DRILL KING ANTHOLOGY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
DRILL KING ANTHOLOGY
オムニバスコンピレーション・アルバム
リリース
ジャンル 実験音楽
時間
レーベル キューン・ソニーレコード
プロデュース 電気グルーヴ
チャート最高順位
電気グルーヴ関連のアルバム 年表
VITAMIN
1993年
DRILL KING ANTHOLOGY
(1994年)
DRAGON
(1994年)
テンプレートを表示

DRILL KING ANTHOLOGYドリルキング アンソロジー)は、日本のオムニバスアルバム

1994年8月1日キューン・ソニーレコードよりリリースされた。

帯のキャッチコピーは「電気グルーヴ界の極北といわれる、あのドリルキングがコンピレーション・ミニ・アルバムを発表。瀧勝、子門'zを含むドリルキング所属アーティスト悪夢の饗宴。ジャーマン・テクノの鬼将軍ハードフロアーも「人生」リミックスで参加。」。

解説[編集]

電気グルーヴが主宰するレーベル「ドリルキング・レコード」に所属するアーティストたちの楽曲をコンパイルしたというコンセプトで発表されたアルバム。同グループによる過去に発表された変名ユニットや企画物の音源に加え、メンバーが様々な人物に扮装し、各楽曲を演奏している。電気グルーヴのオールナイトニッポン内で広くアイデアが募集され、リスナーから送られた架空のアーティスト名や選曲が盛り込まれた。

収録曲[編集]

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.ドリルキング・アンセム(ドリルキング社歌)遠藤薫遠藤スミ子加藤達雄
2.トランジスタ・ラジオ(子門'Z)忌野清志郎G.1.238.471 
3.ハングマン(SKELETON JOE)髑髏錠次ボーン骨岡 
4.人生(瀧勝)ピエール瀧石野卓球池田孝春
5.ツルっとフランス子守歌(ペダル踏弥)漕村棒人ボールヶ丘蹴彦 
6.力医師(鳥゛留噛男)ポッポちゃんシュッシュさん 
7.モテたくて…(ギ・おならすいこみ隊)天久聖一&ミスターMOTTE山田山男 
8.人生 (Hardfloor REMIX)(瀧勝)ピエール瀧石野卓球 
合計時間:

曲解説[編集]

  1. ドリルキング・アンセム(ドリルキング社歌)
    後にこの曲は歌詞を一部変更し、「ドリルキング社歌2001」としてセルフカバーされている。このアルバムに収録される以前はピンクサロン行進曲の曲名でライブで演奏されていた。
  2. トランジスタ・ラジオ/子門'Z
    ドリルキング・レーベルの第2弾シングル。電気グルーヴのオールナイトニッポンの企画で生まれた、「子門'Z」(子門真人のコスチューム・歌唱法をパロディにしたユニット その歌唱法をシモニック唱法と称した)によるRCサクセション楽曲のカバー。このアルバムではシモニック唱法ではない、石野卓球によるソロバージョンが収録されている。アーティスト名のうち「'z」の部分は当時すでに人気絶頂であったB'zから取られている。また、このアルバム・バージョンの冒頭には、唯一子門'Z名義でライヴを行ったニッポン放送主催の開局40周年記念イベント「ザ・ライヴマシーン'93」の音源が収録されている。
  3. ハングマン/SKELETON JOE
    電気の楽曲でも数少ない、砂原がメインヴォーカルの曲。砂原の歌声が正式なバージョンで存在するのはこの曲とアルバム『ORANGE』収録の「ママケーキ」のみ。
  4. 人生/瀧勝
    ドリルキング・レーベルの第1弾シングル。「瀧を演歌歌手としてデビューさせる」という電気グルーヴメンバーとプロデューサーとの飲みの席で出た冗談が本当に実現されてしまった曲。実際にシングルとして発売され、瀧は全国を回りキャンペーンも行った。このアルバム・ヴァージョンの冒頭には、瀧勝がその大阪のキャンペーンでテレビ番組『おはよう朝日です』(朝日放送)内のコーナー、「けさの一曲」に出演した際の番組の生音が挿入されている。
  5. ツルっとフランス子守歌/ペダル踏弥
    クラフトワークの『ツール・ド・フランス』(1983年のシングル版)とチェッカーズの『ギザギザハートの子守唄』をモチーフにした曲。冒頭部にはクラフトワークの『アウトバーン』のイントロ、終了部には同じく『ヨーロッパ特急』のアウトロのパロディが入っている。
  6. 力医師/鳥゛留噛男
    『力石徹のテーマ』のカバー。当時同グループが山中湖合宿で即興的に行ったパフォーマンス「力医師」が原点となっている。
    後に、同グループの名曲ともなるポポは合宿時のパフォーマンスのビデオからサンプリングした物である。
  7. モテたくて…/ギ・おならすいこみ隊
    原曲は天久聖一がボーカルを取っているが、このアルバムではピエール瀧が担当している。
  8. 人生(Hardfloor REMIX)/瀧勝
    アシッドサウンドで知られていたドイツのユニット、ハードフロアに依頼したリミックス版。限定盤で12インチシングルとしても発売された。