ポップコーン (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポップコーン
ガーション・キングスレイ楽曲
収録アルバムMusic to Moog By
リリース1969年[1]
録音ニューヨーク、オーディオ・フィデリティ・レコード(1969年2月)
ジャンルシンセポップ電子音楽
時間2分20秒
レーベルオーディオ・フィデリティ・レコード
作曲者ガーション・キングスレイ
プロデュースハーマン・D・ギンベル
Music to Moog By 収録曲
Side 1
  1. 「Hey, Hey」
  2. スカボロー・フェア
  3. エリーゼのために
  4. 「Sheila」
  5. ポップコーン
Side 2
  1. きらきら星
  2. ひとりぼっちのあいつ
  3. 「Sunset Sound」
  4. 「Trumansburg Whistle」
  5. ペイパーバック・ライター
ミュージックビデオ
「Pop Corn」 - YouTube

ポップコーン」("Popcorn")は、ガーション・キングスレイ作曲によるシンセサイザーを使用した楽曲。

概要[編集]

1969年発表のガーション・キングスレイのアルバム『Music to Moog By』に収録。

1972年、ガーション・キングスレイを中心メンバーとしたグループのホット・バター英語版によるバージョンがリリースされ、モーグ・シンセサイザーの音を中心にアレンジされた同盤が世界的にヒットした。

レコードリリース[編集]

シングル(ホット・バター盤)
日本では「ミュージコー・レコード/ビクター音楽産業株式会社(当時)」からリリースされた。シングルのレコード番号はJET-2127。B面(カップリング)は「アット・ザ・ムービーズ(At The Movies)」。
復刻アルバム(ホットバター盤)
2000年にアメリカでホット・バターのベストアルバム『Popcorn 』が発売され、1曲目に収録された(詳細は#外部リンクを参照)。
その他のカヴァー盤
フレッシュ・クリーム盤、ミスターK盤などがある。

カバー・使用[編集]

『ポップコーン』は800人以上によってカバーされている。有名なものだけを取ってもジャン・ミッシェル・ジャールエイフェックス・ツインハーブ・アルパートとティファナ・ブラスなどの版がある[2]。2005年にはクレイジー・フロッグのカバーが人気を集め、フランスでチャート第1位を得た[3]

マペット・ショー』にはシェフがポップコーンを作りながらこの音楽を演奏する話(2010年)がある[4][5]

ロシアでは、アニメーション番組『ヌー、パガジー!』の第10話の工事現場の話(1976年)のBGMとして使われて有名になった[6][7]

日本における使用[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]