名 ZIN-SÄY!
出身地 日本の旗 日本静岡県
ジャンル テクノポップ ニュー・ウェイヴ
活動期間 1985年 - 1989年
レーベル ナゴムレコード
共同作業者 ケラリーノ・サンドロヴィッチ
メンバー 卓球
畳三郎
おばば(ex.分度器)
若王子耳夫
グリソン・キム
越一人
王選手
808ステイト

人生(じんせい、ZIN-SÄY!)は、1980年代後半にインディーズで活躍した日本バンド

電気グルーヴの前身にあたるバンド。

歴史[編集]

1985年静岡在住時代に石野卓球を中心に結成。現在の電気グルーヴの前身であり、ピエール瀧(当時の芸名は畳三郎)も所属していた。当時、有頂天のケラ(現・ケラリーノ・サンドロヴィッチ)が主催するナゴムレコードに在籍。

人生 (ZIN-SAY!) のメンバーは顔にメイクをしており、卓球は白塗りに目が赤と青の独特なメイクで、時に怪しいピエロ風、時にカッターシャツネクタイ、時に大ファンである鬼太郎ファッションに身を包んでいた。畳(ピエール瀧)は、時にドラえもん、時にゴルゴ13、時には殿様等のコスプレをしていた。

1986年、静岡モッキンバードで有頂天の3度目の前座をした時に、ケラから「レコード出さない?…ナゴムから出さないでどこで出す!?」と言われた。卓球の勉強部屋で自宅録音されたデモテープが、そのままナゴムから1stソノシート「9 TUNES FOR MIRAI」として発売されることをきっかけに、ナゴムに就職する気持ちで上京する。上京直後に卓球の音源をミックスしたのはもすけさん山口優(現在はマニュアル・オブ・エラーズ・アーティスツ代表/作曲家)だった。インディーズ・ブームに上手く乗っかり、レコードは作品を出す度にインディーズ・ベスト10にランク・インされる程の人気者になると同時に、ナゴム人気にも貢献する。

しかし、その後のバンドブームによってバンド化するが、便乗しきれず(その事を卓球は「ウチらは漫才ブームの時のゆーとぴあみたいなもんだよな。」とコメント)、おばば(ex.分度器)脱退を記念した「おばば崩御 さよならおばば(ex.分度器)ツアー」において、1989年4月26日、梅田にあったバーボンハウスでのライヴ(卓球の好きな大阪に拘った)を最後に解散となった。

その日の解散ライヴは凄まじく、それまでは座ったままの大阪の客が最初から全員総立ちで、代表曲にて最終曲になった「オールナイトロング」では激しいポゴダンス状態になり、解散を惜しんだ。最後に卓球は「今は“電気”というバンドもやってますので、そちらもよろしく!」といった言葉を残して終演した。ちなみに電気グルーヴの初ライヴも大阪の十三ファンダンゴで密かに行ったが、あまり知られていない。

電気グルーヴとして活動後も当初は一部のレパートリーがセルフカヴァーというかたちで披露されたり、サンプリングされている。

2008年、DJ OZMAのラストアルバムにおいて代表曲「オールナイトロング」をカヴァーしたいというオファーを受けていたが、元々インディーズ時代の楽曲であるため著作権管理をしていないことが発覚。加えて童謡「クラリネットをこわしちゃった」から一部の歌詞とメロディを引用しているため、改めて日本語訳詞の著作権者に許諾を打診(メロディは本来フランスの童謡のもので作者不詳であるとされる)するものの「キンタマはNG」との判断により却下された。このように、オリジナルバージョン発表から20余年を経て発禁となったことを翌年掲載の電気グルーヴの連載「メロン牧場」で吐露している。

2013年、ケラリーノ・サンドロヴィッチ生誕50周年記念・ナゴムレコード30周年ライブ「ケラリーノ・サンドロヴィッチ・ミューヂック・アワー」に石野卓球、ピエール瀧、砂原良徳牛尾憲輔が「電気グルーヴ plays 人生」として出演、約24年ぶりに人生の楽曲を演奏した。

メンバー[編集]

固定メンバー[編集]

一時的なメンバー(人生〈ZIN-SÄY!〉セピア)[編集]

作品[編集]

小学生感覚の下品な歌詞と安っぽいシンセサウンドが特徴的で、中には奇声だけで曲にすらなってないパフォーマンス的なものまでレパートリーに存在する。曲の長さも短いものが多く、数秒で終わるような極端に短いものもある。

シングル[編集]

  1. 9TUNES(FOR MIRAI)(NG-030)ナゴムレコード 
    人生のテーマ/カランコロンの唄/下克上/幻のホームラン王/オールナイトロング
    バカッツラファンク/男の中の男/ヘアピンカーブを曲がりきれ!/オールナイトロング(おやすみバージョン)
  2. Techno Gourmet
    • ミニコミ『6×9=54』付録ソノシート。1987年1月発売。
    ベネズエラの赤い星/笠地蔵/幻のホームラン王(Ver2.0)~はるかなる故郷
  3. LOVE(NG-040)ナゴムレコード 
    • ソノシート+7インチEP。1987年5月発売。
    Punks not dead(イントロ)/世界あの店この店/卒業/恐怖カメレオン人間/Kiss×3/Punks not dead(アウトロ)/ラップde人生/行け!行け!人生三人衆/若き人生
  4. FASCINATION(NG-043)ナゴムレコード
    • 7インチEP。1987年7月発売。
    P-ONE/おさびし山/P-TWO(いかすぜ彼女)/エチオピア/Punks not dead(リプライズ)
  5. バーバパパ キャプテンレコード
    • 12インチ。1988年4月発売。
    バーバパパ/耳夫Jazz/ラップdéオババ/生ゴミ王2/メカ林(改造ツラ林)

アルバム[編集]

  1. 顔として…(NG-048)ナゴムレコード
    • ソノシート+LP。1988年1月発売。
    ソノシート『さよならライダーZS』のおまけとしてLPが発表された。ソノシートに入っている楽曲はメンバーの放屁の音だけである。
    • ソノシート
    さよならライダーZS
    • LP
    エビなげハイジャンプ/ダギダギ/砂漠/おやじの詩/男尊女卑/エジプト/俺のカラダの筋肉はどれをとっても機械だぜ/ルンバでオババ/俺が畳だ!殿様だ!/Punks not dead(復活)/耳夫サンバ/おどり/なわとび小僧が飛んで来た/メリー
  2. SUBSTANCE III
    • 1992年発売。シングル曲を中心として編集された未発表曲入りベスト版CD。
  3. SUBSTANCE V
    • 1992年9月16日発売。アルバム『顔として…』を中心に編集された未発表曲入りベスト版CD。
  4. 人生 ナゴムコレクション
    • 2006年発売。シングル・アルバムから選曲されたベスト盤。「We are the 明大前」と「エビ投げハイジャンプ」のライブバージョンと上記『サブスタンス』には収録されていない「愛をこめてもっともっと」(ゴーバンズのカバー。ライブ配布ソノシート)をボーナス収録。

VA等の参加作品[編集]

  • LP/子どもたちのCity(1987年)
  • カセット・ブック/HI'LDE Vol.4(1987年)
  • VHS/VOS Vol.2(1987年)
  • VHS/Rooftop ACT2 オールザットナゴム(1988年)
  • カセット/人生+ミック宮川ショー(1989年)

ビデオ[編集]

  • VIDEO ATTACK(1987年)
  • 人生海賊ビデオ PLAY AT HOME(1989年)