VITAMIN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
VITAMIN
電気グルーヴスタジオ・アルバム
リリース
録音 1993年
ジャンル テクノ
時間
レーベル キューンレコード
プロデュース 電気グルーヴ
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
電気グルーヴ 年表
FLASH PAPA MENTHOL
1993年
VITAMIN
(1993年)
DRILL KING ANTHOLOGY
1994年
『VITAMIN』収録のシングル
  1. N.O.
    リリース: 1994年2月2日
テンプレートを表示

VITAMIN』(ビタミン)は、日本テクノユニットである電気グルーヴの4枚目アルバム。

1993年12月1日キューンレコードよりリリースされた。

前作までに比べると、インストゥルメンタル曲が多く収録されている。純粋なテクノ・ミュージックを主体としている。

帯のキャッチコピーは「昨日までの自分を笑え テクノでパンクでアシッドで、なおかつ肉体派、電気グルーヴ オリジナル4thアルバム。」(これはメンバー自ら考案したものではない)。

解説[編集]

この頃、グループの中心人物である石野卓球が、ロンドンに渡り経験したアシッド・リヴァイヴァルの影響が表れたアルバムである。全編にTB-303がフィーチャーされている。1曲目から5曲目、10曲目はヴォーカルがあり6曲目から9曲目はインストゥルメンタルとなっている。アルバムのほぼ半分がインストゥルメンタルという点で、ポップス性に欠けセールス的に難があるのではないかとレコード会社からクレームがつき、メンバーはこれに強固に抵抗したが、最終的にインディーズ時代からライヴなどで人気のあったヴォーカル曲『N.O.』をボーナス・トラック的に収録するという条件でリリースにこぎ着いた。結果的に本作は好セールスを記録した。

収録曲[編集]

# タイトル 作詞 作曲 時間
1. Happy Birthday 石野卓球 石野卓球
2. Disco Union 石野卓球 石野卓球
3. ハイキング(Hiking) ピエール瀧 良徳砂原
4. ニセモノ フーリガン(Fake Hooligan) ピエール瀧 石野卓球
5. 富士山(Fuji-san) ピエール瀧 ピエール瀧
6. Stingray   良徳砂原
7. Popcorn(編曲:石野卓球)   ガーション・キングスレイ
8. 新幹線(Shinkansen)   石野卓球
9. Snow and Dove   石野卓球
10. N.O. 石野卓球 石野卓球
合計時間:

曲解説[編集]

  1. Happy Birthday
    テレビ番組『なるほど!ザ・ワールド』(フジテレビ系列)のエンディング・テーマとして使用された。スチャダラパー『Trio the Caps』のフレーズがサンプリングされている。
  2. Disco Union
    黒人女性ボーカリストを起用するなど、ディスコソウルを意識した曲。タイトルの元ネタは中古レコードショップのディスクユニオン。テレビ番組『Qさま』(テレビ朝日系列)のコーナー、「プレッシャーSTUDY」のBGMとしても使用されている。
  3. ハイキング - Hiking
    「明るいテーマだがどことなく不安感・無気味さを感じさせる曲」という砂原の意図が込められた曲。
  4. ニセモノ フーリガン - Fake Hooligan
  5. 富士山 - Fuji-san
    本曲はライヴでも頻繁に演奏されている。
  6. Stingray
    この曲はその後、砂原のソロ・アルバムにおいて「Stinger Stingray」として続編がつくられている。
  7. Popcorn
    電子音楽黎明期の楽曲をアシッドにアレンジしたカバー作品。原曲は電子楽器をポップミュージックの世界に取り入れた始祖的存在である、ガーション・キングスレイの同名曲。同曲はアメリカの音楽グループであるHotButterがカバーした作品が著名である。日本国内ではセガアーケードゲーム、『ペンゴ』やテレビ番組『どちら様も!!笑ってヨロシク』(日本テレビ系列)などで使用されている。プログラミングは砂原が担当。
  8. 新幹線 - Shinkansen
    歌手である五島良子の声をフィーチャーした、10分におよぶ作品である。クラフトワークヨーロッパ特急』を意識したタイトルだが、石野は「(東海道新幹線の)三島辺りの車窓から見た風景のイメージ」とも語っている。当時、石野は「自分の最高傑作である」とインタビューで答えている。
  9. Snow and Dove
    チルアウトアンビエントの楽曲。
  10. N.O.
    アルバム発売後3枚目のシングルとしてシングルカットされた。元々はインディーズ・アルバム『662 BPM BY DG』に『無能の人』という曲名で収録されていた。本アルバムとの方向性が異なるためメンバーはこの曲の収録をためらっていた。意に沿わない収録のため、正式タイトルの「無能の人 (LESS THAN ZERO)」を使用せず、仮タイトルであった「N.O.」を使用した。ちなみに、「N.O.」とは石野が青春時代に影響を受けたバンドニュー・オーダーの頭文字から取っている。後に電気グルーヴとしては初のヒット曲となった。

参加ミュージシャン[編集]

  • Jacky - コーラス(1,2曲目)
  • 會田茂一 - ギター(5,10曲目)
  • Mutsuo Ono - コーラス(5曲目)
  • 中山道彦 - コーラス(5曲目)
  • Yoshinobu Tanizawa - コーラス(5曲目)
  • Antonio Riichiro - コーラス(5曲目)
  • Masahito Ishikawa - コーラス(5曲目)
  • Tadashi Doi - コーラス(5曲目)
  • Eiichi Yoshimura - コーラス(5曲目)
  • Yoshimi Shimizu - コーラス(5曲目)
  • 五島良子 - コーラス(8曲目)